FC2ブログ

ミネコシ谷、堂倉谷奥ノ右股 

2015年9月19,20日 ミネコシ谷、堂倉谷奥ノ右股   西、筒、吉

 今回は沢を下降して別の沢を登るボリューム満点のプラン、晴天に恵まれいい山行となった。
 私は大台ケ原は初めて訪れることになる。車で大台ケ原駐車場に向かい、ここで一泊をする。17時前に到着したが、風が冷たく寒い。沢なんか入れるのか?と思いながら酒を飲む。他に天体観測目的の方もおられた。
 翌朝5時起床、準備をして6時に出発する。早朝なのに駐車場にはかなりの車があった。30分ぐらいで日出ヶ岳頂上、熊野灘や大峰の山々がはっきり見え、素晴らしい展望である。条件が良ければ富士山も望めるそうだ。
  登山道を下って鞍部からミネコシ谷に入る。最初は静かな流れだったが、下降するにつれ、ワイルドな渓相になる。大滝は懸垂下降、この後も連瀑帯で、何回かロープを出す。3時間強で堂倉谷本流に合流して、これから奥ノ右股を遡行する。エメラルドブルーの釜が美しく、滝も連続する。中でも40m滝には圧倒される。右岸を高巻くが、ルートが良く分からない。草付きを上がると踏み跡に合流した。
 その後も滝が現れるが、直登は難しく、巻いていく。やがて水が枯れ、苦しいゴーロの登り、ササを登って山頂直下の登山道に飛び出した。15時過ぎに頂上に達する。
 台高山系は標高はそれほどでないが、とにかく山が深い。今年はもうシーズンオフだが、来年また訪れたい。(しかし、今回の山行でデジタルカメラとコンパスが壊れたのが痛かった。)

熊野灘を望む
P1010457_convert_20150920211159.jpg

大峰方面
P1010458_convert_20150920211229.jpg

懸垂下降
P1010461_convert_20150920211301.jpg

ミネコシ谷の大滝
P1010462_convert_20150920211741.jpg

P1010463_convert_20150920211936.jpg

釜が美しい
P1010466_convert_20150920212042.jpg

P1010469_convert_20150920211819.jpg

40m滝
P1010470_convert_20150920212117.jpg
スポンサーサイト
屋久島(白谷雲水峡・宮之浦岳)  | HOME | 貫井谷

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
09« 2018/10 »11

プロフィール

大阪同窓山岳会

Author:大阪同窓山岳会
大阪府山岳連盟所属の大阪同窓山岳会です。会員数14名の小さな会ですが、ハイキング、クライミング、沢、縦走、雪山と年間を通じて楽しんでます。集会は月1回梅田で行っています。会活動に興味のある方は、メニュー欄のカテゴリ「about us」を御参照ください。連絡先:dososangaku@gmail.com  です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR
PageTop▲