伊吹山
2012 / 03 / 03 ( Sat )
2012年3月3日 伊吹山 吉

 冬、新幹線の車窓から見える伊吹山はとても立派である。また、湖西から見えるピラミダルな白い山容はアルペン的である。1377mと標高は高くないが、日本百名山の名に恥じない。いつか雪の伊吹山を訪れたいと思っていたが、今日の天気予報は晴れ、これ以上遅くなると雪がなくなってしまうので、思い立ったように伊吹山に行くこととする。
 朝一番の快速で米原へ向かい、乗り換えて近江長岡駅へ。お金が惜しかったが、早く行動したかったのでタクシーで登山口へ向かう。8:30出発。今日は快晴。
 下は雪がなく、どろどろの道を上がっていく。1合目から雪が出てきたが、気温が高いのかガサガサで歩きにくい。アイゼンを装着するが、足が埋まる。これといって難しい個所もなく、ただひたすら黙々と雪の斜面を上がっていく。風もないので暑い。頂上直下は苦しい急登。このあたりの雰囲気が、なんとなく私の郷里の山口・十種ケ峰の東面ルンゼに似ている。
 鞍部上のところを超えると頂上台地。ここはクラストしていてアイゼンを踏みしめる。10:45頂上。思ったより早く登頂できた。素晴らしい景色だ。美濃、鈴鹿の雪山が間近に見える。名残惜しかったが、11時に下山。
 下山していると多くの登山者が登ってくる。多くの人に愛される山だ。
 12:20に登山口へ戻る。バスで長浜駅に行き、電車ではちびちび飲みながら帰阪した。思ったよりややあっさりした山行だったが、満足である。

3合目上からの伊吹山
伊吹01

山頂
伊吹02

美濃の山々
伊吹03

頂上直下の急な下り
伊吹04

バスの車窓からの伊吹山、遠望の景色も十種ケ峰に似ている
伊吹05
スポンサーサイト
17 : 38 : 08 | 雪山 | page top
| ホーム |