北御岳の別天地を楽しむ  
2013 / 07 / 29 ( Mon )
2013年7月20~21日   北御岳の別天地を楽しむ  メンバー:石 他3名

 コース:20日 濁河温泉登山口~飛騨頂上・五の池小屋標高2800m
     21日 継子岳から四の池周遊~五の池小屋~濁河温泉登山口

 御嶽には4~5年前くらいでしょうか1泊で中の湯から剣が峰目指して山行しましたが、大雨のため頂上にはいけずずぶぬれで下りてきたのを覚えています。
 今回は初心者連れての山行でしたので安全でそれほどきつくなくて3000m級を味わえる北御嶽にしました。瀬お勧めの五の池小屋も魅力でしたし・・・ね。
 5:30枚方出発~中津川IC~濁河温泉口11:30到着。濁河温泉口出発12:00~五の池小屋到着16:20。案外時間がかかってしまい体力ないなと痛感。時々酸素缶に頼り少し楽になったような・・・
 登山道は歩きやすく若い方より中高年の方が多いようです。樹林帯も多くしっとりと深く静かな雰囲気でした。登山道も間違いようがないですし初心者連れには良いお山です。途中で一人が眠いと言い出し少し疲れた顔でぐったりしているのが気になる。
 小屋は本館と別館がありとても清潔で綺麗な小屋でした。
 五の池周りにはコマクサの群集など何種類かの高山植物がみれました。三の池は水深13mもあると書いていました濃いいろで神秘的。次の日4時起床素晴らしいご来光がみれました。日の出とともにホラガイが鳴り幻想的で厳か・・・さすが霊峰。しばし祈りました。・・・
 次の日。私はいつものように到着後に頭痛、毎回軽い高山病になり次の日には回復するパターン。ですが一人の容態がどんどん悪くなり起き上がれない様子。みなで話しあい継子岳周遊はやめて高度下げた方がいいので即下山することに。
 五の池小屋7:30~濁河温泉口11:00。ゆっくり下山しました。少しづつ高度下げるとみるみるうちに体調よくなり元気になられて皆ほっと安心。他に高度を下げたために頭痛になられた人もいて、ひとそれぞれ体力も体調も違うので同行するときには気をつけなければと思いました。
 レトロな市営の濁河温泉で汗を流し麓の道の駅などでお土産や食事をゆっくり楽しみ、澄み切った空気にさよならして帰路に着きました。枚方着8:30。

072902.jpg
スポンサーサイト
05 : 14 : 53 | 縦走 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<インドアクライミング グラビティリサーチなんば | ホーム | 鉢伏山>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dosoalp.blog.fc2.com/tb.php/118-0826e9cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |