峰山・小田原川 本谷、比良・口の深谷
2016 / 07 / 26 ( Tue )
2016年7月2日 峰山・小田原川 本谷  西
 神戸の実家に帰るついでに自動車で播州は峰山高原から流れ出る小田原川へ行くことにする。今シーズンの沢の一発目、単独なので優しいところにした。
 上小田の林道奥に到着して準備、10:20出発。
 簡単な滝が多い。「ロープを出せば」と思う局面はなかった。最も大きい黒岩滝は左岸のルンゼ状の岩場を登る。確保者がいれば滝身付近を登ることができたかも。
 水はまずまず綺麗だけど、やや白濁しているように見える。滝周辺には、まだサツキが咲いている。花が着いているギボウシはキヨスミギボウシだろうか。
 水止堰で遡行終了。13:00。谷に堰はないほうが良い。車に戻ったのは14:00だった。

2016年7月16日  比良・口の深谷  西
 JR堅田駅からバスに乗って坊村に9:40着。明王谷の林道を40分ほど登り、準備して入渓したのが11時前頃。今日は雨の心配はなさそうだが、さすがに梅雨時とあって水量は豊富。岩に着いた陸生のコケは水没し、小滝は大きく飛沫をあげている。
 一つ目の大きな滝は、狭い岩の廊下の奥まったところにあり、手前のガリーを直上して巻く。この巻きがヌルヌル土壁と岩壁のミックスで結構ビビる。途中に残置ハーケンがあるけど一人じゃ使えません。
 やや大きな13m滝は右岸から滝をくぐって左岸のガリーを巻き登る。水量が多いので滝行のように痛い。CS6m滝は残置ハーケンに導かれて、難なく右岸から登れるけど、残置が無ければちょっとビビるかも。
 きれいな10m滝を左側から小さく巻いて登ると、CS滝が連続する。
 最大の15m滝では右岸ガリーから右上するバンドを登って滝頭におりる。高低差はあるがしっかりしていて不安は無い(写真)。
 この滝を越えると斜度がなくなり、まもなく遡行終了点。14:40。中峠、金糞峠、イン谷口を経て比良駅に17:20着。
 一日、楽しめました。   

000001.jpg
 
スポンサーサイト
21 : 02 : 21 | 沢登 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<裏六甲三ツ下谷、救急伝達講習 | ホーム | 蓬莱峡 岩歩き練習 >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dosoalp.blog.fc2.com/tb.php/251-76683a72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |