岩籠山
2017 / 02 / 11 ( Sat )
2017年2/3日~4日   福井県敦賀市 岩籠山   筒

●2/3(金)晴れ時々曇り
 9:20新疋田駅着。追分の集落を抜け国道161に出ると、渡った向こう側に道が続いてたのでそのまま道なりに行く。右側に鉄塔が近づいてきた、それを目指して道から外れる。イバラ混じりのヤブこぎイタタ、5分ほど登って鉄塔に出る。最初の目標はP414。少し下って登り返す。倒木やへこみでグズグズの雪にはまり出したのでスノーシューをはく。ゆるんだ雪、傾斜がきつくなると滑ってあっぷあっぷ。そりゃそうだ座布団はいてるようなもんだもん。今思うと雪グズグズの初め2時間くらいはツボ足の方がよかったかもしれない。幸いうっすらトレースあり、たどらせてもらう、ありがたや。雪も高度上げるにつれ締まってくる。P629.4に着いたのは13:00過ぎ、は~やっとここまで来た。パンとトマトジュースで大休止。南に90度曲がって岩籠へと続く白い尾根が、きれいに見える。一旦下って登り返すあの登りしんどそうやな~と口モグモグしながら思う。
 ザックしょいなおして再スタート。尾根の東側は木がなくて歩きやすいが、雪庇に用心して西寄りに行く。動物の足跡がカーブしながら登り降りしてる、ヒヅメのや、肉球小や肉球大。ヒヅメは沈んでるが肉球大の足(5cm位)は沈んでない、スノーシューももう沈まない。
 雪が締まって歩きやすい。休憩時しんどそうと思った登りも問題なく行けた。東側の山が見える。霊仙と伊吹はわかるがそれ以外の山はわからない。山のひだが重なりに重なって空の際まで続いてる。低山は雪がつくと起伏が見やすいなあ、としみじみ。インディアン平原を経て15:15岩籠山着。ぐるり360°展望。西の野坂岳りっぱ、北の敦賀湾深く入り込んでる、福井~湖北の山(山名不明)、琵琶湖を挟んで、高島トレイルの山(山名不明)。おうナイス絶景。
 山頂下ってテント張る。泊地はインディアンとP708の間の鞍部。張ったらまたインディアン~山頂散歩。夕日が雪に映って一時的に視界があかね色になった。晩ご飯は豚玉ぞうすい。しょっぱな水入れすぎたのが災いし、野菜・肉・米を入れたらすりきりいっぱい卵入る余裕なし。スプーンですくってはすする。アッチッチ。水位が下がった。ネバネバ野菜スープと卵投入。おいしかったけど、熱かった。次は水少なめスタートにします。満腹で19:30就寝。泊地はほぼ風無し、静か。上空も風はうなっていなかった。
 
●2/4(土)曇りのち晴れ
 5:30起床。朝ご飯は昨日と同じ豚玉ぞうすい。味はみそ汁。水少なめでうまく作れました。GPSで調べると日の出は6:58。6:50頃テントから出てインディアンへ上がる。私のスマホは寒さに弱い。街でも冷えたらとたんに電池残量1%カメラ機能使用不可になる。そういう時は貼るカイロやでと友達に教えてもらって今回試した、ちゃんと動いて写真撮れました。また山頂付近散歩。
 日が昇るとまぶしい。風もなくポカポカ陽気。インディアンの岩でしばらく三角座り。
8:00テント撤収8:30下山開始。ツボ足でいけるのでスノーシューはザックに横付け。駄口への登山道を下る。5パーティほど登って来た。トレースばっちり。P361.7を下って標高200付近、標識のある地点で登山道から左に外れる。標識から5mくらいはヤブで難儀したが、すぐに歩きやすくなった。北東に尾根を下ると深坂からの登山道につながった。道なりに進んで国道161に出たのが10:30過ぎ。往路をたどり新疋田へ帰った。持ってきた6本爪は使わずじまい。ストックが助かった。

fukui01.jpg

fukui02.jpg

fukui03.png


スポンサーサイト
06 : 18 : 09 | 雪山 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<レスキュー・ロープワーク練習 | ホーム | 積雪期レスキュー講習会>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dosoalp.blog.fc2.com/tb.php/270-1835035e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |