FC2ブログ

石鎚山 

2014年9月20日、21日  石鎚山   吉m、瀬、とも、石、他1名

 西日本最高峰、四国の石鎚山へ行って来た。山岳修行のような鎖場もあるので是非ともトライしてみたい。とても楽しみだ。
 星田にて合流7:00出発。近畿道‐中国縦貫‐山陽道‐高松道‐松山道‐いよ西条IC11:10。酔いそうな細い山道瓶ヶ森をぬけて土小屋着12:40。少し渋滞あったが瀬島の軽やかな運転で遅れを取り戻した。土小屋出発13:06。
 曇り空で少し涼しい。シャツ一枚で歩ける。今回晴れ女が三人もいる。雨は、大丈夫でしょう。
 土小屋からのルートは、尾根歩きが多くなだらかで歩きやすい山道である。二の鎖65m、三の鎖68mがあるが巻き道もあるので無理ならそちらへ。
 石鎚神社成就社からのルートと【試し鎖、一の鎖33mあり】二の鎖小屋で合流する。15:00着。二の鎖皆でトライ。湿った岩場は、滑りやすそうだが足場沢山ありでかい鎖が二本垂らしてある。20mくらいまでは、三点確保で慎重に登る。二ヵ所ほど登りにくい箇所があり、岩場に慣れてない人には少し怖かったようだ。
 30m付近で降りたいと言い出したが、気合い入れ直しファイト一発、登り切った。とても良い笑顔だったな。
 次は見てから決めようかと三の鎖見たら絶壁。二本の鎖が掛けてあり、安全だと思うがまわりに木々がなく高度感がある。クライミングしているともだけ三の鎖にトライ。綺麗な登り方で見とれてしまう!あっと言うまに見えなくなった。
 私たちも巻き道にて頂上へ。石鎚山頂上山荘16:00。天狗岳が空に向かって付きだしている様は、船の船首のようだ。
 夕飯後のおしゃべりも楽しくストレスなんか吹っ飛ぶね。
 お初の瀬戸大橋四国入り。オレンジ色の夕焼けも、四国の夜景も、デンジャラスな鎖場も、そして霊峰のご来光も拝めた贅沢な山行だった。
 頂上山荘8:00‐土小屋9:36。星田18:30。瀬のロングな安全運転本当にありがとうございました。

ishi01.jpg

ishi02.jpg


スポンサーサイト
CLARICA、HIGURASHI   | HOME | ホワイトフェース

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
09« 2018/10 »11

プロフィール

大阪同窓山岳会

Author:大阪同窓山岳会
大阪府山岳連盟所属の大阪同窓山岳会です。会員数14名の小さな会ですが、ハイキング、クライミング、沢、縦走、雪山と年間を通じて楽しんでます。集会は月1回梅田で行っています。会活動に興味のある方は、メニュー欄のカテゴリ「about us」を御参照ください。連絡先:dososangaku@gmail.com  です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR
PageTop▲