屋久島(白谷雲水峡・宮之浦岳) 
2015 / 09 / 27 ( Sun )
2015年9月21日~22日    屋久島(白谷雲水峡・宮之浦岳)   奥、他1名

 【9月21日】 鹿児島空港から飛行機で屋久島へ 9:20着。レンタカーを借りて、白谷広場へ。この日は白谷雲水峡トレッキングを満喫した。
 【9月22日】 宮之浦を4時に出発、レンタカーで淀川登山口へ。5:45登山開始。まずは淀川小屋へ(6:40)。すぐに淀川、景色も良くとても気持ちがいい。
 今日の天気予報は、曇りで昼から崩れるということだが、まずまずの天気。早く登って下りたいところであるが、同行の兄(この日のためにジョギングで減量しヒザを痛めた兄)が昨日のトレッキング中に転倒して、さらにヒザを痛めており、また購入したばかりのミラーレスカメラでうれしそうに写真を撮るものだから、かなり時間がかかり、宮之浦岳には13:15の登頂となった。
 30分程休憩して下山開始。道中、屋久ざるや屋久シカもたびたび見かけました。夜7時にレンタカーを返す予定だったが間に合いそうになく、あわてず安全に下ることにする。途中兄の飲み水がなくなったので、水を1.5リットル分けてあげる。花之江河に17:10着。
 明るいうちに少しでも下りようと頑張ってもらうが、ヘッドランプをつけたあたりで兄が壊れる。やがて雨も降り出すが、合羽を着る余裕もなく、木の階段を踏み外さないよう、1歩1歩確実に歩を進める。2人とも水がなくなり、やっとのことで淀川小屋に到着。
  小屋におられた若夫婦に水を分けてもらい、意識朦朧としていた兄も少し回復。(3人の背の高い霊を見たとか言っていた。)もうひと頑張りということで、ゆっくりと登山口に向かう。21:50着。兄とがっちりと握手、実に16時間のロング山行であった。
 しかしまだ、レンタカーで狭い林道を運転し、ホテルまで帰らなければならない。雨と濃霧で前がよく見えない。ゆっくり運転していると、天井あたりでガツンと大きな音が・・。睡魔と闘いながらノロノロ運転で、23:30なんとかホテルに到着。翌朝、車を確認すると、リアガラスが粉々に割れていました。

【良かった点・ラッキーだった点】 
 ① 予報よりも天気が良かったこと。
 ② いつもは4ℓほど水を飲む私が、2ℓで最後までもったこと。
 ③ 今回のために購入したマーモットのゴアキャップのおかげで、眼鏡が曇らず、暗くなってからもルートがはっきりとわかったこ  と。
 ④ 古いヘッドランプを貸していたが、兄が直前にブラックダイヤモンドの明るいやつを購入していたこと。
 ⑤ 車のガラスの割れた箇所が、フロントではなくリアだったこと。保険適用で修理代が要らなかったこと。
 ⑥ 今回の旅費のすべてを、やさしい兄が出してくれたこと。

oku1.jpg

oku2.jpg

oku3.jpg

0ku4.jpg






スポンサーサイト
07 : 35 : 57 | 縦走 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<六甲の岩場巡り | ホーム | ミネコシ谷、堂倉谷奥ノ右股>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dosoalp.blog.fc2.com/tb.php/222-90ef1fbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |