FC2ブログ

湖南アルプス  笹間が岳  

2019年6月9日  笹間が岳 西、瀬、なな

 総会前の歩き、どこへ行こうか と思案。瀬さんの案で、湖南アルプスの笹間が岳に登ることする。
 9時25分、石山駅前からバスに乗り、9時50分、アルプス登山口より歩き始める。川沿いの林道の脇に、バーベキューができそうな広い河原がある。山道に入り沢に沿って登っていくと、シダの若葉が美しい。この辺りの山は風化した花崗岩で、昔から土石流とたたかい、治山事業、砂防事業が発達したと教えてもらった。山の土が流れやすくなった原因は、奈良時代に平城京をつくるために、ヒノキなどの大木をたくさん切ったからだという。わざわざここまで取りに来るなんて、どんな立派な木だったんだろう。どうやってその木を運んだんだろう…と、古に想いを馳せる。と同時に、木を切ることによって表土が流れて山が荒れ、江戸時代から植林するも、未だ回復しないということを聞き、自然や森林と共存することの難しさと大切さを考えさせられた。
  ちょろちょろと流れる小川沿いを歩きながら、「笹間が岳 水晶」という検索ワードがあったことを思い出し、水晶探しを試みる。透明ぽいから成分は同じはず、でも形は六角柱じゃない。と思いながら、それらしい物を拾う。小さな池がある。イトトンボや、ハッチョウトンボという小さなトンボ、誰が持ち込んだのかメダカがいる。この辺りの池は、流れ込む川が少なくほとんどが雨水で、栄養分が少ないらしい。だから、タヌキモという食虫植物が生えている。栄養分と少ないところで生きるための知恵に驚かされる。次の大きな池では、じゅんさいが生えていて、取ってみようと試みる。意外と池の底にしっかりと根を張っていて取れない。
  お腹がすいた、もうすぐかなと思うと、あと0.3kmの立て札が1.3kmと書き換えられている。直登の道は廃道となっているよう。ぐる〜〜っとまわって笠間が岳頂上へ。ハシゴと鎖の付いた大岩に登ると、琵琶湖と大津市街が見渡せた。
 下りは小鳥のさえずりを聞きながらのんびり歩く。
 13時40分、上関バス停よりバスに乗り、石山駅へ。駅前で喉を潤してJRで大阪を経て総会に向かった。
 コースは、手軽で短めですが、森林のこと、生き物のこと、発見や気づきの多かった山行でした。となりの堂山とセットで、また歩いてみたいと思います。  

070501.jpg

070502.jpg


スポンサーサイト



音羽山 

2019年1月26日  京阪追分 ~ 音羽山 ~ JR石山     西、なな、奥

 今まで行ったことがなく、新年会の前にお手頃な所は?・・とネットで探し、音羽山に登ってきました。
 9時15分京阪追分駅集合。寒波襲来でしぐれ模様のなか歩き始める。牛尾山ハイキング道となっており、この地域(音羽山・音羽川)は和歌にも詠まれ、風光明媚な所だとか。随所に岩や滝を見ながら音羽川に沿って歩き、雪化粧をした牛尾観音に到着。そこから小一時間歩き、音羽山山頂へ。小雪混じりで、下界の街や琵琶湖が霞んでいました。昼食後下山開始。谷筋を膳所方面に下りる予
定でしたが、積雪があり道も悪そうだったので、予定変更で東海自然歩道を歩き、JR石山へ下りました。
 予定外の雪で、楽しむことができました。(ちょっと寒かったけど)そして夜は、新年会&男だけの二次会。おいしいお酒をいただき、これまた楽しい時間を過ごしました。

無題

無題1

無題2

無題4

虚空蔵山 

2018年11月23日  虚空蔵山  石、瀬、なな、吉m、他一名

 JR福知山線藍本駅9時半着、身仕度をし、線路沿いをゆっくり歩きはじめる。途中 酒垂 神社に寄り30分程で、立派な道標のある登山口に着く。
 ここからは、山道、自然林のなか枯れ葉を踏みしめながら、ゆっくり登り、30分程で、虚空蔵寺着、小休止。
 寺の横から、山道にはいる、急登、汗ばむ。30分程で、立杭コースの分岐、頂上まで登り、すぐ下の岩場で小休止。立杭の里、六甲等見渡せる。頂上で、今日初めてのハイカーと巡り会う。
 分岐まで戻り、立杭の里へ急な下りを、慎重に下る。30分程で陶の郷に降り、黒豆コロッケをほうばり休憩後、窯元横丁を見て歩き、買い物。14時過ぎバスでJR相野駅へ、尼崎経由京橋で打ち上げ!
 晴天で、ゆっくり、紅葉と、陶器の観賞と、楽しい山行でした。

koku01.jpg

koku02.jpg

ポンポン山、矢田丘陵 

2018年6月3日   ポンポン山     西、吉、伊、吉m、瀬、なな、奥

 毎年恒例となっている総会前の歩きで、久しぶりにポンポン山へ行ってきました。
 JR向日町駅に9時20分集合、参加者7名と賑やかな山行となりました。そこからバスで善峯寺へ。帰りのバスの時間を考え、通常とは逆の善峯寺~神峯山寺コースを歩きました。入り口を間違えたため、予定のコースと多少ズレましたが、鳥のさえずりを聴きながら気持ちよく歩くことができました。
 下山後、多少時間があったのでJR高槻駅前のコンビニに寄り軽く乾杯。総会へと向かいました。  

                          
2018年6月16日  矢田丘陵 石、吉m  他 3名

 9時過ぎ 近鉄 生駒駅集合、単線の生駒線に乗り換え、南生駒駅から歩き初める。
 住宅街を30分程 歩き、足湯のある やすらぎの杜、北側の国道を進み、途中 パンを買って、遊びの森 交流館で 一休み。
 ここからは山道、東明寺から、静かな竹林を抜け 矢田寺 着 11時 半。観光客の行列に加わり 庭園めぐり、色鮮やかな色々な種類の紫陽花が 綺麗でした? 小一時間 見て、南出口から 静かな山道を登り、13時 国見台 天望台、昼食! 奈良盆地 若草山 から 竜王山、三輪山、大和三山、吉野のほうまで、山々を見渡せる。
 大休止の後 日本最古の 厄除 霊場 松尾寺へ。お参りして、奥の塔から下る。竹林をぬけ、白石畑の集落から、田んぼの 獣よけに、何回も驚かせられて、美里の集落へ出て、ローソンに寄り、冷菓で体を冷やし、平群駅から 生駒経由 京橋駅で打ち上げ?
 丘陵でしたが、なかなか歩きごたえありです。

20180602.png

201806.png

武奈ヶ岳 

2018年4月30日(祝)  武奈ヶ岳  吉m・なな・瀬・会外2人

 出町柳7:45発の満員バスで坊村へ、9:00発久しぶりの急登で汗が噴き出るが、新緑の木漏れ日の中とても気持ちがいい!
 小学生の男の子2人を連れたお父さんと抜きつ抜かれつ、可憐なイワカガミや鳥の声に癒されながら11:50に登頂。
 少し霞んでいたが琵琶湖や周りの山々も美しい、八雲が原でおにぎりを食べ、腰をふりふり泳ぐ大量のアカハライモリを観察。
 イン谷口からのバスが15:25やからとゆっくりしてたら、下りが荒れてて長い長い。最後は少しあせって無事乗車。
 比良駅から京都に出て美味しい宴会後、19時過ぎに解散しました、お疲れ様!

DSC_2205 (004)

00030002 (004)

DSC_2208 (004)

| HOME | NEXT

calendar

S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
10« 2019/11 »12

プロフィール

大阪同窓山岳会

Author:大阪同窓山岳会
大阪府山岳連盟所属の大阪同窓山岳会です。会員数14名の小さな会ですが、ハイキング、クライミング、沢、縦走、雪山と年間を通じて楽しんでます。集会は月1回梅田で行っています。会活動に興味のある方は、メニュー欄のカテゴリ「about us」を御参照ください。連絡先:dososangaku@gmail.com  です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR
PageTop▲