百丈岩
2013 / 09 / 29 ( Sun )
2013年9月29日 百丈岩 藤、吉

 9時に道場駅集合。当初は不動岩で練習の予定だったが、混みそうなので、急きょ百丈岩にする。
 最初は東稜正面直登ハングルートを登る。取付でみるとハングはそれほど大きくなく、斜度も少し緩やかそうなので簡単に登れるかなあ、と思ったが、取りつくとなかなか手強い。A0で登った。
 次に東稜左横のチムニーを登る。出だしのクラックはキャメロットが効く。クラックを抜け左のフェースへ。最初のルートのやや右側のフェースだ。支点は結構あるが、斜度がきつく、足場も悪く難しい(僕的には)。感覚からするとⅤくらいか。
 昼飯を食べて西壁を登って練習終了とした。次回は同じルートをもう少しスムーズに登りたい。

ハングルート
P1000886_convert_20130929202657.jpg

懸垂で降りる
P1000889_convert_20130929202737.jpg

東稜左横のフェース。
P1000890_convert_20130929202820.jpg


スポンサーサイト
20 : 43 : 10 | クライミング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
社家郷山~ごろごろ岳
2013 / 09 / 29 ( Sun )
2013年9月28日 社家郷山~ごろごろ岳  吉

 特に明確な予定も立てていなかったが、朝起きて空を見上げると鮮やかな青。「あまちゃん」最終回を見て、急きょ身支度して阪急線に乗る。
 逆瀬川駅からバスで登山口へ。東側から西へ縦走する。前回奥さんときているので様子が分かっているが、展望の稜線は気持ちがいい。車道を南下し、大藪谷の登山道で奥池へ向かう。この登山道は車道からの入り口が少しわかりにくい。
 奥池から尾根を登りきるとごろごろ岳。多くのハイカーで賑わってました。以前はもっと地味な山頂だったが、明るくなり、碑もできていた。苦楽園の登山道を下山して甲陽園駅から帰阪しました。まだ日当たりは暑いが、ススキが秋を感じさせました。

甲山方向を望む
P1000883_convert_20130929063916.jpg

展望の尾根
P1000884_convert_20130929063951.jpg

ごろごろ岳山頂
P1000885_convert_20130929064020.jpg
06 : 43 : 41 | ハイキング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
焼岳
2013 / 09 / 29 ( Sun )
2013年9月14~15日  焼岳  瀬・他

 立山テント2泊を予定していたが、台風が近づいているため山小屋1泊で焼岳に行くことにした。
 交野5時半出発し、安房峠の10号カーブまで4時間ちょい新中の湯コースを登る。
 天気が崩れる前に景色が見たいなーと頑張る。噴煙が見えてきた、火口湖と硫黄の匂いの頂上に3時間で到着。穂高や笠ヶ岳・上高地が雲の切れ間から見える。
 日帰りでもOKの焼岳だが、今回はマイナーな焼岳小屋に泊まってみることにした。
 レトロな小屋で梯子で屋根裏に上がる(ザックは持って上がれない)、この日は宿泊17人のよう。
 なめこの味噌汁が異常に美味しかった。テレビもなく食後は発電機での電気が消えランプが点灯。
 静かな曲が流れとてもいい時間を過ごせた。
 20時消灯でさー寝ようと思ったが、4人くらいの男性が大いびきの大合唱で何回か目が覚めながらも5時半起床。夜中雨と風の音で早くも台風接近かと思ったが、朝にはやんでいた。
 小雨の中、大正池のほうに下る。5か所ぐらい梯子がありなかなか面白いコースだ。2時間で下山しバスで中の湯まで行って1時間歩こうかと思ったが、雨のためタクシーで車の所まで戻る。
 朝市で新鮮な野菜を仕入れ、「ひらゆの森」の温泉にゆっくりつかり、台風が来る前に無事交野に16時に到着しました。

092902.jpg

05 : 50 : 55 | 縦走 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ポンポン山
2013 / 09 / 29 ( Sun )
2013年9月12日   ポンポン山へ   メンバー:石、他2名

 先日娘と娘の彼と一緒に近場の山選んで行ってきた。初めての日本来日の彼。色々と体験したり旅したりして日本を楽しんでいる様子。ロシア語と英語と日本語ごちゃ混ぜの言葉で話すので、娘はよく理解しているなあと感心。簡単な英語なのだけれど私は全く聞き取れなくて。まあ~難しい。娘に通訳してもらいながらの交流だけど楽しかった
 初めて娘と登山、インドでは2000mの場所に住んでたとかで二人とも登山や岩場も経験していて足腰しっかりがっちり体格。いつのまにかひ弱な娘が逞しくなってる。11月まで居てるので次はもっとエキサイティングな森や山へいきましょ。

092901.jpg

05 : 46 : 49 | ハイキング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
グラビティリサーチなんば
2013 / 09 / 23 ( Mon )
2013年9月21日 グラビティリサーチなんば  とも、吉

 最近週末は狙いすましたように大雨か台風になって2度も鈴鹿の沢登が延期、今週は天気がよさそうだが、インドアクライミング練習をした。
 ともさんは最近星田でイレブンを登ったそうで、一皮むけた模様。長いルートをマスターで登りなれてるせいか今日もタフさを発揮した。
 今日は二人とも10dどまりで11は登れなかったが、ともさんは15本以上、私も20本登って充分な運動量だ。何回もトライしてどうしても登れないルートがあるのだが、無くなる前に気長に取り組もう。
 運動の後の居酒屋の一杯はうまい。
18 : 06 : 20 | クライミング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
たるみ会
2013 / 09 / 09 ( Mon )
2013年9月8日 たるみ会

 毎年この時期に会の懇親会「たるみ会」を開催しますが、早いものでもう一年経つんですね。今年はあいにくの雨で星田のクライミングは中止、歩き組は開会前に軽くハイキングをしました。
 星田のバーベキュー場で和気あいあいと山談議に花が咲きました。15時過ぎには晴れ間も見えて、河原でまったり、まだ暑いながらも空気は秋の気配です。

P1000873_convert_20130909183911.jpg

P1000874_convert_20130909183941.jpg

P1000876_convert_20130909184008.jpg
18 : 46 : 12 | ハイキング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
燕岳~常念岳
2013 / 09 / 01 ( Sun )
2013年8月7~9日 燕岳~常念岳  西、他

 「山に登ってみたい」という家人のリクエストにお答えして、北アルプスの初心者縦走コースの定番燕~常念岳に行ってみることにした。
 前日、仕事終了後に車で出発。各所の渋滞を経て深夜に安曇野に到着。翌朝、合戦尾根の登山口を6:30に出発。前日までぐずつき気味の天気だったらしいが、今日からは完全な夏空。急登に汗をかくうちに合戦小屋に到着。名物のスイカを食べた。標高が上がってくると、空気も景色も変わってくる。久々の高山帯の予感にテンションが自ずとあがる。燕山荘に11時過ぎに到着。荷物を置いてサブザックで燕岳へ。燕に登るにあたり、わざわざネットで購入したツバクローとともに記念写真を撮影。この日は燕山荘泊。
 翌朝、上天気のなか散歩道のような表銀座を槍ヶ岳を眺めながらのんびりと歩く。休憩を含めて7時間半の行程だったが、景色が良く、それほど疲れを感じない。高山植物の花は既に終盤に差し掛かっている。今年は季節の進み方が速いようだ。常念小屋泊。
 最終日、食事後に常念岳往復後、荷を背負って一ノ沢をヒエ平へ下山。この谷の道は景色に変化があり花も多く飽きない。比較的傾斜が緩いので下山路に最適。林道到着後、タクシーで車をおいていた安曇野まで行き帰阪。
 夏山の一般ルートを小屋泊まりで縦走などと言うのは久しぶりでしたが、これはこれで楽しいものです。早く着いた小屋で景色を眺めながら生ビールを呑むというのも悪くない。いろんな楽しみ方を出来るのが山の良いところです。
 それから、一時は高齢者一色だった登山者の年齢に幅が出てきたことは好ましい変化でした。子供の登山者も結構多く、強制的ではなくて自主的に山を楽しんでいるように見えました。この国にも登山文化が定着しはじめたのでしょうか。 

tsuba01.jpg
08 : 12 : 35 | 縦走 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
薬師岳
2013 / 09 / 01 ( Sun )
2013年8月2日~4日 薬師岳へ  奥、瀬、石

 8/2(金) 奥さんの車にて21:30交野出発、多賀PAに23:00着・お風呂&仮眠のはずが女子のみ満員のため、瀬、石は、車中仮眠になり身体がバキバキでロボットみたいになる。
 ほとんど寝れないまま3時出発。立山IC6:00-折立登山口7:00到着。7:20登山口出発-五光岩ベンチ10:30-太郎平小屋11:35-薬師平ケルン13:20-薬師岳山荘14:15
 8/3(土) 折立登山口1350mからは展望のない樹林帯、蒸し暑いし単調な登りが続くのだ。休憩は、1時間に1回3~5分。奥さんが気にしてくれて「まだ休まないでいける?」と何回か聞いてくれた。どうもすみません。今回はどんどん歩ける感じ・・・樹林帯ではカメラ出さずひたすら登る!
 1934mあたりからやっと展望開け広々とした草原広がる木道。行程は長いが歩きやすい。瀬や奥さんに着いていけた~!!と心の中で小さくつぶやく・・・
 このあたりから黄色いニッコウキスゲの群生やっとカメラのお出まし。コバイケソウ・キンコウカ・ウサギギク・ハクサンイチゲなどなどわからないお花もたくさん咲いている。ガスが風で動いたとき剣岳が現れた。うんうんいいねえ~
 五光岩ベンチで少し休憩して、さあ~がんばるぞっ!なかなか調子よく身体も足も動くわあ
 太郎小屋2325m到着・ラーメン食べてエネルギー補給。私達が泊まる薬師岳山荘までは、まだまだ・・・がんばれ!!
 ハイマツの尾根を下ると薬師峠到着。2294m。広いキャンプ場がある。ここからひたすら長い登り・・・ここ苦しいぞっ!ここもなんとか二人についていけた~あ~良かった!
 樹林の中の急登を行くと展望開け薬師平到着2480m。さらに登りやっと薬師岳山荘に到着2690m。
 今回皆調子よく登れ予定時間より1時間早く到着!!小屋は2010年に改装され綺麗で清潔な山荘。
 私達は早めに到着したので8人部屋の1階談話室横の個室に・・・同室だった3人パーティー70歳代方たちはお話し盛り上がり消灯までおしゃべりされていたらしい~19:00前より奥、石、早々とダウンで話し声も気にならず熟睡。お話しの内容は・・・長崎から飛行機で来ておられほとんどの3000級の山を制覇。定年から山をゆっくり楽しんでおられるとても明るいおじさま、おばさまたち。雲ノ平~水晶と縦走されるとか~うらやましいわあ~。時間と余裕と体力あれば黒部五郎岳などの縦走もいいなあ。薬師酒を買い持参の焼酎も飲みきってたのに瀬は寝れなかったらしく夕焼けみたりしてたらしい~二人して大いびきだったらしく皆さんすんません!私のほうがひどかったらしい。疲れましたもの・・・
 満員の山小屋だったので夕食は6回に分かれてのおいしい食事。夜中トイレで廊下に出た時びっくり。談話室や食事室、廊下にも寝てる人が。。。かきわけかきわけトイレへ・・・すごいわあ~。私達は個室なんでよく寝れたのだ。早く着いたごほうびね。
 8/4(日) 翌朝ご来光拝むため4:00出発。残念ながら雨・・・視界不良の中薬師岳頂上へ2926m5:00着。ご来光は見れず雨や風もあり寒く最悪の頂上。薬師岳山荘で朝食のあと少し仮眠(奥、石またまた熟睡)したのち折立まで下山。山荘でてすぐくらいだったかな?雨と風とガスの天候の中、雷鳥がひょこひょこ目の前に現れてくれた。また来るね~ありがとう~雷鳥さ~ん私はカメラが濡れるので写せなかったのが残念!
 折立登山口には1時間も早く到着。最後の30分が長く感じたけどね~。
 折立登山口には皆疲労と安心感とでぐったりの人達が一杯。ドロドロになった靴を洗い。温泉で疲れた身体をほぐし、メンバーと楽しかった山行の話で盛り上がりながら大阪まで帰る。
 私はいつも高山病に悩まされ頭痛とお付き合いなのだけれど、朝の頂上付近で疲れただけで後は大丈夫だった。2週間前に御嶽に行ったのがよかったのかも・・・帰ってから全く筋肉痛もなかったのは助かった。
 奥さん車の用意や運転ありがとう~。瀬もありがとう~。吉mさん今回用事でいけなくて残念でした、次の山行いきましょうね~
 よい仲間との山は本間に楽しい!!   

yaku01.jpg

yaku02.jpg

yaku03.jpg
08 : 09 : 37 | 縦走 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |