石鎚山
2014 / 09 / 29 ( Mon )
2014年9月20日、21日  石鎚山   吉m、瀬、とも、石、他1名

 西日本最高峰、四国の石鎚山へ行って来た。山岳修行のような鎖場もあるので是非ともトライしてみたい。とても楽しみだ。
 星田にて合流7:00出発。近畿道‐中国縦貫‐山陽道‐高松道‐松山道‐いよ西条IC11:10。酔いそうな細い山道瓶ヶ森をぬけて土小屋着12:40。少し渋滞あったが瀬島の軽やかな運転で遅れを取り戻した。土小屋出発13:06。
 曇り空で少し涼しい。シャツ一枚で歩ける。今回晴れ女が三人もいる。雨は、大丈夫でしょう。
 土小屋からのルートは、尾根歩きが多くなだらかで歩きやすい山道である。二の鎖65m、三の鎖68mがあるが巻き道もあるので無理ならそちらへ。
 石鎚神社成就社からのルートと【試し鎖、一の鎖33mあり】二の鎖小屋で合流する。15:00着。二の鎖皆でトライ。湿った岩場は、滑りやすそうだが足場沢山ありでかい鎖が二本垂らしてある。20mくらいまでは、三点確保で慎重に登る。二ヵ所ほど登りにくい箇所があり、岩場に慣れてない人には少し怖かったようだ。
 30m付近で降りたいと言い出したが、気合い入れ直しファイト一発、登り切った。とても良い笑顔だったな。
 次は見てから決めようかと三の鎖見たら絶壁。二本の鎖が掛けてあり、安全だと思うがまわりに木々がなく高度感がある。クライミングしているともだけ三の鎖にトライ。綺麗な登り方で見とれてしまう!あっと言うまに見えなくなった。
 私たちも巻き道にて頂上へ。石鎚山頂上山荘16:00。天狗岳が空に向かって付きだしている様は、船の船首のようだ。
 夕飯後のおしゃべりも楽しくストレスなんか吹っ飛ぶね。
 お初の瀬戸大橋四国入り。オレンジ色の夕焼けも、四国の夜景も、デンジャラスな鎖場も、そして霊峰のご来光も拝めた贅沢な山行だった。
 頂上山荘8:00‐土小屋9:36。星田18:30。瀬のロングな安全運転本当にありがとうございました。

ishi01.jpg

ishi02.jpg


スポンサーサイト
07 : 13 : 57 | 縦走 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ホワイトフェース
2014 / 09 / 24 ( Wed )
2014年9月23日    ホワイトフェース     藤、吉

 先日遠望したホワイトフェースを訪れた。階段状のゲートロックを上がり、頂上に着く。展望がよい。登山者が数珠繋がりの中央稜が良く見える。少し下りてホワイトフェース。名の通り白い岩だ。もっとさびれた感じかと思ったが、なかなか立派。中央を上がる。支点もまめにあり、ここはアップにちょうどいい。次にA1ルートを上がる。幾つかラインがとれるが、我々が登ったところは支点が乏しく、意外と難しかった。アプローチもいいし、アブミも練習できる、いい岩場だ。
 ゲートロックでお会いしてソロで練習されていた方にいろいろ教えていただく。最後に地獄谷途中A懸手前の岩場に御案内していただいた。ありがとうございました。一部下部は崩壊していたが、他はしっかりしていて、高さも30mぐらいある。今までなぜか気がつかなかったなあ。今度是非練習に来よう。(後で調べたら「ロックフェンス」という岩場のようです。)

ゲートロック
P1010194_convert_20140924052958.jpg

ホワイトフェース中央
P1010198_convert_20140924053028.jpg

A1ルート
P1010212_convert_20140924053059.jpg

ロックフェンス
P1010214_convert_20140924053127.jpg
05 : 45 : 30 | クライミング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
六甲ロックガーデン
2014 / 09 / 15 ( Mon )
2014年9月15日  六甲ロックガーデン     吉

 昨日も半日ほどフリークライミングの練習をして、少々体が重い。しかし、今日は3連休の最終日、私なりに以下の3つの目的があって、中年の身体に鞭打って阪急電車に乗り込んだ。
 ①ゲートロック、A懸の現状確認。②万物相から神戸市街地を望んでの昼食。③茶店で軽くひっかける。
 さすがに今日ではまだアイゼン練習の人はいない。地獄谷からガレ場を登ってゲートロック基部に行く。右壁は崩落の影響か、支点類はない。左壁は比較的堅個で、ハンガーボルト、ハーケンなどしっかりした支点がある。ただ、惜しむらくは傾斜が緩いガバなので、アイゼン練習の岩場か。(下山時にゲートロック頂上部に1パーティーと、右上のホワイトロックでソロで練習している方が確認できた。現役の岩場だな。)落石のないように慎重に谷に戻る。
 そのまま谷を遡行し、A懸に着く。阪神地域の山屋さんにはおなじみの岩場だろう。中央部は比較的しっかりしているが、総じて脆い。左カンテを上がってみるが、ぼろぼろ砂地が落ちる。運動靴であれば登るのは容易だが、以前アイゼンで上がった際は、支点が下部一つしかなくやや緊張した。今日改めて確認したら、ナッツ類はセットできそうもない。これ以上風化しなければいいが、私含めて皆がアイゼンで練習するからなあ・・・・・・
 万物相は砂地で普通の靴では滑りやすい。暑いのは承知の上だが、海を眺めながらさしてうまくもないコンビニ弁当を食べる。ここも脆いので、いずれ風雨にさらされ、残念だがそのうち形相が変わるかな。
 下山して茶屋で少しお酒を飲む。ここには私が学生、社会人の若葉マークの時に、お茶の水・神田でよく買い求めた山岳書籍が並んでいる。ノスタルジーに浸りたかった。瓶ビール1、芋焼酎水割1、おでん少々を賞味し、ほろ酔いで帰宅した。

ゲートロック。よく効いているが、強い荷重がかかると、岩が剥離しないかな。
P1010188_convert_20140915155817_convert_20140915155845.jpg

A懸上部から。
P1010191_convert_20140915160056.jpg

万物相より神戸市街地。
P1010193_convert_20140915155920.jpg
16 : 01 : 53 | ハイキング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
砥峰高原
2014 / 09 / 14 ( Sun )
2014年9月13日  砥峰高原    西、吉

 砥峰高原は播但線寺前駅あたりから看板に従い、ぐんぐん車で上がっていくと割と手軽にアプローチできる。9月に入りようやく晴天が続くようになり、少し気温も下がって秋めいてきた。道路脇の田んぼは稲刈りが始まり、彼岸花が咲き始めている。空気も秋を感じさせる。
 砥峰高原は一面のススキ。山焼をして雑木が生えないようにしてススキの高原を維持しているそうだ。大河ドラマ「平清盛」や映画「ノルウェーの森」のロケも行われた場所。標高も1000mぐらいなので、冬はスノートレッキングも楽しめそうだ。
 自然交流館を起点にぐるっと散策できる。私の郷里の秋吉カルスト台地に少し似ているが、カルスト台地のような白い巨岩やドリーネはない。
 今日は仏岩、黒岩の滝方面には行ってないが、雪のある時期に訪れてみたい。

P1010182_convert_20140914081936.jpg

P1010184_convert_20140914082017.jpg
  
08 : 34 : 36 | ハイキング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
グラビティリサーチなんば 
2014 / 09 / 09 ( Tue )
2014年9月8日 グラビティリサーチなんば  筒、吉

 グラビティリサーチはすごく久しぶり、筒さんもロープクライミングは御無沙汰。今日はレディースデイということで練習をする。
 仕事が終わってジムに集合。少し早く着いた僕はボルダーに軽く取りつく。最近ボルダーでの練習もしているので、少し積極的。ボルダーエリアも広いし、難度もバランスよく調整されているので練習になる。1Fの以前リードエリアだったところも一部ボルダーエリアになり、ハイボルダーが楽しめる。
 肝心のロープクライミングは、というと、思ったほどボルダー練習の成果が出なくて少しがっかり、筒さんは久しぶりの割には現状維持で及第点。
 汗かいて楽しかったよー。
17 : 57 : 20 | クライミング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
たるみ会2014
2014 / 09 / 09 ( Tue )
2014年9月7日 たるみ会2014 

 毎年この時期開催の「たるみ会」です。昨年同様星田のバーべキュー場で懇親会をしました。今夏は異常なほどの雨天続きですが、この日はようやく晴れ、強い日差しが照りつけて暑いです。
 皆、お酒を飲みながら山談議に花を咲かせました。(でも昼間からお酒を飲むと、酔いのまわりが早く感じて、いつもよりだるいですね。)
 これから涼しくなってハイキングのふさわしい時期です。今度はどこに行こう、と胸ふくらませました。

P1010180_convert_20140909173428.jpg
 
17 : 44 : 21 | ハイキング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |