六甲・大月地獄谷 アイゼントレーニング
2012 / 03 / 25 ( Sun )
2012年3月25日 六甲・大月地獄谷 アイゼントレーニング 藤、吉

 今日は春の木漏れ日の中で保塁岩でクライミングの予定だったが、連日の雨と寒さで延期。GWの雪山のためにアイゼントレーニングを行う。
 バスで渦森橋に向かい、10:15に取付出発。しばらくは平坦な沢を歩く。この沢の堰堤の多さは有名だが、早速堰堤が出てきて淡々と巻く。平凡でつまらん、と思っていたらようやく滝が出てきた。フィックスロープがあるが、念のためにロープを出して左岸を超えた。
 間もなくこの滝のハイライトの大滝に出会う。チョックストーン滝でかなり迫力がある。今までの堰堤越えを帳消しする。さすがに直登は無理だが、よく見ると滝手前の右岸左壁にリングボルトが打たれている。ここをロープを出して超えたが、アイゼンでは結構厳しい登りとなった。
 最後の滝もなんとなくフリーで突破できそうだったが、念のためロープを出して正解だった。落口がすべり易くいやらしかった。
 その後もこれでもか、というぐらい堰堤が続く。やぶっぽい沢を踏み跡を辿っていく。いつまで続くんだ、と思ってうんざりしたらようやく稜線に抜けて、14:30前にみよし観音に飛び出した。帰りは展望のよい天狗岩南尾根を下山した。
 とにかく堰堤の多さが半端でないが、アイゼンのクライミングとしては、先週のαルンゼよりも今日のほうがシビアだったように感じた。

最初の滝
oj04

大滝
oj02

大滝の終了点
oj03

最後の滝をロープで超える
oj07.jpg

oj01

みよし観音
oj05

天狗岩から神戸方面
oj06

スポンサーサイト
19 : 03 : 11 | トレーニング | page top
クライミング競技C級審判員資格認定研修会
2012 / 03 / 18 ( Sun )
2012年3月10日 クライミング競技C級審判員資格認定研修会  杉 和歌山市さんさんセンター紀の川

 日本山岳協会主催のC級審判員の研修会に参加しました。当日は東日本大震災からちょうど一年にあたるので犠牲者を追悼するために黙祷を行った後、共通科目であるドーピング検査について説明をうける。スポーツ競技全般において選手が風邪薬等でうっかり飲んだ薬に違反薬物が含まれていた為、選手生命を絶たれる事例がある事を教わる。その後は各コースに別れて、私はボルダリング競技のルールを競技常任委員の方から丁寧に判りやすく説明して頂きました。一生懸命プレーしている選手に応える為にも正確、公平なジャッジが出来るようにこれからも私自身学んでいこうと思います。
18 : 16 : 40 | 講習会 | page top
比良・中ノ谷 αルンゼ 春
2012 / 03 / 18 ( Sun )
2012年3月18日 比良・中ノ谷 αルンゼ 春 藤、吉

 2月の中旬に訪れた時は大雪で敗退、性懲りもなくまたやってきた。8時過ぎ志賀駅到着。そこからタクシーで林道に向かう。中谷出合まで入り大幅な時間短縮。何度も来てるので道にも迷わず、9時には取付に到着できた。
 しかし取付を覗き込むと、滝を多量の水が流れている。昨日の雨と雪解け水だろうか、えらいこっちゃ・・・。でも日頃水が流れる六甲の谷でアイゼン練習してるじゃないか、と気を取り直して9:20登り始める。
 F1はフリーで突破して、F2はロープを出す。肝心の滝の真ん中がルートなのだが、水が勢いよく流れている。しかし両岸を巻くのはかえっていやらしそうなので、ここは覚悟を決めてずぶぬれになりながら突破!、寒い!!
 他の滝もルート中央を水流が邪魔をする。そのうち雪も出てきたが、ずぶずぶで歩きにくい。しかも下は大きな空洞になっていて、落ちると危険である。そろそろと歩く。
 核心部のチムニー滝は下部が雪で埋まっていたが、チムニーはむき出し。ずるずると這い上がって、支点から右に体を出して突破した。
 最後の20m滝も、秋に訪れた際はアイゼンで登るのは手ごわそうに感じたが、意外と簡単に登れてしまった。後は雪の斜面を埋まりながら四苦八苦して登る。上部にはアルペン的な岩稜があり、今度ここを辿るのも面白そうだ。12時過ぎに登山道に到着し、ここで弁当を食べて下山した。
 前回は大雪、今度は水浸し、と快適な雪のαルンゼにお目にかかれていないが、また是非訪れたい。

取付
A0201

中間滝、水が流れている
A0202

フォローする藤さん
A0203

チムニー滝取付
A0204

最後の20m滝
A0205

アルペン的な上部岩稜
A0206
18 : 13 : 44 | クライミング | page top
レベルテン
2012 / 03 / 17 ( Sat )
2012年3月17日 レベルテン 杉、吉

 今日は雨、東部市場駅近くのレベルテンで練習をする。午後からの練習だが、他10人ぐらいで賑わっていた。
 杉さんは高難度のルートを次々トライ、僕はやはり後半持久力のなさが露呈してしまったが、あえて成果と言えば5.11のルートが登れたことか…。
 小ハング、大ハング、ルーフ沿い、トラバースのロングルートなど、他のジムではあまり無いようなユニークなルートがあるので、また来よう。
 僕は明日があるので15本くらい登って一足先に帰りました。杉さん、お疲れ様、また練習しましょう。

level01

level02

level03
17 : 24 : 47 | クライミング | page top
グラビティリサーチNAMBA
2012 / 03 / 05 ( Mon )
2012年2月25日 グラビティリサーチNAMBA 杉、藤他

 まだまだ寒さ厳しい2月下旬、グラビティリサーチに行きました。ボルダーエリアとリードエリアからなり、広々とした空間は空調が効いて、この季節でもTシャツで遊べる素敵な空間です。瀬君は本日リードに初挑戦!カラビナのクリップ動作に戸惑いつつもしなやかに登っていた。
 途中から藤さんも合流して交代で次々とクライミング。最後には全員パンプして終了、とてもいい練習になりました。今後とも定期的に行こうと思いますので、是非とも皆さんお付き合い下さい。

18 : 32 : 11 | クライミング | page top
伊吹山
2012 / 03 / 03 ( Sat )
2012年3月3日 伊吹山 吉

 冬、新幹線の車窓から見える伊吹山はとても立派である。また、湖西から見えるピラミダルな白い山容はアルペン的である。1377mと標高は高くないが、日本百名山の名に恥じない。いつか雪の伊吹山を訪れたいと思っていたが、今日の天気予報は晴れ、これ以上遅くなると雪がなくなってしまうので、思い立ったように伊吹山に行くこととする。
 朝一番の快速で米原へ向かい、乗り換えて近江長岡駅へ。お金が惜しかったが、早く行動したかったのでタクシーで登山口へ向かう。8:30出発。今日は快晴。
 下は雪がなく、どろどろの道を上がっていく。1合目から雪が出てきたが、気温が高いのかガサガサで歩きにくい。アイゼンを装着するが、足が埋まる。これといって難しい個所もなく、ただひたすら黙々と雪の斜面を上がっていく。風もないので暑い。頂上直下は苦しい急登。このあたりの雰囲気が、なんとなく私の郷里の山口・十種ケ峰の東面ルンゼに似ている。
 鞍部上のところを超えると頂上台地。ここはクラストしていてアイゼンを踏みしめる。10:45頂上。思ったより早く登頂できた。素晴らしい景色だ。美濃、鈴鹿の雪山が間近に見える。名残惜しかったが、11時に下山。
 下山していると多くの登山者が登ってくる。多くの人に愛される山だ。
 12:20に登山口へ戻る。バスで長浜駅に行き、電車ではちびちび飲みながら帰阪した。思ったよりややあっさりした山行だったが、満足である。

3合目上からの伊吹山
伊吹01

山頂
伊吹02

美濃の山々
伊吹03

頂上直下の急な下り
伊吹04

バスの車窓からの伊吹山、遠望の景色も十種ケ峰に似ている
伊吹05
17 : 38 : 08 | 雪山 | page top
| ホーム |