FC2ブログ

六甲ロックガーデン 

2014年9月15日  六甲ロックガーデン     吉

 昨日も半日ほどフリークライミングの練習をして、少々体が重い。しかし、今日は3連休の最終日、私なりに以下の3つの目的があって、中年の身体に鞭打って阪急電車に乗り込んだ。
 ①ゲートロック、A懸の現状確認。②万物相から神戸市街地を望んでの昼食。③茶店で軽くひっかける。
 さすがに今日ではまだアイゼン練習の人はいない。地獄谷からガレ場を登ってゲートロック基部に行く。右壁は崩落の影響か、支点類はない。左壁は比較的堅個で、ハンガーボルト、ハーケンなどしっかりした支点がある。ただ、惜しむらくは傾斜が緩いガバなので、アイゼン練習の岩場か。(下山時にゲートロック頂上部に1パーティーと、右上のホワイトロックでソロで練習している方が確認できた。現役の岩場だな。)落石のないように慎重に谷に戻る。
 そのまま谷を遡行し、A懸に着く。阪神地域の山屋さんにはおなじみの岩場だろう。中央部は比較的しっかりしているが、総じて脆い。左カンテを上がってみるが、ぼろぼろ砂地が落ちる。運動靴であれば登るのは容易だが、以前アイゼンで上がった際は、支点が下部一つしかなくやや緊張した。今日改めて確認したら、ナッツ類はセットできそうもない。これ以上風化しなければいいが、私含めて皆がアイゼンで練習するからなあ・・・・・・
 万物相は砂地で普通の靴では滑りやすい。暑いのは承知の上だが、海を眺めながらさしてうまくもないコンビニ弁当を食べる。ここも脆いので、いずれ風雨にさらされ、残念だがそのうち形相が変わるかな。
 下山して茶屋で少しお酒を飲む。ここには私が学生、社会人の若葉マークの時に、お茶の水・神田でよく買い求めた山岳書籍が並んでいる。ノスタルジーに浸りたかった。瓶ビール1、芋焼酎水割1、おでん少々を賞味し、ほろ酔いで帰宅した。

ゲートロック。よく効いているが、強い荷重がかかると、岩が剥離しないかな。
P1010188_convert_20140915155817_convert_20140915155845.jpg

A懸上部から。
P1010191_convert_20140915160056.jpg

万物相より神戸市街地。
P1010193_convert_20140915155920.jpg
スポンサーサイト
ホワイトフェース | HOME | 砥峰高原

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
09« 2018/10 »11

プロフィール

大阪同窓山岳会

Author:大阪同窓山岳会
大阪府山岳連盟所属の大阪同窓山岳会です。会員数14名の小さな会ですが、ハイキング、クライミング、沢、縦走、雪山と年間を通じて楽しんでます。集会は月1回梅田で行っています。会活動に興味のある方は、メニュー欄のカテゴリ「about us」を御参照ください。連絡先:dososangaku@gmail.com  です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR
PageTop▲