FC2ブログ
南八ヶ岳(横岳~硫黄岳)、他
2017 / 10 / 15 ( Sun )
2017年10月7~9日 南八ヶ岳(横岳~硫黄岳) 吉m・瀬・外2人

 9月の連休は台風で動けず、今回こそは!と都合の合う女4人で八ヶ岳を目指す。
 6時半に交野を出発、近鉄大久保でヨッシーを拾い、諏訪湖SAで昭和の香り漂うスワンボートを眺めながら早めの昼食。美濃戸口から荒れた林道をマーチ君の腹を2度ほどこすりながら赤岳山荘のPに駐車し北沢登山道を歩き始める。久しぶりの重めザックと登りの苦手な高橋はゼーゼーだったが、スギゴケやトリカブト清流に癒されながら2時間で赤岳鉱泉に到着。林の中にテントを設営し16時から分担した材料とアルコールでいつもの鍋宴会。
 夜中雨も降ってたけど朝起きると快晴で、6時に出発行者小屋を経て地蔵の頭に8時に到着。目の前に5年前に登った赤岳がカッコよくそびえ、遠くに富士山や槍穂高・御嶽など360°の展望、風もなく絶好の山日和だ。アルプスデビューの綾ちゃんは絶景に感動しっぱなし、横岳はハシゴや鎖の登り降りで、苦手の岩場に苦戦しつつもかなりハマっていた。
 なだらかな硫黄岳の小屋で昼食、最近の山小屋は水洗トイレに暖房便座と山ガール仕様になってきたな。壮大な爆裂火口をながめて、広い頂上でコーヒーチョコタイムを楽しみ、赤岳鉱泉に14:00に帰りつく。¥800の生ビールめっちゃうまかったー!
 本日は乾燥ものパスタと日清焼そば&焼酎ワインチューハイ、高度と疲れでまたもや早めの就寝。昨日の朝なぜか私の時計がワールドタイムになっており、皆を3時におこしてしまったので、今日はしっかり確認し6時までゆっくり寝た。
 残りのおにぎりを雑炊にして7時すぎに出発、もう少し休みがあれば今日も登りたいお天気だ。つるつるの「もみの湯♨」につかりマッサージ機でくつろいで再び諏訪湖SAでがっつり昼食。早めに出たので渋滞もそんなにひどくなく、17時半には交野に到着、天気に恵まれ安上がりで行けた八ヶ岳でした。

※番外:2017年10月8日 地獄谷  藤、伊、吉  

生ビールうまそうですね、もう一班は地獄谷でアイゼン練習しました。暑くて、茶屋の瓶ビールもうまいです。

20171014130428.jpg

DSC_1306.jpg

DSC_1322 (1)

CIMG3569_1024.jpg

20171014130706 (1)
スポンサーサイト
06 : 02 : 06 | 縦走 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
比良・猪谷
2017 / 10 / 02 ( Mon )
2017年9月10日 比良・猪谷 沢登り  藤・筒・西

 阪急茨木市駅に7:30集合。藤家の車で出発。坊村の少し北にある猪谷林道を少し入ったあたりに車を止めて9:30出発。上流に向かって林道を行くが、道はすぐに無くなって、なし崩し的に入渓。倒木を越え、砂防堰堤を越えて、ようやく綺麗な谷に変わってきた。
 谷はすぐに廊下のような狭いゴルジュとなる。このようなゴルジュが3連続で出現するのが猪谷のウリだ。ゴルジュ内には小さな滝が次々と現れ、このほとんどが直登可能。今回は、マメにロープを出してクリアして行く。今日は明らかに水量が多い。横筋が入った変成岩?が多いので大きなホールドが結構あるのだが、水流の下に隠れていて中々使えないし、使えたとしてもシャワークライムを強いられることになる。ゴルジュは狭いので滝壺は泳いで突破するしか無いところもあり、とにかく全身びしょ濡れ。天気は良いのだが、もう9月。かなり寒いぞ。真夏に来たら爽快だろうな。
 ゴルジュを終えると平流となり、分岐を左へ左へ行くと、滋賀県の造林公社が造った作業道に行き着いた。14:00。これを北西へ向かえば横谷の舗装道路に辿り着く。下山路は緩やかで歩きやすかった。駐車場所に16:00到着。
 谷の規模は小さいが、登れる滝が多く、周囲の落葉樹林も美しく気分が良い。アクセスも良く、下山路も歩きやすい。なぜ今まで行ったことが無かったんだろう?と思ってしまう良い谷でした。ただし、横谷まで下ってきたところで、藤さんがヤマビル被害に遭っていたことが判明してしまった。チョットこれはいただけない。
 今回は、久しぶりの筒さん沢参加。「初心者の沢」企画が頓挫しただけに参加してもらえて大変嬉しいです。前週のたるみ会で不安がる筒さんに、猪谷に行ったこと無いのに「だーい丈夫!」などと軽く答えていたけど、結構苦労しましたね。これに懲りずにまた行きましょう。                             

ino.png

ino2.png
06 : 16 : 48 | 沢登 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |