峰山 小田原川  掛ヶ谷
2014 / 08 / 24 ( Sun )
2014年8月24日  峰山 小田原川  掛ヶ谷  西、吉

 今夏は非常に雨が多い。今日も不安定な天気だが、取付点の確認だけしとこう、ということで寺前へ向かう。
 須磨駅で西さんにピックしてもらい、10時過ぎにJR播但線寺前駅近くの宮野地区に到着。墓地駐車場で雨が降ってくる。やはり沢は水量が多い。殆ど進まなかったが、取付は解ったので、また条件のいい時に来るとしよう。
 時間が早いので、近隣の福崎町の民俗学者柳田國男記念館と七種大滝に寄る。雨の影響で大滝は凄い迫力だ。北ア「称名滝」のミニ版という感じ(直接見たことないが・・・)。普段のように水量が乏しいとパッとしないが、今日は立派。写真ではよく分からないが、神々しく感じられた。
 播州地域は風土、歴史、自然、なかなか魅力的である。

取付の駐車場
P1010176_convert_20140824171510.jpg

七種大滝
P1010177_convert_20140824171536.jpg



スポンサーサイト
17 : 21 : 27 | 沢登 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
木曽駒ヶ岳
2014 / 08 / 23 ( Sat )
2014年8月2日~3日 木曽駒ヶ岳  メンバー:瀬、石、吉m

 8/2 、恒例(高齢?)の女子山行。いつものように近鉄大久保で拾ってもらって高速へ。途中、前の車のハシゴが落下するも、瀬の華麗な運転テクニックで無事回避。9:50駒ヶ根IC出てすぐ菅の台駐車場に到着。30分バスにゆられてしらび平へ。ロープウェイで千畳敷11:00着。雲が多いが目の前のカールをしばし鑑賞。
 カールを登り始めてすぐ吉m体調不良(前日飲み過ぎ)でバテバテ。二人に荷物を取り替えてもらって何とか13:50宝剣山荘到着。荷物を置いて宝剣往復。ガスが多いが頂上からの眺望もGood!
 14:00中岳頂上。パラパラしだした。14:25頂上山荘テント場着。小屋で受付をしている間に雨が降り出し、雨宿り。すぐ止みテント設営。ポールのゴムが伸びきりなかなかポールがつながらない。何とか設営し、16時前、早々にテント前で食事の準備。石手作り肉団子キノコたっぷり鍋に舌鼓。うどんで締める。が、まだ明るい。天気もよいので駒ヶ岳頂上を目指すことに。富士山が見える。御嶽山が夕日に染まっている。18:40頂上。19:30テント場に戻り、まだ明るくお茶を一服。夕闇にテントの明かりがきれい。20:00過ぎテントの中へ。
 8/3 4:00前、テント場はざわつきだした。4:20、朝焼けがきれい。テントを出て鑑賞、シャッターチャンスを待つ。4:55、御来光。昨日頂上まで行ったので、又テントに入り小一時間ひと眠りし、朝食後7:45テント場出発。帰りはまき道を通って8:23宝剣山荘着。千畳敷を登ってくる人とのすれ違い待ちでゆっくり下る。9:14、ロープウェイ駅着。11:20しらび平発。11:30、バス停近くの温泉で汗を流し、ソースカツ丼で昼食。12:50、駒ヶ根インター発、帰路へ。16:30近鉄大久保着。お天気もよく今回も楽しい女子山行でした。瀬島、いつも安全、安心な運転ありがとう。石、鍋おいしかったです。体調不良でスミマセンでした。
 久しぶりに個人テントではなく、一つのテントでの山行。3人で5人用テント快適でした。ただポールのゴムも伸びきっており、最新の軽くて設営しやすいのを購入することを提案します。

kiso03.jpg

kiso02.jpg

kiso01.jpg




19 : 11 : 36 | 縦走 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
白馬岳・清水岳 
2014 / 08 / 23 ( Sat )
2014年7月23日~25日  白馬岳・清水岳     西+1

 別の企てがあったが頓挫したため家人2人で山に行くことにした。家人にとっては昨年夏に続き2度目に北アルプスだ。車を八方において猿倉までタクシー。大雪渓ルートで登り、白馬山荘に連泊して白馬岳の西側の稜線上にある清水岳往復。3日目に栂池方面に下った。梅雨明けピッタリのはずが、前線が北陸付近に停滞していたので山上では結構な荒天。3日目の白馬岳山頂付近のみ時々晴れ間が見えた。白馬から白馬大池への道は、地形、地質や植生が次々と変化して楽しい。この道をゆっくり堪能できただけでもOKとしよう。
19 : 06 : 08 | 縦走 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
花と緑に包まれる白山へ
2014 / 08 / 23 ( Sat )
2014年7月12日~13日 花と緑に包まれる白山へ    瀬、吉m、石

 山麓から中腹にかけてブナの原生林があり、山頂付近には色とりどりの花を咲かせる高山植物の宝庫である白山は、最近若い人たちにもとても人気の山だ。私は7年ほど前に一度行っている。その時は紅葉時期で、キャンパスに絵の具をのせたような色彩で素晴らしい!と感動したのを覚えている。夏の花時期も良いと聞いていたので、とても楽しみにしていた山である。
 瀬の車で吉mさんを宇治6:30ピックアップして市ノ瀬バス停まで!
 そこから別当出合いまで30分に一回のバスで移動。登山口10:50。梅雨の晴れ間か?お天気上々!!少し暑いが時々吹く風が気持ちいい。
 中飯場11:30。甚の助小屋13:00。荷物も軽くのはずが・・・(小屋泊なのに吉mさんのザックがなぜかでかい???)。瀬がテンポ良く歩くのでそれにつられ頑張って歩けたような。お花も種類が多く登っていて楽しくなる。
 以前はボロボロの甚の助小屋も今は改装され、素敵な小屋に変身していた。登山道も整備され歩きやすい!さすが人気の山である。若いファミリーも多く3歳子連れのかっちょいいパパさん。テント泊荷担ぎ頑張ってた!まだまだ先は長いぞ!
 黒ボコ岩ー室堂平15:00。予定より早めに到着。夕飯までのんびり散策。小屋近くに少しだけどクロユリが咲いていた。クロユリの姿は気品を感じる。そのように写真に納まったかしら。
 室堂の小屋はとても清潔。女子と男子分けてくれてるのは助かる。食堂も大きく食事も◎。吉m、石は疲れたので早めに就寝。瀬は一人で散策してヒバリと夕焼けの良いショット納めたようだ!
 室堂平出発4:00。白山頂上4:45。残念ながらご来光拝めず残念。これからも無事に山行できる事祈り神秘的なお池をゆっくり巡る。
 室堂7:45。下山途中パラパラ雨が降ってきた。甚の助小屋9:00。雨きつくなり足元気をつけながら下山。別当出合10:40。市ノ瀬11:15。帰りは白山温泉で汗を流し無事に帰宅。
 瀬さん、毎回の運転ありがとう!次の山も楽しみだ!

hakusan02.jpg

hakusan03.jpg

 hakusan01.jpg

19 : 04 : 47 | 縦走 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
roca
2014 / 08 / 15 ( Fri )
2014年8月14日   roca    吉

 仕事等の都合でまとまった休みにならず、遠出ができませんが、本日は午後からお盆休みをもらってボルダージムのrocaに伺いました。私以外にも数人のお客さんがとりついていました。
 蒸し暑い日で、一本登っても汗が噴き出ます。どうしても登れない課題があって(でも4級だけどね・・・ ('A`) )、他のお客さんから「このホールド確かに悪いすよね、こんな風に体ふると、とまりますよ」と親切に教えていただく。(でもできへん・・・)
 気分を変えて、以前できなかった他の課題はあっさりできてガッツポーズ。今までボルダーはあまりしなかったが、はまりそうである。

【新生「岳人」】
 今月号からモンベルが「岳人」の発行を行うことになりました。早速読みましたが、思いのほか硬派な内容で少しびっくりしました。登山用品製造販売の企業なので、既存事業と出版事業のシナジーを勘案して、一番多いと想定される登山者層の市場に向けた本かなと思いましたが、かなりアルパインクライミング専門誌という感じです。
 シンプルかつ上品なデザイン、「山の文藝春秋」というコンセプトは好感持てます。応援しています。



07 : 00 : 15 | クライミング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
レベルテン
2014 / 08 / 02 ( Sat )
2014年8月2日    レベルテン   吉

 久しぶりにレベルテンにお伺いした。午前中は土曜日によくご一緒するHさんと練習する。今日は体の振りを意識して、丁寧に登ることを心がける。最低でも完登しておきたいと思ったルートはなんとか登れたので、一定の成果あり(と思う)。ボルダーも面白いけど、ロープクライミングも完登した際に達成感があるな。
 店長御夫妻が、先日剱岳登山に行かれたので、その時の写真と、お話で昼食を楽しむ。素晴らしい天気と満開の高山植物、北アルプスの雄大な自然は素晴らしい。剱岳はもう10年以上前、春山の小窓尾根以来訪れていない。あの頂上の木製の祠は今はもうないそうだ・・・。時間の流れを感じる。
 
18 : 16 : 05 | クライミング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |