FC2ブログ
芦屋川 アイゼントレーニング
2014 / 11 / 30 ( Sun )
2014年11月29日 芦屋川 アイゼントレーニング  西、吉

 今シーズン初のアイゼントレーニングである。今日は朝方強い雨が降ったが、9時すぎると少し青空も見えてきた。
 雨の影響か、この時期にしてはアイゼントレーニングの人が少ない。砂地の広場で準備してゲートロックに向かう。この岩場は傾斜も緩く、階段状なので、ロープはつけたがアップには丁度いい。最上部への痩せ尾根は右側の崖がスパッと落ちているので注意が必要。ホワイトフェースを見学して谷に戻る。途中のロックフェンスを左に見て、小便滝、A懸へ。A懸で真ん中のフェースを上がるが、久しぶりであることと、重い荷物を背負う登りは少しぎこちなかった。
 万物相から中央稜に戻って下山した。
 ところで私の練習用の靴はMEINDLのスーパーマッタ―ホルンという黒い重登山靴で、20年以上前に新宿の登山用品店で購入したものである。頑丈なつくりで、今だに沢にジャブジャブ使っても水が浸透しない。が、やはり、革の重登山靴なので重い。この靴のデビューは冬の南八ヶ岳縦走で、小渕沢駅への長い道のりを靴ずれに悩まされてへとへとになって歩いた記憶がある。また、春山の剱岳早月尾根の急登では重く感じてうんざりした。
 90年代の雪山靴はプラスチックブーツ主流で私も何足か使用したが、足に合わなかったことと、雪上でないガレ場では歩きにくかったので、いい印象がない。
 現在雪山には新しい合成繊維のブーツを使用しており、とても軽く、快適である。道具の進歩は目覚ましい。しかし、今ではどこの登山用品店でも扱っていないこの黒い重登山靴は、ずっと私の登山活動に付き合ってくれた仲間で愛着がある。雪山では履かないだろうが、これからも練習用として大事に使っていきたい。 

ゲートロック
P1010221_convert_20141130145132.jpg

万物相
P1010226_convert_20141130145201.jpg

MEINDL スーパーマッターホルン
P1010228_convert_20141130145302.jpg
スポンサーサイト
15 : 17 : 11 | トレーニング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<蓬莱峡~ナガモッコク尾根 | ホーム | 六甲山 >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dosoalp.blog.fc2.com/tb.php/188-c23709f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |