FC2ブログ

槍ヶ岳  

2015年7月18日~20日  槍ヶ岳  吉m、瀬、とも、他1名

 のろのろ台風が過ぎ去ってくれることを願って、雨を覚悟で交野を4時に出発。
 前日から宇治の民宿に泊まったヨッシーを4時半に拾い、平湯に8時半に到着。バスに乗るつもりが、4人だったらお得だよーと言うタクシーのおっちゃんに誘われ、絶対昼から晴れる!と太鼓判をもらい、雨の上高地河童橋を9時半に出発する。ババ平にテントを張ろうと頑張って歩くが、雨は止むどころかだんだんきつくなって、私のお古のカッパを着ていたともは中の服までびっちょり、風邪気味ということもあって槍沢ロッジに泊まることにする。
 15時頃からせまーい自炊場で鍋を食べ焼酎も飲んだものの、ゆっくりできず不完全燃焼。でもここはお風呂がただで入れるとのこと、早い時間は行列だったが空いた頃を見計らってゆっくりと浸かり生き返った~。
 翌朝起きると雨は小降り、予報は晴れではないが少し上のババ平キャンプ場におNEWのテントを張ることにする。マットに空気を入れシュラフを広げて準備万端、軽荷で5:45に出発する。降ってはいないが槍の穂先はいっこうに見えず、何ヶ所かの大きな雪渓を越えひたすらジグザグに登っていく。
 10:30に無事槍ヶ岳山荘に到着し食堂でカレーを食べて一服、Tはへとへとでここまでで満足とのこと。景色はみえないやろけど3人で穂先を目指すこととする。 風が強くスリル満点梯子を力いっぱいつかみながら無事登頂!全く景色は見えないが祠前で記念撮影し慎重に山荘まで下る。4人で下山出発する頃からまた雨が降り出してずーっと雨、今日は私が一番ぼろいカッパを着ていたのでびっしょりでめちゃ疲れた。
 誰もいない雪渓の上で「いつまで降んねーーん!太鼓判はなんやったんやーー!」と何度か叫びながら下山した。ザックもカッパも服もびしょびしょで、無念だがせっかく張ったテントをたたんでザックに押し込み再び槍沢ロッジに戻る。昨日よりは乾燥室は空いてるがでもいっぱい、お風呂があったのが本当に嬉しかった。
 雨はいっこうに止まず、今日も狭い自炊場で落ち着かない食事、疲れで早くからお布団へ・・翌朝は青空が広がり槍見河原から初めて穂先が見えた。今日から登る人は最高の天気でしょう。
 徳沢で美味しいソフトクリームを食べ、上高地のかっぱ食堂ではがっつり食べ、ひらゆの森でつるつるの温泉につかり、かなりの渋滞につかまりながら無事大阪に帰りついた。予想外の山小屋2泊で高くついてしまったけど、これだけの雨にあったのは初めてでまたいい思い出ができました。

DSC_0823_800_convert_20150819215837.jpg

DSC_0825_800_convert_20150819215920.jpg

DSC_0827_800_convert_20150819215940.jpg

IMG_20150722_070738_800_convert_20150819215957.jpg


スポンサーサイト
南アルプス (畑薙ダム〜光岳〜聖岳〜赤石岳〜荒川東岳〜塩見岳〜間ノ岳〜北岳 ) | HOME | 京都北山 毘沙門谷

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
09« 2018/10 »11

プロフィール

大阪同窓山岳会

Author:大阪同窓山岳会
大阪府山岳連盟所属の大阪同窓山岳会です。会員数14名の小さな会ですが、ハイキング、クライミング、沢、縦走、雪山と年間を通じて楽しんでます。集会は月1回梅田で行っています。会活動に興味のある方は、メニュー欄のカテゴリ「about us」を御参照ください。連絡先:dososangaku@gmail.com  です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR
PageTop▲