FC2ブログ

大峰八経ヶ岳  

2017年12月23,24日 大峰八経ヶ岳 西、吉

 近畿地方最高峰の八経ヶ岳、昔一度訪れたが、積雪期は初めて。どんな様子だろう。
 近鉄下市口駅からバスで天川川合、身支度してゆっくり登り始める。荷物が重く、樹林帯の登りはきつい。2ピッチで栃尾辻。ここから積雪が増してくる。最初はあまり深く考えていなかったが、コースタイムより大部時間がかかっている。まだつかねえのかよ、もう疲れた、と思っていると二股になって一気に下りようやく狼平。弥山小屋まで行く予定だったが、もう16:15なのでここで泊まることにした。避難小屋はきれいで立派である。しかも我々の貸し切りでゆっくりできた。
 翌日は5:10発。トレースをたどると弥山小屋。かなり大きく、いったい何人宿泊できるのだろう。7時前に八経ヶ岳頂上に到着した。西日本なのでやや日の出が遅かったのも幸いして素晴らしいご来光を拝めた。天気予報では今一つだったが、ラッキーである。
 帰りは12:40のバスに乗るぞー!と疲れた体に鞭打ってぶっ飛ばした。天川川合のバス停に12:15到着。早く家に帰れるぞ、と思ったらこの時期には走ってなく、3時間後までバスはないとのこと。。。。。。
 近くの定食屋で高校駅伝を見ながら時間を過ごした。今回はラッキー、アンラッキーなことが入り混じった、静寂の雪山歩きが出来た。

稲村ヶ岳
PC230257.jpg

八経ヶ岳山頂
PC240264.jpg

ご来光
PC240267.jpg

弥山頂上
PC240269.jpg

八経ヶ岳を振り返る。
PC240271.jpg



スポンサーサイト

百丈岩アイゼントレ 

2017年12月17日 百丈岩アイゼントレ  

 今日は岳連講習のお手伝いで百丈岩に訪れた。下部岩壁には最近評判になってた巨大なハチの巣があった。もう引っ越し済みと思うが、秋は恐ろしかったろう。
 ここのアイゼン岩登りは久しぶりでなんかぎこちない。岩が固く、逆層のところもあるので蓬莱と様子が違うぞい。夕方終了後、結構疲れた。。。

PC170241.jpg

PC170242.jpg

PC170243.jpg


六甲・西滝ヶ谷  

2017年12月9日  六甲・西滝ヶ谷      西

 ふと気づくと2ヶ月休んでいなかった。体はガッタガタな感じやし、とりあえず山に行こうと思い立ったが、朝起きると我が家から見える六甲山は真っ白け。今シーズン初冠雪だ。
 岡本駅を8時半出発。打越峠を越えて住吉道から西滝ヶ谷に入る。踏跡が不明瞭で赤布も少ないので行きつ戻りつ道を探しながら進む。水晶大滝に達したあたりでは、足元は雪で白く元々不明瞭な踏跡も判らなくなっていた。通常ルートでは水晶大滝を巻いて遡行すべきところを、右側の谷の堰堤に登りやすいホッチキスを発見したので釣られて右側の谷に入ったのが運の尽き。もとより人が入らない谷でルートを外れると酷いもんです。引き返せば良いものを強引に突っ込んで、茨の深い藪とその上に着いた雪のせいで全身傷だらけでびしょ濡れのドロドロになってしまった。散々藪漕ぎをした後、諦めて無理矢理尾根に向かって直登。寒さと運動不足で足がつって大変だった。極楽茶屋14:30。夕方に所用があったのでバス・ケーブルを使って下山した。あーしんど。             

虚空蔵山 

2017年11月23日(木) 虚空蔵山     参加 瀬・なな・吉m・他二人

 JR藍本駅9時半着、駅で降りたのは我々と、同じ方向に向かいそうな女性二名。静かな里山を、ゆっくり歩き初める。山々の紅葉 綺麗❗ 30分ほどで、立派な道標のある登山口に着き、自然林の中をゆっくり登り初める。
 30分ほどで 急な石段の上の虚空蔵寺着。小休止し、ここから、急登が続き、息がきれるが、30分くらいで、立杭の分岐点着、陶の郷自然歩道を下り、陶の郷で大休止、多くの窯元の、手頃な渋い作品があり、又ゆっくり来たい所❗
 再び 分岐点まで登り、丹波石から頂上へ。せまいが、丹波の山々が望め眺めの良い所❗  13時 下山開始、道標も少なく、ガイドブックを何回も確認しながら、落ち葉で滑りやすく、急な斜面を何とか脱出、14時50分 JR草野駅着。
 帰りの電車は皆 眠りこけ、いつものように、京橋駅で、盛り上がりました。  

koku.png

koku02.png

社家郷山~大谷乗越~宝塚 

2017年12月2日  社家郷山~大谷乗越~宝塚  吉、他

 当初予定と変更して、六甲北東部の山域を歩いた。社家郷山は訪れる人が少ないものの、道も整備されていて、展望のいい穴場的な山だ。逆瀬川駅から宝塚西高までバスも結構あり、アプローチも便利。
 キレット峰手前の展望場所から北面を眺めると、険しい岩場と痩せ尾根がよく見える。ダイレクトにキレット峰に突き上げる痩せ尾根は踏み跡も見えるが、途中まで北の谷筋を詰め、岩場を上がって尾根に出るのも面白いだろう。他にもバリエーションルートが取れるかもしれない、今度ぜひ偵察しよう。
 大谷乗越から静かな尾根道を下って宝塚駅に着いた。紅葉が美しかった。

PC020235.jpg

PC020239.jpg

PC020240.jpg
| HOME |

calendar

S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
11« 2017/12 »01

プロフィール

大阪同窓山岳会

Author:大阪同窓山岳会
大阪府山岳連盟所属の大阪同窓山岳会です。会員数14名の小さな会ですが、ハイキング、クライミング、沢、縦走、雪山と年間を通じて楽しんでます。集会は月1回梅田で行っています。会活動に興味のある方は、メニュー欄のカテゴリ「about us」を御参照ください。連絡先:dososangaku@gmail.com  です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR
PageTop▲