三周ヶ岳、美濃俣丸
2016 / 06 / 28 ( Tue )
2016/3/11夜~3/13 三周ヶ岳、美濃俣丸
メンバー:島、筒

●1日目:広野ダム~夜叉ヶ池~三周ヶ岳~1125mピーク北の平坦地(泊)
前夜車にて今庄駅まで移動、25:30頃到着、駅近くで仮眠、AM7:00過ぎに起きる。
ゆっくり準備してから車で広野ダム先の林道を目指す。途中残雪が道を塞いでいたので、ダムから50m程入った場所で駐車、そこから歩いた。
長い林道の途中には廃村があった。登山口の神社からはすぐに雪道。沢沿いの急斜面にある登山道、雪面のトラバースで神経を使う。途中から登山道は完全に雪の下になった。トレースは無い。地形を見て進む。急登になると、道沿いに“池まで1500m”“池まで500m”の立て札。夜叉ヶ池までの距離が表示されている。稜線に上がる手前、夜叉ヶ池山に向かって左にトラバース。視界が開け、明るい稜線に夜叉ヶ池が現れた。池は雪の下。立て札にイモリやヤシャゲンゴロウがいると書いていたが確認できず。腹ペコにつき昼ご飯にする。

 夜叉ヶ池の岸から稜線まで、短いが雪が無く藪の中を進む。あっちが引っかかりこっちが引っかかり、たった数メートルだが苦労した。稜線は雪が無く登山道がはっきり。周りは全部山やまやま。見晴らしのいい稜線歩き。ピークをいくつか越え、三周ヶ岳山頂手前の鞍部で荷物をデポ、広い稜線を登る。途中には小さな雪庇も出ていた。山頂は雪に覆われ全てが雪の下、山頂のプレートがあるのかどうかもわからない。360度の展望を楽しむ。遠くは白山や琵琶湖、若狭湾まで見える。お天気に恵まれて良かった。

 その後デポした場所へ戻り、稜線目指してトラバース。ここからは地図とにらめっこ。樹林帯の中細かいアップダウンが連続する。ゆるい雪にはまる・抜け出すを繰り返しながら進む。進行方向に見える大きな山、それまでどこぞの遠い山だと思っていたその山が、美濃俣丸だと気付いたときは、開いた口がしばし塞がらなかった。地図読みできてなかった。
美濃俣丸はとても大きく遠く見えた。これは大変、今日のうちに進めるだけ進もうと意見一致し、薄暗くなるまで行動。1125mピークを巻き終わった平坦な場所で整地してテントを張った。水を持ってきたので雪を溶かす手間がない。夜は星空だった。

●2日目:1125mピーク北の平坦地~美濃俣丸~912mピーク~広野ダム
翌日も好天。朝、靴が凍って足の甲からあとが入らない。テントの中に入れていたのにカチッと凍った。イタイイタイと踏み込むこと小一時間、やっとこ足が靴におさまった。要した時間と痛さで雪山用登山靴の買い替えを決意。今のは化繊。次は皮にしてみよう。
昨日遠く見えた美濃俣丸、実際はそんなに時間はかからず登頂でき、ほっとする。美濃俣丸山頂でも360度の展望。山頂を出る前にこれから向かう1115mピークと912mピークの位置をしっかり確認した。正面には広野ダム湖が見える、あそこまで行かなくてはならない。

 稜線はシャクナゲが多く、雪があっても引っかかる。無雪期はしんどいなと思った。912mピークで美濃俣丸も見納め。あとは樹林帯の中を下る。すぐに雪がなくなってきた。地図を頼りに下るが、どんどん急斜面になっていく。地図読みに自信なくなる。急なガレ場を下り小さな谷をトラバースして、最後は鈴谷川と日野川の合流点で林道に下りた。登山道ない所の下り、足が疲れた。道があるという事はとてもありがたい事だと思った。そこから1時間程林道歩き。広野ダム近くの橋まで戻る。もうお昼を過ぎていた。ダムの管理事務所前からは登った美濃俣丸が良く見えた。事務所には管理人がおられて、ダムカードを貰った。 車に戻り、帰路、農産物直売所四季菜に寄り道。手作りおはぎが評判らしい。ついでにテントを張って乾かした。おはぎおいしかった。お腹落ち着き、テント乾いて帰った。

bbbbb.jpg
スポンサーサイト
19 : 10 : 13 | 雪山 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<救急法講習会 | ホーム | 北アルプス 室堂~五色ヶ原~鳶山ピストン>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dosoalp.blog.fc2.com/tb.php/247-9a6eabe5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |