烏ケ山
2017 / 03 / 20 ( Mon )
2017年3月19日~20日  烏ケ山  西、吉

 久しぶりに雪の伯耆大山山系を訪れた。西さんの車で西宮を出発し、鏡ケ成で幕営。鍋がうまかった。
 4時起床。準備をして出発。積雪が豊富なので、雪面が固い早い時間のうちに済ませたい。
 トレースを進んで、南東側の稜線と北東側の稜線のどちらにするか迷い、距離的に近い南東側の稜線に出る。この稜線は間もなくトレースがないが、理由が分かった。シュルンドのようなひび割れが多くあり、痩せ尾根が結構やばい。ロープを出して慎重に進む。
 つるべで西さんが南峰に到着し、本峰を見上げる。これ登れるの??と思うぐらい切り立っている。しかし、近付くと傾斜がさほどでなく、じっくり登り登頂。天気も良く大山の東壁が素晴らしい。帰りは慎重に本峰を降りて北東尾根側から下山した。
 普段天気の悪い大山山系も、3月になると安定するかな、また行きましょう。(ちなみに最近の車は電波のボタンでエンジンがかかりますが、アバランチのスイッチをオフにしてください。我々もなんでエンジンかからへんの??と結構悩みましたが、アバランチのスイッチの影響だったようです・・・。)

P3200101_convert_20170320180604.jpg

このピッチが一番怖かった
P3200103_convert_20170320180646.jpg

切り立った本峰
P3200104_convert_20170320180723.jpg

頂上
P3200105_convert_20170320180847.jpg

大山東壁
P3200107_convert_20170320181005.jpg

烏ケ山北壁  雪屁を踏みぬくとちょーヤバイ
P3200109_convert_20170320181034.jpg

スポンサーサイト
18 : 24 : 42 | クライミング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
技術講習会
2017 / 03 / 13 ( Mon )
2017年3月12日  技術講習会  吉

 今日は神戸の登山研修所で大阪府岳連の技術研修会があった。テーマはフリクションヒッチと懸垂下降時のロープ結び目の通過。フリクションヒッチは様々な方法があるが、制動がかかり、かつ滑らないといけないので、ロープとの相性など結構難しい。結び目通過はこのフリクションヒッチがしっかりしているかがポイント。試行錯誤しながら私はセットが比較的スピーディーなオートブロックでやろうと結論。ただ、スリングを別のものにする必要性など、メモにとった改善点多々あり。今後に活かそう。
 研修終了後は皆様と一杯飲んで楽しかったです。ありがとうございました。

P3120095_convert_20170313195047.jpg


19 : 54 : 57 | 講習会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
雪彦山
2017 / 03 / 13 ( Mon )
2017年2月18~19日 雪彦山  藤・西

 例年なら年度末3ヶ月は休み無しが普通だが、今年は前倒しで年度末の繁忙状態が10月位から続いていたので、そろそろ収束に向かいつつある。藤さんがのんびりキャンプを楽しみつつ雪彦山でも見に行かないかと誘ってくれたので、先週に続き山に行くことにした。
 西宮北口9時集合。藤家の車で出発。買い物などしつつ雪彦山の南側登山口に昼前に到着。今日は通常の登山道で頂上まで行こうと言うことで、小雨が降る中を13時過ぎに出発した。
 登山道は尾根を辿るのだが、しばらくは植林の中でつまらない。30分ほどで展望岩に到着。雨は止んでいたが、地蔵岳が見えるも白く霞む。このあたりからは岩稜上となり、次第に修験道の行場らしい岩がちな景色となる。さらに30分位行くと、巨大な岩塊が出現。出雲岩だ。下部が思い切りハングしていて、古い人工登攀用のピンが点々と残されている。岩稜上の登山道は巨岩の隙間を抜けたり鎖場があったりとアスレチックな道で変化に富んで楽しい。15時前頃に大天井岳到着。稜線をもう少し北上したところから東へ折れて地蔵岳方面の急斜面を下山したが、稜線を外れて東向き斜面に入ったとたんに大量の積雪。たまに不明瞭な踏跡(雪の凹み)があるくらいでルートが不明瞭だし、雪で埋まった岩の間隙に嵌まりそうで下りづらい。地蔵岳北側をすり抜けて地蔵沢あたりまで下ってくると地蔵岳の偉容が間近に望めた。
 以降、地蔵沢沿いの登山道を下るが、周辺のケヤキ林が中々良い。春頃に来たら色々花が咲いてそうな気がする。
 登山口に16:30頃に下山。キャンプ場が冬季閉鎖状態なので駐車場にテントを張って、鍋で一杯。酔っ払って寝てしまう。

 翌朝、6時過ぎに起床して、ゆるゆると朝食。テントをたたんでから、三峰と地蔵の岩場見学へと8時頃出発。アプローチの谷には雪が多いので、足元は冬用装備。地蔵岳東稜に取り付いてみて、アイゼンで登れるところまで登って帰ろうということにした。
 取り付きまでは沢沿いを行く。私の勘違いもあって、地蔵沢と不行沢の分岐あたりで迷ってウロウロした。地蔵沢左岸に合流する意外と細い不行沢を遡れば、三峰に辿り着つきます。お間違いなく。
 三峰の下部はハングしていて、下には崩れ落ちた岩が堆積している。岩の表面はフレッシュな崩壊面で硬くてギザギザしている。岩場とは言え樹林に接しており、風通しも陽あたりも良くない。暖かい時期に来たら、身の毛もよだつヒルたちが集団で我々を狙うことだろう。
 しばし見学後(全く歯が立ちそうもない)、往路を少し戻ってから不行沢の登りづらいチョックストンの越えて地蔵岳東稜の取り付きに至る。
 東稜のとりつきの岩場は、三峰と比べて開放的で気分が良い。岩質はほとんど百丈岩。やや赤っぽい流紋岩質の溶岩で、穴ぼこや空洞があちこちにある。アイゼンを付けて、まず私がリード。久しぶりでビビる。フォローで藤さんが登り出すが、アイゼンを付けたときに登山靴の靴底が剥がれてしまう。登攀途中でアイゼンを外し、壊れた登山靴のまま登って来た。次に藤井さんがリードで登る。2ピッチ目の登りだしは傾斜が緩く、少し登ったあたりに懸垂に使えそうな支点がいくつかあったので、そこから懸垂で下るものと思っていたが・・、ここからが藤さんの真骨頂。傾斜がキツくなる地点まで達しても、逡巡しながら壊れた登山靴でゆるゆると登っていく。より傾斜が厳しくなった乗り越しのところではかなり時間をかけていた。フォローで登ってみると、乗り越し箇所は石英斑岩の層で穴も出っ張りもなく支点もない硬いつるつる岩。良くここをあの靴で越えたなーと感心しました。アイゼンもガリガリと滑る。
 このピッチですっかり疲れてしまったので、ここから懸垂で下り、登山道より下山した。
 中々面白い山ですね。ヒルさえいなければ・・。ヒルがおとなしい早春か晩秋にまた来ましょう。

雪彦2
雪彦1

19 : 37 : 53 | クライミング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |