FC2ブログ

堂満中央稜 

2016年2月6日 堂満中央稜   西、吉、筒

 先日の寒波と、その後の気温の揺り戻しで、雪の状態が良く分からないが、とりあえず今日は堂満ルンゼに訪れることにした。ルートは状況を見て堂満ルンゼか、中央稜を登ろうと思う。
 比良駅から雪が全くないので、なんとなくいやな予感がする。登山口から雪がボチボチでてきたが、少ない。堂満ルンゼへは堰堤から入り、明瞭な踏み跡を辿る。雪の量も増えてきて少しホッとする。小さい滝をフィックス・トラロープで越えると、中央稜の取付。状態もまずまずなのでここを登ろう!
 このルートはショートながら変化に富んで楽しい。特に2P目は、最初の出だしが少し緊張するが、ピナクルと痩せ尾根がアルペン的で格好いい。最後のチムニールートも楽しかった。このピッチで登攀を終了し、隣のルンゼを1回ほど懸垂下降交えて下山し、取りつきの堰堤にあっという間に戻った。
  今年の冬は暖冬で、また来週から気温も相対的にかなり高いとの予報。ひょっとして今日が最後のコンディションかもしれないと思い、面白いルートを登れて満足。

P1010567_convert_20160206195217.jpg

 P1010554_convert_20160206195126.jpg

P1010611_convert_20160206195419.jpg

P1010587_convert_20160206195311.jpg

P1010605_convert_20160206195348.jpg

スポンサーサイト
柳生街道  | HOME | 千苅ダム~大岩岳~丸山湿原

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
09« 2018/10 »11

プロフィール

大阪同窓山岳会

Author:大阪同窓山岳会
大阪府山岳連盟所属の大阪同窓山岳会です。会員数14名の小さな会ですが、ハイキング、クライミング、沢、縦走、雪山と年間を通じて楽しんでます。集会は月1回梅田で行っています。会活動に興味のある方は、メニュー欄のカテゴリ「about us」を御参照ください。連絡先:dososangaku@gmail.com  です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR
PageTop▲