インドアクライミング(グラビティリサーチなんば)
2013 / 04 / 29 ( Mon )
2013年4月29日 インドアクライミング(グラビティリサーチなんば) 杉、吉

 好天の3連休、いかがお過ごしですか?なぜか私は大阪にいます・・・。体を動かそうとクライミングです。ルートも新しくなって新鮮でした。15本登って充分。enough.

P1000729_convert_20130429185116.jpg

金がないのでコンビニで一杯
P1000733_convert_20130429185151.jpg
スポンサーサイト
18 : 57 : 37 | クライミング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
高御位山
2013 / 04 / 21 ( Sun )
2013年4月20日 高御位山 吉、他

 高御位山は東播磨に位置する岩山である。尾根上には樹木が少なく、岩稜で展望が開けている。
 JR曽根駅から少し歩くと小さな看板で豆崎登山口がある。いきなり岩稜が始まる。フリクションがきいてあまり滑らない。振り返ると展望が広がる。アップダウンを繰り返すと鹿島神社からの道と合流して大きな岩尾根を上がると鷹ノ巣山。
 各峰への主稜線に派生している尾根には明瞭な道があり、視界がいい時には周辺の地形が良く分かる。
 鷹ノ巣山を40分も歩くと高御位山である。視界は最高。小豆島、淡路島、中国山地が見える。南側は切れ落ちていてクライミングのゲレンデのようだ。今日の目的の一つにこの岩場の偵察がある。岩はしっかりしているが、うたれているリングボルトは古く、見た限りでは新しいボルトはなかった。展望もいいし気持ちのいいクライミングが楽しめるだろう。岩場でごそごそしていると、連れから危ないし他の人も見ているからから早く戻れ、と言われ、全容はつかめなかった。
 岩場まで麓からのアプローチも少々遠いためか、大勢のハイカーの割にはクライミングしている方は皆無だった。
 南側へ尾根を忠実にたどり、宝殿駅へと下山した。歩いた距離は結構長く、大阪に戻ってのビールは心地よい疲れも相まって美味かった。

中央のスラブは立派だが、残念ながら傾斜がゆるく、クライミングの対象にならない。
P1000715_convert_20130421163647.jpg

頂上直下の壁。古いボルトがある。
P1000721_convert_20130421163720.jpg

登ったら気持ちよさそうだ。
P1000722_convert_20130421163757.jpg

縦走路を振り返る。
P1000725_convert_20130421163830.jpg
16 : 59 : 43 | ハイキング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
大岩ヶ岳北面A岩稜 
2013 / 04 / 14 ( Sun )
2013年4月14日 大岩ヶ岳北面A岩稜 藤、西、吉

 先日に引き続いて大岩ヶ岳北面でAかCにするか迷ったが、一番難しいらしいCは今度のお楽しみとして頂上に直接つながるAを登ることとした。
 前回の経験とGPSでAの取付を特定する。岩の右側は傾斜がきつそうで面白そうだが、一応慎重に左側から登る。傾斜は緩いが浮き石と足元が脆くて緊張する。沢登りの高巻のような危険を感じる。
 2P登ると傾斜がゆるくなるが、痩せ尾根を辿ると第2岩峰が出てくる。正面は支点が取れなさそうなので、左側のルンゼを登る。高度感があり、振り返ると景色が素晴らしい。この岩峰を超えると岩場は終わり。尾根伝いに「神水」の刻まれた石柱がある踏み跡を辿ると頂上に飛び出した。
 Cは秋にでも訪れようと思う。それまでのお楽しみ。

取りつき
P1000697_convert_20130414203922.jpg

第2岩峰
P1000700_convert_20130414204029.jpg

P1000702_convert_20130414204112.jpg

左のルンゼを登る。
P1000705_convert_20130414204157.jpg

高度感満点。
P1000709_convert_20130414204226.jpg

B岩稜の核心部。
P1000711_convert_20130414204302.jpg
20 : 54 : 32 | クライミング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
インドアクライミング(グラビティリサーチなんば)
2013 / 04 / 09 ( Tue )
2013年4月9日 インドアクライミング(グラビティリサーチなんば) 杉、吉、他1名

 今日は3人でクライミング練習です。ルーフ越えやボルダーっぽいのなど、バリエーション豊かなルートに取りつきました。ヘトヘトになりましたがいい汗かきましたよ!

P1000690_convert_20130409190642.jpg
19 : 10 : 42 | クライミング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
藤原岳
2013 / 04 / 04 ( Thu )
2013年3月20日(祝) 藤原岳   瀬・他1名

 朝5時に交野を出発、東名阪四日市ICで下り北上、登山口Pから登り始める。
 ボランティアの腕章をつけたおじさんと一緒になり、いろんな情報を頂く。
 節分草は2合目にひとつだけ、福寿草は9合目にたくさんあった。そこから上は残雪と泥がまじりぐちゃぐちゃ。藤原山荘でラーメンを食べ、尻もちもつかずに無事下山。靴洗い場があって助かった。
 近くの阿下喜温泉にゆっくりつかり、そこにあった梅祭りのポスターを見て農業公園の梅林に寄る。見事な梅でした。

002.jpg
18 : 40 : 31 | 雪山 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
労山主催六甲全山縦走・東コースに参加
2013 / 04 / 04 ( Thu )
2013年3月10日(日)労山主催六甲全山縦走・東コースに参加 メンバー:石、他二人

 昨年11月23日神戸主催の六甲縦走56キロ完走【須磨浦公園~宝塚】目指してあるいたけれど40キロ付近で膝痛のためリタイヤ。皆に迷惑かけちゃいました。
 でっ・・もうしんどい山は、行かないと書いたのに懲りずにまた挑戦してきた。今度は膝も痛くならないよう・・・トレーニングもほどほどに・・・完走目的で半分の30キロにて参加。
 曇りのちガスで視界不良のち大嵐のち晴れ・・・へんてこりんなお天気。今回は労山主催の六甲全山縦走【東コース・新神戸~宝塚】30キロ☆
 新神戸~布引の滝のんびりハイキング気分で登り始める。全山の分岐くらいから少しお天気怪しくなってきた。やっぱり天気予報はあたるのか・・・麻耶山到着時西の空に黒い雲発見!!いやだなあ~と思ったのもつかの間、頂上付近は風が吹き荒れ台風のような状態。吹き飛ばされそう(>_<)。昨年も雨の中の歩き・・・天候悪いのは何回あるいても疲れる~。
 今回一緒に参加してくださったヨガ先生naoさんと水彩画先生etukoさん。お二人はまだ山初心者さんですがさすがヨガされてるだけあって体力ある。一緒に行くとき運よくいつも晴れてて、雨の中歩くのが初めて&カッパを着て歩くのも初めての方々。突然の突風や濃いガスでびっくりされたり、山の中の幻想的な景色に感動されたりと山を楽しまれてました。雨の山いいですよね。
 みんなで完走でき本当によかった。新神戸7時50分~六甲最高峰13:10~ゴール塩尾寺16:37
 労山の縦走はなんだかのんびりムード。半分コースだったからかなあ~。六甲最高峰付近、あまりの寒さと突風で私達は一軒茶屋からでれず40分も休憩してしまい、全山縦走56キロの方々何人かに抜かされました。皆小走りで早い!!
 労山スタッフの方々はテント持参で待機して下さってました。(ご苦労様と思う心の余裕が今回はあるなあ)神戸主催の方は人数も多くて渋滞もしたり大変でしたが、労山は渋滞など全くなし。参加される方々もそうなのかなアットホームな感じでした。のんびりムード&マイペースお好きな方は労山お勧め【3月開催】。華やかさと激しさがお好きな方は神戸主催【11月開催】お勧めで~す。

笑顔でゴール!!の写真です。
01111.jpg
18 : 36 : 23 | 縦走 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |