大岩ヶ岳北面B岩稜
2013 / 03 / 24 ( Sun )
2013年3月24日 大岩ヶ岳北面B岩稜 藤、吉

 今日はミニアルパインクライミングが楽しめた。
 事前の予報では曇り時々雨であったが、幸いに穏やかないい天気、少し暑いくらいだ。晴れ男の藤さんの本領発揮。道場の駅前広場は大勢のクライマーで賑わっている。
 千苅貯水池に向かって池沿いの登山道を辿るのだが、途中紛らわしい踏み跡に惑わされて少し時間をロスした。駅を出発して2時間ぐらいしてようやく取付に到着。目印も何もないので自分で判断しなければならない。大岩ヶ岳山頂から直接派生するA岩稜、西隣にB、C岩稜とある。GPSで確認するも初見なのでどれがどの稜線か今一つ自信がないが、目の前の顕著な岩尾根をとりあえず登ることにする。
 稜線自体は木で支点をとって登ればさほど困難ではない。ただ、上部に登場する将棋の駒のようなピナクルを巻く際は少々悪く、生きた灌木を頼りに慎重に登った。全部で7ピッチぐらい。ピナクルを抜けると岩場は終わり、稜線を辿って素晴らしい展望の山頂に出た。40m以上のロープと多めのスリング必携。今度はA岩稜をトライしてみたい。
 中庄谷氏は、山名の由来を求めて北面を踏査し、古い文献からこの北面が由来であろうと推定されていた。このように知的探求を要素にした登山活動も行いたいものである。

参照:中庄谷直(2001)『関西周辺 低山ワールドを楽しむ』pp.84-89 ナカニシヤ出版。

B岩稜取りつき
P1000660_convert_20130324191728.jpg

岩を正面突破しようとしたが、意外とハングで断念。
P1000665_convert_20130324191807.jpg

振りかえると貯水池の景色が広がる。
P1000666_convert_20130324191835.jpg

立派なピナクル。7,8mある。
P1000668_convert_20130324191908.jpg

最高の展望の山頂。
P1000670_convert_20130324191936.jpg
スポンサーサイト
19 : 41 : 42 | クライミング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
白髪岳
2013 / 03 / 23 ( Sat )
2013年3月23日 白髪岳 吉、他

 丹波の山はアルペン的でいい山が多いのだが、車がない私には少々とっつきにくい。しかし白髪岳はJRの駅からダイレクトに登れる兵庫の名山である。
 福知山線古市駅を降りる。無人の小さな駅である。時折小雨が降り、吹きつける風が冷たい。昨日出張で東京に行った際は桜が満開であったが、ここは桜はまだで、梅がカラフルに咲きみだれている。のどかな道を歩く。
 とりつきから急登が始まるが、明るい登山道で不思議と疲れがない。登山道から頂上が見え、直下の岩場を直登できないかなあ、とか思いながら登る。頂上付近の岩稜は変化に富んでいて楽しい。岩もしっかりしており、スケールがもっと大きかったらさぞクライミングが楽しめるだろうに。
 岩稜を抜けると頂上に飛び出す。360度展望が広がる頂上だ。今日は曇天だったが、快晴の日は素晴らしい展望が楽しめるだろう
 昼食をとって下山。途中松尾山に立ち寄る。頂上は展望がないが、子広いスペースがある。戦国武将の城址らしい。谷沿いの道をつづら折りに下りて篠山口駅から帰阪した。
 この下山コースは下部が植林なのが残念だが、白髪岳は名山の名にふさわしい立派な山である。満足だ。

頂上直下の岩稜
P1000646_convert_20130323193335.jpg

白髪岳
P1000648_convert_20130323193410.jpg

松尾山
P1000651_convert_20130323193441.jpg

文保寺。荘厳である。
P1000653_convert_20130323193516.jpg
19 : 54 : 01 | ハイキング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
六甲全山縦走【前半】(須磨浦公園~新神戸)
2013 / 03 / 17 ( Sun )
2013年3月9日(土)  六甲全山縦走【前半】(須磨浦公園~新神戸)  参加者:奥、他2名

 昨秋から職場で六甲全山縦走の話で盛り上がり、今年11月の本大会に向けて、1回目の練習をすることになったが、当日3人が都合で不参加となり、30代の2人と一緒に歩くこととなった。
石・瀬さんの報告で、相当にしんどかろうと、余裕をもったコースタイムを設定しのぞんだが、結果は次のとおり・・・。

 須磨浦公園(8:35)→ 馬の背(10:35) → 高取山(12:10)【20分休憩】→ 菊水山(14:50)【15分休憩】→ 鍋蓋山(16:15)【15分休憩】→ 大竜寺(17:00)【10分休憩】→ 市が原(17:25)  24.5km 8時間50分(うち休憩1時間)

 当日は気温が20℃近くまで上がり、スポーツ飲料が途中で切れるし、かなりきつかった。特に高取山と菊水山の登りがきつく、山頂である程度休憩を入れなければ、後半バテることまちがいなし。
 ただこのペースだと、本大会の掬星台の制限タイムにあまり余裕がなさそうで、もっと体重を落として持久力をつけなければダメだということが、よ~くわかりました。

 新神戸まで下山し、地下鉄で三宮まで。次回【後半】戦に向けて、居酒屋で反省会(皆疲れきってあまり盛り上がらず)して帰宅しました。
18 : 32 : 17 | 縦走 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
岩場探訪(甲南バットレス)&ハイク(八幡谷~保久良梅園)
2013 / 03 / 17 ( Sun )
2013年3月17日 岩場探訪(甲南バットレス)&ハイク(八幡谷~保久良梅園) 藤、吉

 甲南バットレスは前から行こうと思っていたのだが、場所が分からず行けずじまいだった。今日はネットで事前調査して向かう。
 岡本駅から八幡谷登山口を少し上がり、谷がカーブしているところで、左斜面にロープがぶら下がっている。塩ビ管も目印。そこから踏み跡をロープをつかみながら急登すると岩場があった。あまり大きな岩場でないが、すっきりしていてハングもなかなか立派。
 まずはリードで上がろう。一見ホールドが豊富そうなので何とかなるだろう、とたかをくくって取りついたが、おっと意外と困惑。!? とにかく上がろう、とA0でハングを超えた。上部のスラブは容易だが、支点が少なく若干緊張した。トップロープ状態にしてあれこれやってるうちにムーブが分かった。隣のルートもグレードこそ5.8だが、ムーブが分かるまで僕らには難しかったです(;´д`) ハングの一動作だけなんですが・・・。
 藤さんの提案で周辺を散策することとする。今日は穏やかで風も心地よい。金鳥山登山道からの神戸の眺めが美しい。保久良梅園の梅が満開でとても見事だった。
 爽やかで楽しい一日でした。藤さんありがとうございました。

どハング!
P1000630_convert_20130317165729.jpg

とにかくあがっちまえ
P1000633_convert_20130317165802.jpg

梅がキレイ
P1000639_convert_20130317165831.jpg
17 : 23 : 42 | クライミング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
インドアクライミング(グラビティリサーチなんば)
2013 / 03 / 15 ( Fri )
2013年3月14日 インドアクライミング(グラビティリサーチなんば) 杉、とも、吉

 私は夜に合流したが、杉さんと、ともさんはこの日仕事がオフで明るいうちからボルダーを含め、ずっと淡々と登っていたそうだ。タフさに感心します。一方私は2時間もするとくたびれます。
 幾つか登れない課題もあったので、よく研究して再トライしたい。

P1000626_convert_20130315192306.jpg
19 : 25 : 11 | クライミング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
中山連山
2013 / 03 / 04 ( Mon )
2012年3月3日 中山連山 吉、他

 中山連山は、安産祈願で有名な中山寺から北東に伸びる山系で、低山ながら結構ボリュームのある縦走が楽しめる。
 今日は天気はまずまずだが、寒い。中山寺境内をくぐり、奥の院への道を歩く。参拝者だろうか、大勢の方が歩く。夫婦岩を超えると奥の院。
 そこからよく整備された尾根道を歩いていくと1時間余りで中山最高峰。頂上からの展望は良いが、あいにくの曇り空。我々が昼食をとって出発して間もなくハイカーで大賑わいになった。
 ぐるっと馬蹄形に縦走することになるが、痩せ尾根あり、岩場あり、展望の良い変化に富んだコース。ボッカも兼ねるとかなりのトレーニングになるだろう。
 心地よい疲れの中帰宅し、近所の焼鳥屋で乾杯。うまかったぞよ。

梅が咲き始めている
P1000619_convert_20130304155323.jpg

最高峰頂上
P1000621_convert_20130304155412.jpg

岩尾根。濡れているときは要注意。
P1000625_convert_20130304155434.jpg

16 : 05 : 01 | ハイキング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
雪どっさりの三峰山へ
2013 / 03 / 02 ( Sat )
2012年2月23日 雪どっさりの三峰山へ   メンバー:瀬、石 他2名

 榛原8:30発の樹氷号に乗りみつえ青少年旅行村まで1時間15分。「登り尾」登山道より登り始める10:00~。まあまあのお天気?暖かく穏やかな日差しが心地いい。
 後1600mこの辺りまで1時間ほど・・・。そろそろ雪が深くなってきた。雪質はさらさらで登りやすい
 雪山といえば堀さんと行った比良山での山行を思い出す。雪山での歩行やアイゼン、ピッケルの使い方を教わるのに比良の堂満ルンゼなどへ行き教えていただいた。
 アイゼンなしで歩かされふかふかの雪の中に埋まってしまい足がぬけなくなったり、凍ってる場所でもアイゼンなしで尻すべりの降り方を教えてもらったり・・・。楽しくてしんどくて怖くて・・・愛のムチでしたね(笑)。あの時アイゼン使わず登ったよなあ~なんて瀬と思い出してました。
 おっと・・・山行報告に戻ります。
 日差しはまったくなくなり、すごく寒い~。2時間と少しで頂上到着(途中お昼ご飯のため15分休憩した)。12:30着。
 ラーメンの湯がなかなか沸かず身体が冷え、皆ぶるぶる震えだし手の感覚もなくなってくる。すぐに八丁平へ行き写真撮影して新道登山道より即行下山。海老の尻尾や樹氷のトンネルは見ごたえがあった。
 降りてきたらやっと青空が現れてきた。あれは大洞山か倶留尊山?遠くまでよく見える
 新道登山道は、林道歩き長くみつえまでゆっくり歩いてたら2時間半もかかってしまい、着いたのが2:40分・・・バス便3:00だ!焦る!樹氷祭り期間でぜんざいやお餅や物産展があったのに・・・(瀬と柴は30分も早く着いていた。体力有り余ってる様で全く疲れていない様子。恐ろしやあの馬力女・・・)
 ゆっくり食べたり見る暇もなくバスに乗り込み榛原駅まで。おじさん達の元気な笑い声を聞きながら車中疲れて眠りにつく・・・。
 今日は雪一杯でおもしろかったなあ~。今回一眼レフをぶら下げながらの撮りながらの歩きで少々疲れた。来月も女子山会いこう
 筒さんとは初めての山行でとても楽しみにしていたのですが。お仕事でお疲れなのかな。また機会あればご一緒しましょう~ 

三峰


19 : 22 : 02 | 雪山 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
雪のポンポン山
2013 / 03 / 02 ( Sat )
2012年2月17日 雪のポンポン山 水無瀬駅-若山神社-大沢-釈迦岳-頂上-本山寺のコース
メンバー:石、他二人

 前日寒く雪予報きっとポンポン山も雪でしょう。9時過ぎに水無瀬駅をスタート、登山口まで遠い。水無瀬渓谷をおしゃべりしながらゆっくり歩いていたらもう10時半。やっと登山口。服の着脱に時間かかったり写真を撮ってたりおやつ食べたりでどんどん時間過ぎる。スローペースで心配。
 一旦、車道に出て、しばらく歩くと、しいたけの直売所!久しぶりに来たけどまだあった。おにぎり買ったら熱いお茶のサービス心あったまります~。ここでも休憩だ。。。笑
 元気になったところで、釈迦岳を目指す。お一人さんが弱音言い出す。ここからは、どんどん雪が深くなり、一面銀世界に。ポンポン山じゃないみたいに綺麗な景色で元気になられた様子。
 ここからアイゼン装着。一緒に来たお二人さんは初アイゼンで山も初心者さんですが、お二人ともヨガのインストラクターしておられて体力も柔軟さも私よりありの方々。楽しく歩けたようでよかった。今度は深い雪山でも大丈夫の様子。
 おニューの軽アイゼンは良いのがあるようで、見ていたら装着も簡単で歩きやすそうだし外れない。それに軽い。新しいのいいですね
 アイゼンつけてからはペースも上がる。出だしスローでしたから頂上まで5時間もかかった。
 下山は本山寺方面へ。バス便もたくさんあり遅くなっても安心コース。神峰山口バス停5時着。
 初心者さん思いのほか休憩多く。時間かかるので時間配分、気をつけよう~!!

ポンポン
19 : 08 : 01 | 雪山 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
2012KOBE六甲全山縦走大会
2013 / 03 / 02 ( Sat )
2012年年11月23日 六甲全山縦走  石・瀬・他2名
    2012KOBE六甲全山縦走大会に参加 -須磨浦公園~宝塚まで56キロ-


・・・・少し前の記録ですが・・・・

【石 報告】
 9月初めに参加申し込み書をゲットする所から大変な大会だった。(申し込み書朝早くから並んだ方がベスト。8時すでに2000人近く並んでいた。)皆忙しく大会までそれぞれでトレーニングするということで当日を迎える。
 朝から雨模様だ。3時に須磨浦公園着。合羽着替え受付先にいくともうすでにならんでいる。200人~500人は並んでる? 5時15分に受け付け済ませ(雨で身体冷えましたよ)いざ出発!!
 皆がんばろうと声を掛け合い降りしきる雨の中歩き出す。須磨アルプスの辺りで少しだけ渋滞あり(6時頃出発の人はひどい渋滞だったらしい。)。菊水山CP11:00(12:20までがセーフ)着。皆まだまだ体力あり元気だ
 私も体力は大丈夫だけど高取山付近で膝痛がきた。友が膝サポートを持ってきていたので助かる。それを巻くとだいぶ楽になった。しかしこんな所で膝痛って・・・どうしましょ!
 若い男の子も膝痛なのか途中うずくまってる子がいた。
 前日の不摂生とか・・・トレーニング不足とか・・・ビタミン不足とか・・・古傷とか・・・人それぞれ理由はあるけれど本番に調整ミスは避けたい所。私の場合ストレッチのやりすぎで炎症が起きてたらしい・・・やりすぎもいけません!!
 掬星台CP15:30(15:50までがセーフ)。なんとか時間間に合った!ここまでしんどかった。エネルギー切れだ(途中瀬島からもらったピーナッツ効いた)。他の3人は私より10~30分も早く着いていたので迷惑かけてしまった。
 ここまで5分以上の休憩なしで歩いて来たので、ここで15分休憩。ホットレモン蜂蜜の振舞いやマッサージ師がきて、足を無料でマッサージのサービスあり。すごく寒かったのでホットレモンうまし!
 だましだましの歩きがピークになってきた。膝痛悪化だ。この先悩んだが皆の励ましもあり、もう少しがんばることにした。ここからはライト装着アスファルトの車道歩きが多い。
 東六甲分岐までだらだら長い。CP18:25(18:30までセーフ)。ぎりぎり間に合ったし後15キロなのに膝がだめで残念だけど私はここでリタイヤすることにした。ここでリタイヤして正解でした。皆待っててくれてありがとう~遅くなってしまいすみませんでした。
 皆の無事と最終CP22:40間に合うことを祈りながら宝塚で待つことにした。柴CP22:10着。瀬、中CP22:30。間に合ってよかった!皆さんお疲れさんでした。
 宝塚まで迎えに来てくれたソフトメンバー達。ありがとう~本当に助かりました。
 乗りで参加してしまった縦走。苦しい登山はもうしない。楽しい登山でいきましょう。

【瀬 報告】
 中の夫が車を出してくれて午前3時に交野を出発。4時に須磨浦公園に到着するが予報どうり雨が降っていて、カッパを着て傘をさして5時の受付開始を待つ。大行列のため5時半にやっと長い道のりに出発する。
 全縦大会があるのは知っていたが、去年この日に再度山に紅葉を見に来た時、大勢の人が歩いていて、たまたま知り合いに会い、大会だと知った。誰かが言いだしっぺでなぜか今年出る羽目になったが、56Kmという距離は想像がつかず、まあ1度はチャレンジしてみてもいいかと軽いノリで申し込んだが・・・
 降り続く雨の中、高倉台の住宅地を静かに抜け、登り下りをくり返し第1チェックポイントの菊水山に到着。かなりしんどかったが、座るどころではなくすぐに出発。
 鍋蓋山~去年歩いた大竜寺あたりを通過、頑張って歩いているのに電車で須磨に来た後続者にどんどん抜かれていく。横によけておにぎりやピーナッツを食べポカリを飲むが座って休憩している人はほとんどいない。みんななんでそんなに元気なのか?毎年出ている人もたくさんいるとのこと、このあたりでもう来年はいいわと思う。4人もだんだん離ればなれになりいちばん若い柴のお尻が見えなくなる。
 石が遅れだしたが私もしんどいので見える距離で一緒に歩く。柴、中とはだいぶ遅れなんとか第2チェックポイントの摩耶山に到着、ボランティアの方々の愛のホットレモンで生き返る!初めて座って休憩するがすぐに身体が冷えてきてまた出発。
 ただただ歩き、六甲ガーデンテラスに着く頃は日も落ちて、たくさんのカップルが寄り沿って歩く横を汚いいでたちで黙々と歩く、いつのまにかまた4人ばらばらだ。膝も痛くなってきた。
 第3チェックポイントの東六甲までは舗装道路を歩くことになる、昼ごろ止んでいた雨がまた降り出し、真っ暗な道を他の人のヘッドランプの明かりを頼りにひたすら歩く。これがものすごく長く、本当にこの道でいいんだろうか、チェックポイント見落とした?・・等一人で心細くなりながら、修行や・・とつぶやきながら、時間も気にする余裕もなかったが、ついに東六甲に着くと柴田が良かったー会えたーと迎えてくれた。制限時間18:30の5~6分前だった。中と石を待つ、もうだめかなと思ったぎりぎり1分前に二人が到着!
 休憩するまもなく出発、あとまだ3時間半という声を聞いて愕然となりながら下りの山道に入るが、ぬかるんでいて大渋滞がおこり、滑ってぐじゅぐじゅになりながら進む。途中膝痛を訴えていた石川が先に行って!絶対宝塚まで行くからと言うので、3人で先を行く。
 また次第に柴が見えなくなり二人で真っ暗な道をヘッドランプで進む、だんだんと人もまばらになりだした。もう下りのはずなのに何度か登りが続き、なんで登らすねん!もうええわ!と独り言を言いながら、絶対もう出ないという思いは強くなっていく。
 塩尾寺からは下りの舗装路で、だんだんと宝塚の灯りが見えてきて、メールで石がバスで宝塚に着いたと知り安心する。それにソフトの仲間が車で迎えに来てくれるという、ありがたかった。 制限時間は22:40。もうあと20分しかない、ここまできたら意地でもと二人で走りだす。 もう足は限界に近かったがおばさんの根性を見せてやるー!!ゴール手前で迎えに来てくれた友達を発見し、22:32に無事ゴールした。
 夕方には到着してどっかで宴会して帰ろうと思っていたのに、甘かった・・みんなで写真を撮って、コンビニでビールとつまみだけ買って車に揺られて放心状態で帰途についた。
 数日後、しんどさはすぐ忘れ、あー楽しかったなー出場して良かったなーと思っています。

全山
19 : 06 : 40 | 縦走 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |