比良・八池谷
2012 / 07 / 29 ( Sun )
2012年7月29日 比良・八池谷 西、吉

 連日猛暑が続く中、じゃぶじゃぶと水につかれる沢を、ということで八池谷へ向かう。この沢はバスを使えばアプローチも良く、渓相も明るく、エスケープルートもしっかりしていて、沢初体験の人にはぴったりの沢だ。近江高島駅からガリバー旅行村へ向かうバスは満員、あちこちで山談議に花が咲いており、「いいなー、俺もアルプス行きてー!」
 登山道から沢に入り、今日は淵など積極的に水につかるようにした。行程が短いのがやや残念。帰りはガリバー旅行村へそのまま下山した。

大摺鉢
y01.jpg

魚止の滝
y02.jpg
 
明るい渓相
y03.jpg

y04.jpg

貴舟の滝
y06.jpg


y05.jpg


 
スポンサーサイト
19 : 54 : 26 | 沢登 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
レベルテン
2012 / 07 / 22 ( Sun )
2012年7月22日 レベルテン 吉

 先週に引き続き沢登りを予定していたが、天気予報によると雷雨の恐れがあるとのこと。前日もいきなり激しい雷雨が降ったので、用心のため延期することにする。
 時間ができたので久しぶりにスポーツクライミングへ。どうせあまり登れないのは分かっているから10台の垂壁中心に、ちょこっと前傾壁を登った。動きはぎこちないこともないのだが、やはり持久力が課題。次回は一層1本1本丁寧に登ることを心がけようと思う。
 今日は子供連れとか大勢の人で賑わっていた。
 ところで天気はこの文章を書いている17時現在安定している。結果論だが残念・・・・。
 
16 : 48 : 20 | クライミング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
南葛城山・石川・サカモギ谷
2012 / 07 / 15 ( Sun )
2012年7月15日 南葛城山・石川・サカモギ谷 藤、吉

 梅雨の長雨のため順延になっていた沢登りに今日ようやく向かうことになった。サカモギ谷は大阪府下で登攀的な沢との評判通り、なかなか手応えのある山行となった。
 河内長野駅で藤さんの車に拾ってもらい滝畑ダムへ。今日は天気も良く、ダム周辺の河原でキャンプをする家族連れで大変賑わっていた。林道を歩き、取水場を少し超えたところに取付がある。取付は小さな沢である。
 しばらくは平凡だが、そのうち滝が連続して出てくる。両岸が崖で巻くのが困難であるため滝を直等することになる。所々ハーケンもあるが、慎重に登る。なかなか難しく緊張する滝もあった。
 最後の大滝は本では滝身にハーケンがあるとのことだが、この日は水量が多く、目も開けていられない。両岸も出だしが足の置き場に苦労する。やや心残りだが、無理をせず巻いた。
 最後の詰めは沢を淡々と登っていたら登山道に苦労もせずぶつかった。以前来た時は凄いガレ場を落石に気をつけながら登った記憶があるのだが・・・。
 下りの関電道は急だが明瞭な道であった。

垂直滝
saka01.jpg

バランスが結構必要
saka02.jpg

大滝
saka03.jpg

この滝には手こずった。
saka04.jpg
18 : 30 : 12 | 沢登 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |