FC2ブログ
比良・中ノ谷 αルンゼ 春
2012 / 03 / 18 ( Sun )
2012年3月18日 比良・中ノ谷 αルンゼ 春 藤、吉

 2月の中旬に訪れた時は大雪で敗退、性懲りもなくまたやってきた。8時過ぎ志賀駅到着。そこからタクシーで林道に向かう。中谷出合まで入り大幅な時間短縮。何度も来てるので道にも迷わず、9時には取付に到着できた。
 しかし取付を覗き込むと、滝を多量の水が流れている。昨日の雨と雪解け水だろうか、えらいこっちゃ・・・。でも日頃水が流れる六甲の谷でアイゼン練習してるじゃないか、と気を取り直して9:20登り始める。
 F1はフリーで突破して、F2はロープを出す。肝心の滝の真ん中がルートなのだが、水が勢いよく流れている。しかし両岸を巻くのはかえっていやらしそうなので、ここは覚悟を決めてずぶぬれになりながら突破!、寒い!!
 他の滝もルート中央を水流が邪魔をする。そのうち雪も出てきたが、ずぶずぶで歩きにくい。しかも下は大きな空洞になっていて、落ちると危険である。そろそろと歩く。
 核心部のチムニー滝は下部が雪で埋まっていたが、チムニーはむき出し。ずるずると這い上がって、支点から右に体を出して突破した。
 最後の20m滝も、秋に訪れた際はアイゼンで登るのは手ごわそうに感じたが、意外と簡単に登れてしまった。後は雪の斜面を埋まりながら四苦八苦して登る。上部にはアルペン的な岩稜があり、今度ここを辿るのも面白そうだ。12時過ぎに登山道に到着し、ここで弁当を食べて下山した。
 前回は大雪、今度は水浸し、と快適な雪のαルンゼにお目にかかれていないが、また是非訪れたい。

取付
A0201

中間滝、水が流れている
A0202

フォローする藤さん
A0203

チムニー滝取付
A0204

最後の20m滝
A0205

アルペン的な上部岩稜
A0206
スポンサーサイト
18 : 13 : 44 | クライミング | page top
| ホーム |