FC2ブログ

氷ノ山・八木川布滝谷 

2011年7月16日(土)~17日(日)氷ノ山・八木川布滝谷沢登り 参加者:藤・吉・西

 16日18:00に私の会社に近い阪急岡町駅に集合。藤さんの車で氷ノ山の登山口福定親水公園に向かう。和田山で高速を下りた後、食料を調達する予定だったが、思うに任せずスーパーの売れ残りの弁当や総菜を買い集めることに・・。公園の駐車場でテントを張り、食事を始めるもあまりの不味さ脂っこさに飲食が進まず、一人で飲み続ける藤さんを残して二人は早々に寝てしまう。
 5時起床。飯を食いテントをたたんで6時に出発。公園の歩道を通って布滝谷に係る橋のところで入渓。布滝の前衛の10mの滝を右側から巻く。布滝ごと巻いてしまいそうなところを再度河床に下りて滝壺まで行き、滝を眺める。大きな美しい滝だが、登れそうな気がしないでもない。しかし、ここは抑えて左側の滝とスラブの間の樹林帯を登る。意外や、登りながら滝を眺めるとみると、大きく見えた段は全て逆層で難しそう。やはり登らなくて正解だった。
 滝の上は緩やかな流れになり、谷は開けて明るい。周囲はきれいな落葉樹林。小滝を直登する際もしっかりした岩で思い切って登れる。
 両側に滝が掛かる大きな二叉を右に入り、小滝をいくつか越えると少し広い河原に出る。テントサイト適地と言うことだが、適地に思えない。ここから上部はナメ滝が続く。このナメ滝が普通のナメ滝とは大分違う。ほとんど土壁。ヌルヌル滑るし、崩れるし。水の流れもほとんど無くなり、沢の幅も深さもないので樹林帯の中の土壁を登っているようなもの。ドロドロになりながら吉さんがルート工作してくれる。すっかり沢らしく無くなったところで、小さな尾根にとりつき、ヤブこぎ。特に稜線の登山道に出る直前はネマガリダケの猛烈なヤブ。稜線の登山道10:00。沢装備をほどいて、登山道を下山。福定親水公園12:00。木陰で休憩した後、帰途についた。
スポンサーサイト
| HOME |

calendar

S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
09« 2018/10 »11

プロフィール

大阪同窓山岳会

Author:大阪同窓山岳会
大阪府山岳連盟所属の大阪同窓山岳会です。会員数14名の小さな会ですが、ハイキング、クライミング、沢、縦走、雪山と年間を通じて楽しんでます。集会は月1回梅田で行っています。会活動に興味のある方は、メニュー欄のカテゴリ「about us」を御参照ください。連絡先:dososangaku@gmail.com  です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR
PageTop▲