FC2ブログ

霧積アイスクライミング 

2012年2月3~4日 霧積アイスクライミング 藤w他

 新年会の前後、病床に伏していて回復後、相模の木氏と霧積温泉へ霧積温泉週辺のアイスゲレンデ(群馬県)。
 2月3~4日。2日の昼、信越線横川駅からタクシーにて霧積温泉(霧積館)へ。「母さん、ぼくのあの帽子は何処へいったんでしょうね。ええ、夏、碓氷から霧積へ行くと途中、谷底へ落としたあの帽子ですよ…」森村誠一の『人間の証明』の舞台になった霧積温泉周辺を描いた西条八十の詩である。若かりし日、谷川岳に通った日々の一度訪れた地です。西上州の人々に親しまれてきた山深き名湯があり、林道沿いには谷がいくつもあります。
 氷爆は、角落山から鼻曲山稜に囲まれて霧積川にそって、温泉まで行く林道に近い枝沢に懸かり、ダムサイトから「毒水沢」に懸かる二〇㍍のナメ滝が雄大に見えました。傾斜はそれほどなく、下部にて装備を整へ登りだす。冷気が胃の内部に抜けていく。暫くひしひしと感じていた不快感が嘘の様にとれ、バイルに砕けた雪衣が静寂の中に滑り落ちてゆく…足慣らしにはほど良い沢でした。
 4日、支流の墓場尻沢に入りました。霧積川の支流としては奥も深く上部に「雌滝」二O㍍、「雄滝」四〇」㍍を持つ、沢床は膝もとまであり3時間程ラッセルにて雌滝下部へ、水量が多いため氷結があまく氷壁・クライムとはいかなかった。
 「ホイホイ坂」を行き金湯館から氷結した水車を眺めながら、一日の汗を流せたこと、とても幸せな時間でした。

スポンサーサイト
| HOME |

calendar

S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
09« 2018/10 »11

プロフィール

大阪同窓山岳会

Author:大阪同窓山岳会
大阪府山岳連盟所属の大阪同窓山岳会です。会員数14名の小さな会ですが、ハイキング、クライミング、沢、縦走、雪山と年間を通じて楽しんでます。集会は月1回梅田で行っています。会活動に興味のある方は、メニュー欄のカテゴリ「about us」を御参照ください。連絡先:dososangaku@gmail.com  です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR
PageTop▲