FC2ブログ

大峰奥駈(行者還岳、大普賢岳) 

2020年7月23,24日  大峰奥駈(行者還岳、大普賢岳)  西、なな、吉

 今回の山行にあたっては、いろいろな案を検討したが、天候や道の状況を勘案して大峰山系縦走とした。
 23日朝7時に西宮を出発し、天が瀬から林道に入って間もなくの広場に駐車する。9時45分出発。単調な林道をひたすら歩いてNO.90のカーブ正面の登山口から登山開始。歩きやすい登山道で広葉樹林帯が美しい。50分ほどで奥駈道に合流。さほどアップダウンのない道で、14時半過ぎ行者避難小屋に着いた。立派なトイレ付き避難小屋で、大部屋が二つ。テントも持参したが、雨も予想されるので、小屋に泊まった。広々としたスペースでのんびり出来た。まだ時間も早いので、水場で水をくみ、行者還岳をピストン。修験道者の吹くホラ貝が聞こえて霊峰の雰囲気だ。小屋からは岩場が見えて鋭い山容だが、樹林に囲まれた静かな山頂だった。
 翌朝5時半過ぎ出発。小雨の混じる中、滑らないように七曜岳を越える。稲村岳方面の山容がはっきり分る。晴れていればなお素晴らしいだろう。苔むす登山道も幻想的である。今までほとんど人に会わなかったが、1780mの大普賢岳は人気の山、登山者と出会うようになった。
 和佐又山方面へ下山。鎖場、鉄梯子は急で岩場も濡れているので、滑らないように要注意。この山が積雪期は一般ルートも手強いと言われるのもよく分る。雪が多く、梯子や鎖が埋まるとロープを出して確保を要するだろう。
 昨年閉鎖した和佐又山ロッジからの舗装路歩きは長くうんざりした。やっとの思いで国道169号に出ても、駐車してある行者還林道に戻らなくてはならない。14時過ぎにようやく到着。なんとも車道歩きの長い二日間であった。
 奥駈は吉野から熊野まで続く、果てしなく長い険しいルートである。そのほんの一部を歩いたわけだが、大峰の神秘的な雰囲気は十分満喫できた。

奥駈に上がる登山道途中にある大木
P7230910.jpg

行者還避難小屋手前の笹道
P7230914.jpg

P7230916.jpg


行者還岳避難小屋。水場では十分水をとれたが、真夏はどうだろうか。
P7230918.jpg

苔むす神秘的な登山道
P7240924.jpg

鋭い大普賢岳
P7240926.jpg

P7240930.jpg

鷲ノ窟の大岩壁
P7240937.jpg
スポンサーサイト



トレーニング 

2020年6月6日、7日

6日 レベルテン 伊、吉
 5月下旬からクライミングジムは再開していたが、久しぶりに伊君と練習する。私は自粛期間中、公園の鉄棒で懸垂してたのでさほど筋力は落ちてない。ジムは全面ルート更新、なるべく難しいルートに積極的に挑戦したい。

7日 生駒山系縦走 西、吉
 ランニングはしていたが、山は歩いていない。久しぶりの山歩きだが、この高気温でマスク着用は結構こたえた。
 9時に信貴山口駅出発で、ひたすら北上。変化に乏しい登山道だが、時折見える大阪都心部の風景が素晴らしい。夜景は凄いだろう。山上遊園地は多くの人で賑わっていた。
 14:20 地下鉄中央線の石切駅着。体力を早く取り戻したい。

P6070900.jpg

P6070901.jpg

上蒜山ゆる登山とグルメ  

2019年10月13日~14日   上蒜山ゆる登山とグルメ    瀬、筒、なな、会外1名

 三連休に、甲斐駒ケ岳を計画していたけれど、またもや台風に阻まれ断念。1日遅らせ西へ、と計画した蒜山行きです。
 6時半に、河内磐船集合で出発したが、事故渋滞につかまり、2時間とろとろ。お昼前にようやく蒜山高原に到着。12時10分、歩く用意をして駐車場から出発。登山口に向かう途中、アケビを見つけて取って食べた。甘い!
 ジャージー牛が草を食べている。雨上がりの、山からの水の流れを渡り、ぬかるみ道をのんびり歩く。登山口からは、いきなりのかなり急な階段が続く。よく整備された登山道だけれどもしっかり足を上げて登る。と、あれまだ二合目?アケビでのんびり遊んでいたことを思い出す。三合目の辺り、なんだか松茸の香りがする。赤松が生えているので、もしかしたら? と見ながら歩く。
 五合目辺りで視界が開けてくる。晴れてはいないが、雲の隙間から日が差すスポットライトのような天使のはしごがいく筋も見える。それはそれで美しい。小休止をとり、おにぎりとうさぎまんじゅうを食べる。
 ぐんぐん登り、八合目で展望を楽しむ。そこからは緩やかになり、「こんな道が好きだな」と、頂上を目指す。午後2時半頂上に到着。展望はなく、写真を撮った後下山。ぬれていてつるつるで、何度か滑りこけそうになりながら、気をつけて下った。
 駐車場に戻り、キャンプ場へ。半分改装中だけれど、ステキなキャンプ場だ。寒くなってきたが、テントを張って温泉へ。これまたいいお湯で温まった。
 ちょっと寒いけれど、外でも大丈夫かなと、食事の準備。まずは冷たい唐揚げ「努努鷄」(ゆめゆめどり、もう一度食べたいと探していたのを、SAで偶然見つけた!)で乾杯。ステーキも焼いて食べた。旨い!そして鴨鍋で宴会。美味しい😊 〆のうどんも雑炊もがっつりといただきました。温まってお腹もいっぱいで、ぐっすり眠りました。
 朝起きて辺りを散歩。そして朝ごはん。まずはパンにキャベツとシーチキンと、ウインナーをはさみ、アルミホイルでくるみ、牛乳パックに入れて火をつけたら、ちょっぴり焦げのあるホットドッグの出来上がり。SAで買った500円の食パンには、イチジクとクリームチーズをはさんで焼き、スイートホットサンドに。そして、筒さん作の根菜ごろごろ具沢山ミルクスープ。うーん美味しかった〜! 朝から食べ過ぎてしまいました。
 お隣さんのかしこいシバ犬ササミちゃんと触れ合い、食べたら動かなきゃということで、次は運動の時間。瀬さんの持ってきたバトミントンとキャッチボール、気持ちのいい広場で体を動かしました。みなさん上手でなかなかハード。筋肉痛になりそう。
 その後テントをたたんで、キャンプ場を後にし、ジャージーランドへ。まずはソフトクリームを食べてから、牛や馬たちと触れ合った。馬も1頭1頭顔や性格が違うようで、見ていて飽きません。タンチョウの里で、タンチョウヅルを見ました。(ヒナは作り物だったけど。)そして道の駅。野菜などを買い込んで、ふと見るとメロンをまるまる半分にして食べようとしている人を見かけ、今度はあれがしたい!と思ってしまいました。
 帰路はすいすい車を走らせ。河内磐船で解散。瀬さん安全運転ありがとうございました。山も歩いて、生き物たちに触れ合い。美味しいものをたっぷり食べて楽しかったです。

hiruzen.jpg

北穂高岳 

2019年9月14~16日 北穂高岳   なな・瀬
 
 アヤが急に仕事が入り、ななと2人
 交野を5:45に出発、東海北陸道~あかんだなPでバスに乗り換え11時前に上高地へ。山賊定食でしっかり腹ごしらえ、快晴の河童橋はたくさんの人で賑わっている。明神~徳沢~と木漏れ日の中を歩き、15:30横尾の橋の下に広がるテント場にテントを張る。今回は七重特製カマンベールをくり抜いたチーズフォンデュをワインとともに楽しんだ。
 翌朝6時に出発予定が、残りの食材をゆっくり腹に詰め込んだため7時前になり、涸沢に10:20到着。涸沢小屋で休憩中、何やらざわついてると思ったら今から登る登山道に熊が!小屋のスタッフが鍋のふたを叩き追い払ってくれた。
 ヘルメットを装着し登り始めるが、日蔭のない南斜面でめちゃくちゃ暑い、ポカリの飲みすぎで腹ぽちゃ、さっき小屋で私だけカレーを食べてしまったことを後悔したしんどい。高度が上がるにつれ前穂奥穂がくっきり、常念岳も現れ、遠くに富士山も見えてきた。鎖や梯子も何とか通過し、頂上に15:00到着。テラスで生ビールかんぱーい最高!雲が湧いては流れ時折槍ヶ岳が見える。
 日の入りには少し早いので先に食事を終え出てみると、一面に雲海が広がり名だたる山々が頭を出し夕陽を受けて静かに輝いている。ダウンを着込んで暗くなるまでずーっと眺めていた。月の出も星の出も見て19時に小屋へ、今日は1枚の布団に2人ということで覚悟して横になったが、いびきがうるさく寝不足。
 翌朝は5時に出発、霧で岩が濡れており何度かすべりながら涸沢に7:10到着、ソフトクリームで充電し横尾までもうひと頑張り。テントを回収し残りの平地歩き3時間、足がかなり疲れていて少しの登りも嫌になる。最後の力をふりしぼって予定どおり14:00に上高地に到着するがバス待ち大行列、ひらゆの森でゆっくり温泉につかり無事交野に21時過ぎに到着、ななは更に電車で帰宅、しんどかったけど 天気にも恵まれ素晴らしい楽しい山行でした。

1001.jpg

100102.jpg

100103.jpg

北岳 

2019年7月20日~7月21日 北岳   瀬、なな、岸 他1名

 日本で二番目に高い山は?と聞かれてすぐに答えられる人は、勉強好きか、クイズ好きか、山好きのいずれかだと思う。
 7月20日早朝、綺麗な青空の下、日本で二番目に高い山・北岳に向けて出発した。天気予報は午後から生憎の雨予報となっていたが、そんな不安を吹き飛ばすような気持ちのいい青空だった。運転手はドライビング技術に定評のある我らがリーダー瀬さん。しかし予定通り広河原についた頃には、くもり空になっていた。どうにか、雨がふらないまま持ってほしいと思いながら、14:20、広河原から登り始めた。 
 実は私、当日体調不良のため、当初持つはずだったテントや食べ物の分担を免れていた。メンバーの中では一番重たい荷物を持つべきはずの私が一番軽い状態の出発。申し訳なかった。一方で軽いから何とかなるだろうとたかを括っていた甘い考えを、ものの10分で打ち砕かれた。急登、急登、急登!! まだ登山の呼吸になれていない身体には厳しい、いや、慣れていたとしても厳しい急な上りが続く。息が上がり、汗は滴り落ちる。生憎の曇り空だと思っていたが、すぐに曇りで良かったと天気に感謝するようになっていた。山行計画通りなら3時間ほど登ることになる。長い戦いの始まりだった。
 遅々として進まない時計に絶望し、ななさんの休憩号令を待ちながら足を進め、何とか白根御池小屋テント場に辿り着いたときには、小雨が降っていることに大きく落胆することもできないくらいくたくた。そこからテントを立て、夕ご飯を食べ終わる頃には、テント場は静まり返っていた。他の登山客の迷惑にならないよう静かに寝袋に潜り込み、一日目は終了した。
 二日目、予定より少し遅れ6時半にテント場を出発。昨日降っていた雨は未明には止んでいた。真夏にさしかかる7月下旬に残る雪渓を見て、高山に来たことを実感しながら登っていく。リーダー瀬さんは、相変わらず速い。しんどい、と言いながらとても速い。
 私は同窓山岳会に高校の同級生に誘われて入ることになった。今は結婚し、一児の母になったその友人の母親が瀬さんである。つまり、私と瀬さんは文字通り一世代違うのだ。その私が、速いと感じる。ありえない。体力の化け物だ。なんて格好いい年のとり方だ。
 私もずっと山に登り続けられたら…と妄想しているうちに、気がついたら遠くに富士山が見えるようになっていた。日本人のDNAはあのフォルムを見ると興奮するようになっている、と思うのは私だけだろうか?
 どんどん大きくなる富士山に励まされながら、10:30頃二日目の宿地・北岳肩ノ小屋に到着。宿泊用の荷物を置き、若干の休憩を挟んで北岳山頂を目指す。肩ノ小屋から北岳山頂は、高山らしく、どんどん岩場になっていく。岩場の怖いところは、滑落もさることながら、歩幅を決められないことだ。もっと上手に歩ける人なら違うのかもしれないが、少なくとも岩場嫌いを自負する私にとっては、岩場は余計な体力を消耗してしまう場所であり、北岳でももちろんそうだった。遅れをとり、ずっと怖がっていた私に、優しいななさんが励ましてくれ、12時ごろ何とか山頂へ。曇り空だったため最高の天気とは言えなかったが、曇り空とは思えないほど綺麗な視界だった。
 どこからか「曇りで富士山がきれいに見えるのは珍しい」という会話が聞こえた。北岳と山頂という場所も相まって、自分が褒められているような誇らしい気持ちになる。一緒に登ってきた戦友の顔を見ると綺麗に笑っていて、勝手に同じ気持ちだと思った。
 ここから北岳山荘まで行き、再び山頂を経由して肩の小屋に戻った。その日は山小屋泊だったため、山小屋で晩御飯をいただく。ホカホカの白米やお味噌汁が世界一美味しくなる場所は絶対に山の上だ。それも山が高ければ高いほど美味しい。
 3日目。曇り予報ではあるが、ご来光を見ることを期待し、4時すぎに起床。他の人を起こさないよう慎重に隣の布団を確認すると、瀬さんと会外のメンバーはいなくなっており、ななえさんが布団を畳んでいた。いつものように私が一番遅くまで寝ていた。
 外に出ると、まだ空は暗かったが、すぐに明るくなり始めた。遠くが少しだけ朱くなり、どんどん広がっていく。刻一刻と表情を変える空に、まばたきも惜しいくらい夢中になっていた。そんな中、小屋の下のテント場から声が聞こえた。
「皆さんお気づきでないかもしれませんが、後ろに虹が出ています!」
 後ろを振り返ると本当に虹が出ていた。七色がはっきり見える鮮やかな虹だった。前には日の出直前の空、後ろは大きな虹。同時に見ることはできない。とても贅沢な二択に迫られ、交互に見ながら迎えた日の出は、とても綺麗だった。
 日の出の直後に太陽は雲に隠れてしまい、虹も消えてしまった。日の出を見られただけでも運が良かったのだろう。その上虹までみられて、最高のご来光だった。
 そこから、荷物をまとめて下山。下りが苦手な私は、遅れないよう必死についていくうちに、右膝を痛めた。膝を痛めることはいつものことだったが、いつもと違う下だり方をしたため、いつもとは違う場所が痛くなった。痛み止めでごまかしていたが、そのうち痛み止めが効かなくなる。右足をまげるだけで痛みを感じるようになり、私のせいでどんどん予定が遅れていった。申し訳ない気持ちでいっぱいになっているところにななさんが「荷物を持つ」と言ってくれた。ただでさえ遅れて迷惑をかけているのに、と断ると逆に怒られた。「山でしんどいときは頼らなあかん。」そうして、一番体力があるはずの私の荷物を、他のメンバーが分けて持ってくれた。
 後で聞いた話だが、このとき瀬さんも膝が痛かったらしい。私の状態を見て、言い出すことができず、我慢して、その上私の荷物まで持ってくれた。それを知って謝った私に瀬さんは「いいよ」とだけ言って笑っていた。やっぱり格好いい。
 はじめての北岳登山は、終始迷惑をかけっぱなしで終わった。次が許されるなら、今度は私が一番重たい荷物を背負い、誰かを気遣いながら登りたい。諸先輩方と同じくらいの格好良さを手に入れてから。

kita01.jpg

kita02.jpg

kita03.jpg

kita04.jpg


| HOME | NEXT

calendar

S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
07« 2020/08 »09

プロフィール

大阪同窓山岳会

Author:大阪同窓山岳会
大阪府山岳連盟所属の大阪同窓山岳会です。会員数14名の小さな会ですが、ハイキング、クライミング、沢、縦走、雪山と年間を通じて楽しんでます。集会は月1回梅田で行っています。会活動に興味のある方は、メニュー欄のカテゴリ「about us」を御参照ください。連絡先:dososangaku@gmail.com  です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR
PageTop▲