CLARICA、HIGURASHI  
2014 / 10 / 05 ( Sun )
2014年10月3,5日  CLARICA、HIGURASHI  吉

 最近自分なりに熱心にボルダーに取り組んでいる(つもりだが、さして上達はしていない)が、面白い。きっかけは先般NHKで放映された、冒険家で沢登のエキスパートである成瀬陽一氏のドキュメンタリー。称名滝に挑む練習の中で、平日夜にインドアのボルダーをされておられるシーンがあり、やはりボルダーは山全般の活動においても強くする一つの有効な方法だな、と思った。以前トッド・スキナー著『頂上の彼方へ』(2004 NHK出版)を読んだ時も、氏がカラコルム・トランゴタワーを目指す過程で、ひたすらボルダー練習をする様が描かれていた。御二方の100万分の1にも及ばないが、上記の記憶もあって取り組んでいる。
 自分は4級ぐらいがちょうど面白い。登れたら嬉しいし、出来なかったら研究しよう、というモチベーションも上がる。3級は数本ほど「まぐれ」的なので、長期的目標。
 ボルダーは仮設・検証とPDCAサイクルを迅速に回すことができるので、短時間でいろいろなことが学べると思う。今日できなかったことをビールでも飲みながらゆっくり対策を考えて、次回トライしよう。
スポンサーサイト
20 : 01 : 23 | クライミング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |