FC2ブログ

北アルプス 槍ヶ岳展望 常念山脈を行く 

2019年5月1日~5日 北アルプス 槍ヶ岳展望 常念山脈を行く  メンバー:藤・筒・西

 当初の計画は、上高地から入山して、蝶ヶ岳、常念岳、大天井岳と南から北へと縦走、ここより南西方向に折り返して東鎌尾根から槍ヶ岳を登頂し、槍平・新穂高温泉方面へ抜けるというものだ。目論見としては、日本のマッターホルン槍ヶ岳を眺め尽くす・・というもので、技術的課題と言うよりは、体力的課題が中心であると考えていた。しかし、このルートについて調べてみると、残雪期に東鎌尾根から槍ヶ岳に登った記録は余りなく、途中敗退のものも少なくない。表銀座の名称に反して、大天井岳から槍ヶ岳までの行程はチョットしたバリエーションであることが判ってきた。それでも西岳まで辿り着ければ、水俣乗越から槍沢方面に下りて、槍ヶ岳または上高地方面に展開・敗退が可能であろうとの見込みであった。さて実際は・・・。
 4/30 19時に阪急西宮北口駅に集合し車で出発。平湯温泉の手前のほおのき平駐車場で仮眠。
 5/1 平湯温泉のアカンダナ駐車場にクルマを移動させ、バスに乗換て上高地へ。6:25に歩き始める。天気は小雨模様。途中、サルの群れに遭遇。みんな丸々と太っていて健康そう。小ザルも楽しそうに遊んでいた。木の芽など春の恵みが豊富なんだろう。
 徳沢に8:30到着。雪の全くない、仰ぎ見る急坂の尾根が徳沢園の向こうに盛り上がっている。「あー、この重荷を背負って、あれを登るのかー」と少々げんなり。
 急坂を登ると次第に雪が増えてくる。どこがピークか判らない長塀山までは急登が続くが、以降は一変して尾根上に窪んだ平地が出現する。雪に埋もれているが妖精の池というのがあるらしい。最後はゆるゆると登るとピークに15:20到着。山頂はイマイチ頂上感がない。蝶ヶ岳は複数のピークとその間の緩い地形で出来ていて、立地的に多様で花の山として有名だ。山岳と言うよりも高原って感じだろうか。蝶ヶ岳ヒュッテに到着した頃には小雨も止んでいた。テン場にて幕営。筒さんの味噌汁雑炊うまい。
 5/2  4時過ぎに起床。朝飯を腹一杯食べて7時に出発。槍穂高上空の雲はとれないが天気は晴れて気持ちが良い。屏風岩、岳沢、涸沢などが間近に見える。春になってから降雪が多かったため岳沢や涸沢は大量の雪で埋もれているのだが、我々の行く手の常念岳方面は尾根の夏道がほぼ露出している。雪の多寡が場所によって大きく異なっているようだ。
 常念岳は、御承知のとおりピラミッドのような美しい形をした山で、南北方向に直線的な裾を引いている。砂時計の砂山のように、空の一点から大量の礫を落として出来たような山容で、乱雑に積み重ねられた礫ばかりで巨大な露岩や土砂を見ることがない。また、面白いことに、南からの登りの間は赤っぽい粘板岩?と花崗岩が混じっていたのに、頂上付近から北側は花崗岩ばかりになった。
 そんな山の形のせいだろう、山頂は遠くから見通せるのに、いつまで経ってもピークに達しない。疲労で足が上がらなくなってきた頃、ようやく頂上の祠が見えた。常念岳山頂13:00到着。穂高槍方面の雲もほとんど取れてきて、頂上からの景色は最高だ。
 計画のルートである東鎌尾根も明瞭に見える。槍ヶ岳直下は明らかに北鎌尾根より厳しい。その手前の西岳の下降も厳しそうだし、その前の赤岩岳稜線の凸凹も時間を食いそう。だいたい雪の量が、常念山脈とは全然違う。細い雪稜通過が長そう。厳しい!
 山頂で30分の長い休憩の後、常念小屋へと長い単調な下り。常念小屋到着14:30。雪の無いテン場に幕営。正面に槍ヶ岳が見える最高のロケーションだ。
 以降のルートについて相談。相当疲労も溜まってきているので、常念小屋から安曇野方面への下山ルートであるヒエ平への一ノ沢ルートを含めて検討したが、燕岳-合戦尾根ルートという手があることを踏まえ大天井岳まで予定どおり行くことを決めた。
 夕食は藤さんのレトルトカレー。重さの分の旨さありです。夜は強風。
 5/3 4時に起床のはずが、5時前に「御来光やで」との藤さんの声で起きる。夜通しの強風のせいで余り眠れなかった。強風の中でのテント撤収に手間取り7:20出発。風が強く、体重の軽い筒さんは度々バランスを崩すほど。幸い気温が高く助かったが、低温であれば行動を躊躇しただろう。
 横通岳のトラバース道以降は風も止み、地形も緩いため快調なペース。「もしや西岳方面に行けたりする?」などと期待を込めた妄想が頭をもたげてくるが、大天井岳へのアップダウンを経ると「やっぱ無理か」と考え直す。
 視点の移動に伴って槍ヶ岳の後に背後霊のような黒々とした小槍が見え始める。11:40、大天荘の冬期小屋に到着。今晩は冬期小屋を使わせて貰おう。明日の進路は燕岳方面と決定し、休息後に大天井岳頂上へ散策に向かうことにした。景色をゆっくり楽しむ。早めの夕食(西の麻婆春雨)の後、筒さんは再度一人で大天井岳頂上へ散策。冬期小屋の同宿者の話によると、テント泊の3人組が東鎌尾根をやるらしい。この時期の東鎌尾根は北鎌尾根より難しく、エスケープルートの水俣乗越は雪崩の巣だとのこと。同宿者3名が素早く寝たので我々も釣られて早く寝た。
 5/4 雲一つ無い好天。朝飯前に筒さん一人で再び大天井岳頂上へ。残る二人は冬期小屋近くで御来光を見る。朝飯を食って、7時に出発。大天井岳頂上で再び景色を堪能。筒さんに展望の山名を教わる。「よく判るねー」と思っていたら、燕岳方面から単独行のおじさんが現れ、山の解説をし始めた。筒さんが質問を連発。「おじさんを早く解放してあげて!」とも思ったが、一つ一つ丁寧に答えて下さいました。有り難うございます。
 頂上を少し降りたところでライチョウが間近に現れた。ライチョウは昨夕より何度も姿を現してくれていた。繁殖期の縄張り争いで、目立つところで鳴いたり、雄2羽が鳴きながら飛んで追いかけあったりしていた。
 今日のルートは、ゴールである燕山荘と燕岳をずーっと眺めながらの散歩道。登山者がメチャクチャ多い。燕岳は花崗岩が露出した岩山。この山の花崗岩は何故か鈍色をしていて、鋼鉄の要塞のようだなと何時も思う。燕岳に近づいてくると露岩・奇岩が目立ってきて、さながらロックガーデン。冬季ルートにある、岩穴を潜るところは中々面白かった。12時半、燕山荘に到着。混み合ったテント場に場所を確保してテント設営。天気が良すぎて夏のように暑い。今日も昨日同様、休息後に山頂まで散策。槍ヶ岳の後ろにあった小槍が横に並ぶように見えてくる。うー、しかし人が多い。
 持ってきた酒を前日までに飲みきってしまったので、小屋でビール・日本酒・酎ハイ・ウィスキーを購入して飲酒。寝てしまう。
 5/5 今日もいい天気。6:20に出発し合戦尾根を下る。緩やかな雪尾根をしばらく下るとコメツガ林の中へ。暗い樹林帯の中を延々と下る。冬枯れした明るいカラマツ植林地が出てきたらゴールは目前。9:35に中房温泉の登山口のバス停到着。始発のバスにギリギリ間に合った。
 以降、列車・バスを乗り継いでアカンダナ駐車場まで。平湯温泉で汗を流してから大阪に向けて出発も、渋滞やら事故通行止めやらで、大和八木駅で奈良県組の二人を降ろしたのは23時の少し前だった。
 重荷を背負っての丸5日間、お疲れ様でした。少し長めの縦走は楽しく贅沢なものでした。3人での合宿形態となって楽しかったですね。発案者の藤さん、後から参加してくれた筒さんに感謝です。また今回の山行では、一昨年春の黒部横断に続き、槍ヶ岳東鎌尾根という課題が残りました。今後の計画に活かしていきたいと思います。
 何より、藤さん、筒さんともにブランクからの完全復活山行となりました。大変目出度いです。 
                               
n05.jpg

n04.jpg

n03.jpg

n02.jpg

n01.jpg

 
スポンサーサイト

高見山 

 2019年2月11日 高見山  石、なな、吉m  他4名

 榛原 集合、8時15分発のバスで出発。
 9時10分、仕度をして登山口から登り初める。雪はまったく無い。途中 中学生の団体と、何回かすれ違い、小峠10時20分着、休憩もそこそこに高見峠に向かう。小さな 階段から、旧伊勢街道の静かな山道をゆっくり進み、11時高見峠着。雪がチラチラするが、風は無い。早々に昼食を済ませ、アイゼンを着け頂上へ。ジグザグの急登だが、歩きやすく、人も少なく見晴らしも良い。
 12時20分、狭い頂上は多くの人であふれていたが、樹氷はとっても綺麗!
 写真を撮り下山。笛吹岩、揺岩、息子岩、国見岩を見て平野方面へ。杉と桧の綺麗な植林の中 黙々と歩き、14時45分たかすみ 着、15時のバスに間に合う。
 榛原から、いつもの京橋で、一杯青空ではなかったけど、風も無く、樹氷、雪山を楽しみました。

0101.jpg

0102.jpg

0103.jpg

         

伊吹山雪上訓練 

2019年1月13,14日 伊吹山雪上訓練  西、なな、吉

 金糞岳に続く雪山訓練。天気はいいのだが雪はあるのだろうか。
 近江長岡駅からバスで乗り継ぎ、登山口より3合目に向かう。異様に気温が高い。道もドロドロ。
 3合目から雪が出てきて、ここで初日の練習。アバランチの探索、いろいろな確保等をした。雪がガサガサでいまいちだが一通りの練習はできた。その日は夕焼けが美しく、星空も素晴らしかった。
 翌朝も天気がいい。淡々と山頂へ。素晴らしい展望、白山、乗鞍、御岳山がはっきり見える。坊主頭で輝く山は荒島岳かな?
 山頂直下でスノーバーを打って確保し、滑落停止の練習をした。もっとも雪が柔くてさほど滑らなかったが。。。。でもななさん、感じはつかめました?
 下山も本当に暑かったので、電車でのビールがうまかったよ。

初日
P1130550.jpg

夕暮れ
P1130555.jpg

朝日が昇る
P1140564.jpg

山頂からの遠望
P1140566.jpg

山頂
P1140572.jpg

訓練
P1140577.jpg

バスの車窓から
P1140580.jpg

金糞岳中津尾根 

2018年12月23,24日  金糞岳中津尾根 西、なな、吉

 ななさんがせっかく道具を揃えたのに、暖冬が続く。関西近郊で少しでも雪の可能性を求めて、湖北の金糞岳を訪れた。
 23日は雨、雪があればトレーニングをしようと思ったが、どうしようもないので林道をしばらく歩いて様子をうかがう。
 翌朝は6時からヘッドランプをつけてとぼとぼ歩く。小雨の暗い林道は気が滅入る。白谷口からは本格的な登りが始まるが、落ち葉の中を歩いて、頂上までどうせこんな感じだろ、とたかを括る。
 小森口と展望台間の尾根道は、途中倒木がひどいところがあったが、通行に大きな支障はなかった。少しづつ雪が混じってくる。展望台は大きな広場があり、無雪期はここまで車で上がれる。見晴らしがよく素晴らしい。湖北の山の稜線は白くなっている。あたたかいのに意外。
 ここから山頂までの急登。大朝頭からはぐっと積雪が増してラッセルで苦労する。頂稜部が意外と長く、まだ着かねーのかよ、と頑張って、ようやく11時に山頂に到達した。雪山らしい山頂だ、苦労した甲斐あった、充実。
 あとは往路をトレース通りにせっせと降りて14時半に登山口に戻れた。
 ところで、先述の倒木地帯を下山しているときに、姿は見えないが、すぐ至近距離で獣のうなり声を聞く。「今の聞いたか?」「うん、これはまずい、速やかに通過しよう」
 この山域で、あれほど鋭い威嚇声を発するのは、きっとあいつだろう。この山域でよく見かけるのは知っていたが、リスク要因とはあまり考えていなかった。とにかく皆無事で何もなくてよかった。。。

PC240528.jpg

PC240534.jpg

PC240537.jpg

PC240540.jpg

PC240542.jpg

PC240543.jpg

PC240544.jpg

霞沢岳西尾根 

2018年5月2日~4日 霞沢岳西尾根 西、吉

 今回はコンディションも悪く、体力的に厳しい山行になった。
 2日の夜行バスで梅田発。翌朝5時過ぎに大正池に着いた。結構強い雨で先が思いやられる。6時過ぎまで待っても雨が止まないので出発。
 太兵衛平からずるずる滑る急坂を上がるが、雪など全くない。踏み跡はあるが、ところどころ笹藪の藪漕ぎでずぶ濡れになる。上がっても上がっても雪が出てこないので、水が確保できるのか不安になる。テントサイトも見つかるだろうか。ここ数日異常な高温と雨で、雪がすっかり無くなってしまったのだろう。
 そのうち雨も止む。急な尾根を必死で上がり、2,000mを超えたところでようやくテントサイトが見つかった。雪も汚いが、まあ何とかなるだろう。まだ午前中で時間が早かったが、これ以上進んでも適地が見つかるかわからないので、ここで幕営する。明日はどうなるのだろう。
 夜半から気温が下がり、雪が降って様相が一変する。5:15出発。尾根自体は明瞭で淡々と上がるが、この先が問題。岩峰手前で森林限界を超えるとハイマツ、シャクナゲの猛烈な藪。岩峰自体はⅢ級もなく容易だが、ピークから先の尾根を見てうんざりする。黒々とびっしり灌木が張り付いている。普段豪雪で圧雪されて強く密集し、登りと反対方向に向かって倒れているので、体力を消耗する。GWの北アルプスで藪漕ぎとは、トホホである。雪がしっかりついていたら本当に快適な雪稜歩きだろうに、山頂手前までこんな感じ。
 8:30に頂上。真っ白で展望はない。写真を撮ってすぐ下山。岩峰を懸垂下降するのだが、最初にとろうとした支点は木が痛んでいる。要注意。
 10:50にテントサイトに戻って、片づけて下山。下山直後ルートファインディングで少し行ったり来たりしたが、ルートに戻れた。
 下山も苦しかった。荷物も重いし、とにかく新雪の笹薮が滑りやすい。泥と雪で団子状になった塊がアイゼンにしつこくくっつくので、腹が立つ。なんとか14時過ぎに太兵衛平に戻れた。
 タクシーで松本駅に向かう車内でようやくほっとし、冷静になる。いろいろ反省点があり、今後に活かさなくてはならない。ただ、コンディションが悪い中、協力して普段訪れない渋い山の頂に立てたのは有意義なことだ。西さん、ありがとうございました。

この雪で水をつくるのか…
P5030358.jpg

岩峰取り付き①
P5040359.jpg

岩峰取り付き②
P5040360.jpg

山頂①
P5040362.jpg

山頂②
P5040363.jpg

来た道を振り返る
P5040364.jpg
 
| HOME | NEXT

calendar

S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
07« 2019/08 »09

プロフィール

大阪同窓山岳会

Author:大阪同窓山岳会
大阪府山岳連盟所属の大阪同窓山岳会です。会員数14名の小さな会ですが、ハイキング、クライミング、沢、縦走、雪山と年間を通じて楽しんでます。集会は月1回梅田で行っています。会活動に興味のある方は、メニュー欄のカテゴリ「about us」を御参照ください。連絡先:dososangaku@gmail.com  です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR
PageTop▲