鈴鹿 御在所岳 前尾根 
2017 / 09 / 25 ( Mon )
2017年9月24日 鈴鹿 御在所岳 前尾根  吉、他

 会山行ではないが、大阪府岳連の山スクールのお手伝いで鈴鹿藤内前尾根に訪れた。時期も天気もよく、人気の岩場なので無論多くのパーティーが訪れている。前尾根はチムニー、クラック、スラブなど変化に富み、ルートの取り方で難度もいろいろでとてもよい。また、鈴鹿の岩場の概観がつかめ、中尾根の豪快さに圧倒される。四日市の街と海も遠望できる。もう少し秋が深まれば紅葉でもっと素晴らしいだろう。今回は時間切れでP2の櫓は登らなかったが、次のお楽しみ。帰りは地元の温泉で一息。皆様、お疲れ様。

P9240209.jpg

P9240210.jpg

P9240211.jpg

P9240213.jpg

P9240214.jpg

P9240216.jpg

P9240218.jpg

P9240219.jpg

P9240220.jpg






スポンサーサイト
20 : 49 : 07 | クライミング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
蓬莱峡RCT
2017 / 09 / 11 ( Mon )
2017年9月10日  蓬莱峡RCT   吉、伊

 朝は幾分涼しくなったが、日中はまだ暑い。今日は久しぶりに半日岩登り練習をした。
 複数のパーティーがおられたので、我々は主にランペ下フェースや凹角で練習、伊君にもリードしてもらった。何度も来てる割には凹角左や小屏風東面など未だ登ってないルートがあるので今後の楽しみ。
 生瀬駅でビールで小乾杯して帰った。来月からアイゼン練習もしましょう。

P9100206.jpg
20 : 12 : 49 | クライミング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
CRUX大阪
2017 / 08 / 06 ( Sun )
2017年8月6日  CRUX大阪 伊、吉

 伊君、久しぶりじゃないか、ということで10時に江坂のCRUXに集合。
 皆さんフリークライマーが多くて、グレードも相対的に難しい。でも、2階に面白いボルダー壁が出来、改装後初めて訪れるので新鮮だった。
 今日は暑い、暑い、暑い、36度か!!体重絞られたかと思ったけど、帰宅途中にビール飲んだら意味ないかね…。
 
16 : 16 : 38 | クライミング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
三尾山 東壁
2017 / 07 / 16 ( Sun )
2017年7月15日   三尾山 東壁   西、吉

 「東壁」というとなんかカッコいいが、要は藪岩尾根登りになった。この山は舞鶴自動車道で丹波市を走っていると、低山だが鋭角的な山並みが見える。ピークが3つあり、東側に岩があってゲレンデになっていると聞いて訪れたいと思っていた。だがネットで調べても詳しい情報がない。まあ行けば何とかなるだろう。
 この日は全国各地で猛暑日を記録した「酷暑」。登山口から汗だくだくである。まもなく小屋と「山岳訓練所」の看板があり、スラブ状の岩がある。ボルトが随所にあるが、傾斜は緩くロープを出すまでもない。とりあえず直上すると灌木。目印に沿って踏み跡を上がる。しばらくすると下のほうにゲレンデのような岩が見えるが、下降路がわからん。ボルトもランダムにあるが、もはや適当に上がるほかない。
 まもなく切り立った岩が出てきて、ここでロープを出す。上部はハングだが、回り込めそうだ。下部はしっかりしたハーケンがあるが、核心部には支点がない。このフレーク、剥がれんか?と考え込んで岩にしがみついているうちにくたびれてくる。ここで怪我したらいかん、とトラバースして藪に突入。緊張と藪漕ぎでかなり披露した。汗びっしょりでどうも具合が悪い。軽度の熱中症か。そのあとも岩を巻きながらよれよれ上がっていく。荷物も重い。明らかに過剰装備、もっていけばいいというもんじゃない。
 普段厳しい現場調査で酷暑の藪山に慣れている西さんは僕と鍛え方が違う。12時過ぎにようやく東峰に到着した。ぐったり。ズボンについたマダニが僕にお疲れさん、と声を掛けてくれた。こりゃイカン。
 もっとすっきり行けるルートがあるのかもしれないが、情報がないので仕方ない。
 普段頭で都合よく考えてるのと実際の厳しさは違う。今回は酷暑、低山、藪岩尾根、という超不快な山行、西さんありがとうございました。私はこういう悪条件下でもしっかり動けるように反省しきり。

下部の岩場
DSC_0102.jpg

動けん・・・・
DSC_0104.jpg
08 : 59 : 09 | クライミング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
蓬莱峡RCT
2017 / 06 / 25 ( Sun )
2017年6月24日 蓬莱峡RCT  西、吉

 梅雨の晴れ間を利用して岩登り練習。ここの岩場は広いので、講習会等で混んでなければ基本の練習に良い。今日も数パーティー練習していた。大屏風は右フェース、ランペ下~大根おろしフェース辺りで、リードを交代して練習した。
 小屏風は正面のハンガーボルトが打たれているルートは結構微妙なバランスがいる。右側の斜上するルートも、傾斜が緩いのだが、支点がなく、クラックも外斜しているので、カムがはまらない。1か所セットできるところがあって少しホッとする。とにかく慎重にしなければ。最後は凹角ルートを登って終わりにした。
 小屏風の裏のフェースで練習されておられたので、見学。ここも比較的新しいボルトがあり、ルンゼルートとか面白そうだ。今度ぜひ取り付いてみよう。
 今日は知り合いの方に多くお会いできたので、少し嬉しかった。
07 : 32 : 51 | クライミング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>