FC2ブログ

比良αルンゼ 

2017年2月25日  比良αルンゼ   吉

 今日はコンディションがいいのではないか、と単独でαルンゼを訪れる。早朝の電車に乗って、8:40には取りつきについた。河原に降りるフェンスまではトレースがある。適度に硬くなった雪面をさくさく上がり、滝の岩登りを楽しもう、という私の勝手な思い込みは昨日のプレミアムフライデー料金と一緒で、世間は甘くなかった。
 取りつきからトレースが全く無い。谷筋だから雪も深いし、と、なると俺一人でラッセル!?二足歩行だと足元がずぶずぶ埋まるので、四つん這いになって五体投地ラッセルをする。これだとあまり沈まないが、昨日の疲れで腰がつらい。楽しみにしていた小ハング滝、チムニー滝、20m滝もみんな埋まっている。
 特に稜線手前は吹き溜まりが深く、疲れと共になんか腹が立ってきた。11:10過ぎに稜線に出たが、何時もはある明瞭な登山道の踏跡はなく、ただの広い雪面だ。とりあえずGPSで位置確認してさっさと降りた。
 1度目は大雪で谷すら入れず、2度目は雪解けが進んで濡れながらのクライミング、今回が上記のとおりで、なかなか冬はコンディション難しいね。

P2250083_convert_20170226045349.jpg

P2250084_convert_20170226045459.jpg

P2250087_convert_20170226045604.jpg
スポンサーサイト
雪彦山 | HOME | ボルダー(インドア)

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
09« 2018/10 »11

プロフィール

大阪同窓山岳会

Author:大阪同窓山岳会
大阪府山岳連盟所属の大阪同窓山岳会です。会員数14名の小さな会ですが、ハイキング、クライミング、沢、縦走、雪山と年間を通じて楽しんでます。集会は月1回梅田で行っています。会活動に興味のある方は、メニュー欄のカテゴリ「about us」を御参照ください。連絡先:dososangaku@gmail.com  です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR
PageTop▲