妙号岩
2013 / 06 / 08 ( Sat )
2013年6月8日 妙号岩  西、吉

 梅雨入りしたものの少雨で夏場の水不足が心配されるが、今日も晴天の予報なので岩登りに来た。妙号岩は過去偵察がてら何度か来たが、あまり詳しく知らない。今日はゆっくり登ろう。
 ここは鈴蘭台駅から徒歩30分、道路脇からすぐなのでアプローチがよい。まず最初に前ノ壁下段左壁のルート。新しいハンガーボルトが打たれているが短いのが残念。次に同ハングルートⅥ-をリードで登る。ボルトはしっかりしているが核心のハングはやや右に逃げてしまった。トップロープ状にして少し遊ぶ。
 隣の「南無阿弥陀仏」罰あたりルートⅤは、たまたまおられたこの岩場を開拓・整備された方にお聞きすると、登るとクレームが寄せられる場合もあるとのことで、ご注意を。
 左ルートⅣはオーソドックスで難しくない。
 軽く昼食をとって中ノ壁中央ルートⅤ+A1をつるべで登る。1P目は西さん、Ⅳぐらいか。中間で区切り、2P目が私。件の方に聞いた通り、出だしの2ピンが難しい。この高度で落ちられないのでA0で抜けた。スムーズにフリーで抜けられない自分の下手さがもどかしい・・・。
 終了点は高度感満点、眼前の菊水ルンゼが素晴らしい。奥ノ壁も登ろうと思ったが、夕方私に所要があり、暑さでくたびれてもいたので終了とした。駅前にてビールで乾杯。また練習しましょう。

※ルートグレードは 林照茂 編(1985)『関西の岩場』白山書房 参照。

前ノ壁下段基部
P1000748_convert_20130608194326.jpg

前ノ壁下段左ルート懸垂下降
P1000753_convert_20130608194405.jpg

中ノ壁終了点から。
P1000755_convert_20130608194433.jpg
スポンサーサイト
20 : 15 : 34 | クライミング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<毘沙門谷 | ホーム | レベルテン>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dosoalp.blog.fc2.com/tb.php/109-2c739f82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |