鹿児島 辻岳
2017 / 09 / 07 ( Thu )
※少し前の記録です。

2017年5月26日~28日  鹿児島 辻岳  吉m・石・瀬・外5人

 現地ゼロ泊の弾丸フェリー「さんふらわぁ」の旅、今回は大阪港~志布志港です。金曜の夕方大阪南港17:55発、一番安い雑魚寝のツーリスト往復1万円ってやつ。船内レストランで生ビールとバイキングを楽しんだあとは、鹿児島航路だけの星空教室!なんとタイミング良く新月で雲ひとつない満天の星空、船の電気も消してくれてすばらしい星空に皆感動しました。
 翌朝8:55に志布志港到着、レンタカーで2時間、辻岳南登山口に到着、なんと20分で360度の大展望!開聞岳はほんとに美しい、遠くに桜島も見える、近くにあったら毎日でも登りたい山だ。1泊するなら開聞岳に登りたいところだが・・辻岳良かった~。
 景色を堪能し下山、桜島方面に行きたかったけど結構遠いので、近くのエメラルドに輝く雄川の滝を見物し、根占温泉につかり、弁当を買いこみ18:30発の帰りの「さんふらわぁ」に乗りこんでささやかな宴会。空いてたのでツーリストベッドの部屋に追加料金なしで変更でき、カーテンもあるしマットもふかふか、快適でした。
 日曜の朝8;50に南港に到着、短い時間で中身の濃い弾丸フェリーの旅はとってもお得です。

CIMG3424_1024.jpg

CIMG3421_1024.jpg

CIMG3419_1024.jpg

CIMG3413_1024.jpg
スポンサーサイト
05 : 28 : 03 | 縦走 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
木曽駒ケ岳
2017 / 08 / 06 ( Sun )
2017年7月22~23日 木曽駒ケ岳  瀬 

 念願の一人アルプス、やっと行けました。お手軽で行ったことのある木曽駒を選択。
 5時に交野を出発し駒ヶ根に8時、もう人がいっぱい臨時バスとロープウェイで千畳敷に!少しゆっくりして9:40に出発する。ザックは11kgやったけど、ジグザグ登りは息が切れ汗だくでした。宝剣は前登ったので眺めるだけにして2時間でテント場に到着、テントたてて即山小屋で冷えたビールを買う うまかったー。 時間はたっぷりありごろごろしたりあたりを散策したり、コマクサやウスユキソウにも会えました。
 雨がぱらぱらし始めたけどすぐに止んで、恒例の鶏豚白菜水菜うどん鍋と芋ロックで至福の時間。
 雲が切れてきたので夕陽が見えるかなーと頂上に登って(15分)みたけどガスってきて残念・・ 神戸から来た4人組男女や名古屋から来た単独女性とも話をしながら、お休みの時間。夜中にザーっと降ってきて星も残念・・朝は止んでて東の空が明るくなったので朝日見えるかなー、と思ったけどやっぱり残念・・。
 5時から雑炊を食べ早めに撤収し9時過ぎに下山し温泉へ~、いつものこまくさの湯がまだ開いてなく8時から開いてるこまゆき荘の湯へ、つるつるの湯でした!
 でまたお腹が減ったので、ソースかつ丼とざるそばのセットで満腹、10時半に高速へ。ちょいと早いのでどうしようかと思いながら、そうだ名古屋に寄ろう!新婚時代5ヶ月だけ過ごした名東区へ。懐かしい~ あの頃はこんなにたくましい私じゃなかったな、など思いながらうろうろし、すぐ近くから東名阪がつながっていたので名阪国道経由で無事16時に家に帰りつきました。
みんなで行く楽しさと、一人で行く楽しさがそれぞれあるなーと思いました。けど結構独り言言ってたと思う(笑)

CIMG3493_1024.jpg

CIMG3495_1024.jpg

CIMG3497_1024.jpg

CIMG3506_1024.jpg


16 : 00 : 53 | 縦走 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
比良白滝谷から木戸峠
2017 / 05 / 14 ( Sun )
2017年5月13日   比良白滝谷から木戸峠    西、吉

 剱岳山行の話を西さんから聞いたが、天気には恵まれたものの、気温が高くて雪の状態が悪く苦労、でもスノーバーが大いに役立ったそうだ。お疲れ様、後日記録お願いします。
 さて、今日は沢登りを考えていたが、昨夜からの強い雨で入渓できない。坊村までバスで行き、白滝谷登山道を歩くことにした。本来のコースは何度か徒渉するのだが、増水していて渡れない。仕方がなく山腹をトラバースするのだが、これが滑りやすくて結構緊張する。バイルを土壁に打ち込みながら進んだ。
 ところどころシャクナゲが咲いている。先週奥秩父に行った際はまだだったが、比良は今が見ごろだ。夫婦滝の休憩小屋から坊村に戻ろうかとも思ったが、交通の便を考えて、木戸峠方面に向かった。一部谷筋にまだ雪渓が残っていた。凄い。積雪の影響かところどころ登山道が傷んでいる。僕もすってんと滑ったので、油断禁物。志賀駅前で乾杯。おでんと琵琶湖で朝とりたての魚の煮つけがうまかった。お疲れ様。

P5130136.jpg

P5130137.jpg

P5130138.jpg

P5130139.jpg
07 : 35 : 46 | 縦走 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
瑞牆山
2017 / 05 / 07 ( Sun )
2017年5月5,6日    瑞牆山   なな、伊×2、吉

 今回当会ではGW山行で2班が出発。我々は春山ピークハント班、初めてアイゼンを付ける人もいるので、難しくない奥秩父の瑞牆山を訪れた。
 5日に伊君に韮崎駅にて車で拾ってもらい瑞牆山荘に向かう。少し時間が早いので、富士見平まで散策。瑞牆山の勇士が素晴らしい。富士見山荘は奥秩父らしいランプの合う山小屋、GWの夕方はキャンプ場でライブもやっているようで、楽しそうだ。我々も瑞牆山荘で、おいしい夕食とワインに舌鼓をうった。
 5時起床、朝食をすまして、6時半出発。富士見平からは樹林帯の中を進む。ところどころ巨岩があり、下の枝棒のつっぱりはなんか意味あるのかな??。
 十一面岩はほんまに凄い。ボルトなどなく、クライマーはナチュラルプロテクションで登るのできれいな岩だ。(ま、僕らは眺めるだけだけどね。)
 山頂直前は北面を巻くが、凍っていてちょっと怖いかも。下りは軽アイゼンがあったほうがよい。山頂は広々とした岩場、今日は曇天で展望は今一つ。
 帰りは瑞牆山荘で昼食をとり、増富温泉でまったりして帰路についた。みなさんお疲れ様。

※ちなみに、当会の別班は源次郎尾根から剱岳へぬけました。お疲れ様、来週の沢登りで話を聞かせてください、山行記録もよろしくね。。。。

P5060127.jpg

P5060131.jpg

P5060133.jpg

P5060132.jpg

 
18 : 47 : 41 | 縦走 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
乗鞍岳
2016 / 12 / 23 ( Fri )
2016年10月9日(日)~10日(祝) 乗鞍岳  吉m・とも・瀬・他1名

 本当は10/8~10で甲斐駒ケ岳に行く予定だったが、天気予報が雨・・10日だけ晴れだったので、登って下りて帰れる山ということで、手軽で4人とも登ったことがない乗鞍岳にした。
 10/9 7:30に交野を出発、平湯キャンプ場に12:00着。ゆっくりとあたりを散策。場内は家族連れのオートキャンプで賑わっていたが、自然がいっぱいの広いキャンプ場なのでとても静かだ。地酒も仕入れいつもの鍋宴会で就寝、翌朝ほおのき平6:55の  バスに乗り7:40畳平着、絶好の山日和!整備された登山道を1時間半で剣ヶ峰登頂、北岳・甲斐駒・槍ヶ岳・穂高岳・八ヶ岳など360°の眺望がすばらしい。時間があれば剣ヶ峰だけでなく周りの山も登りたかったが・・景色を楽しみながら畳平まで下りると
ちょうどバスが来たのでほおのき平まで下り、ジョイフル朴の木で温泉に浸かりスタミナ丼を食べて一服する。あとは赤かぶの里でお土産を買い、渋滞に巻き込まれながらも無事大阪に帰りました。

030_800.jpg

041_800.jpg
037_800.jpg
14 : 20 : 49 | 縦走 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>