下ノ廊下
2012 / 02 / 05 ( Sun )
2010年10月10日(土)~11日(日)  下ノ廊下(欅平~黒部ダム)    西・吉・奥

【1日目】 
 前日の夜11時に京都から夜行バスに乗り富山へ。宇奈月まで行き、そこからトロッコ電車に乗る。
室井滋さんの車内放送を聞き、景色を楽しみながらすっかり観光気分で欅平へ。
 本日は水平歩道を歩き、阿曽原温泉小屋泊まりの4時間程のコース。
9:30分「今日は楽勝やな。」と言いながら歩き始めるが、水平歩道の取り付きまでいきなり急登。途中から雨も降りだし、カッパを着ての歩きとなる。
水平歩道に入れば、道幅も十分あるし危険な所もないし、快適な歩きとなる。
途中志合谷を周り込むのにトンネルを通る個所があるが、ヘッドライトを点けても暗い。それに道にはかなり水が溜まっており歩きにくい。トンネルを抜け、しばらく歩いて折尾谷へ。ここは水が豊富に流れており休憩スポットになっている。ここでラーメンを作って食べ、後半戦へ。
道が真横に見えているのだが、谷を周り込んで行くため、結構時間がかかる。延々と歩いたところで、
かなり下の方に小屋とテント場が見えてくる。(最後は小屋まで一気に下らなければならない。ってことは、明日の朝一番は、また一気に登らなければならない。・・ということですね。)
 予定をオーバーして、なんとか辛勝って感じで16時に小屋に到着。
 連休中とあって、小屋は大混雑。夕食はおかわり自由のカレーライス。夕食後は、小屋から5分程下った所にある露天風呂に行きました。少し熱めのお湯で気持ち良かったです。(天気が良ければ星も見られてもっと良かったのですが・・)
入浴後は部屋に戻りすぐに就寝。(12人部屋に24人が寝るといった状態。行く前から分かっていたことなのですが、平日に行けたら良かったんですけどね~。)
【2日目】
 今日はコースタイム9時間強のコースで、16時までに黒部ダムに到着しなければ、電車の時間の関係で今日中に家まで帰れない・・・ということで4時起床。小屋で準備してもらった弁当を食べ、準備を整え5時に小屋を出発する。外はまだ暗く、ヘッドライトを点け、ゆっくりと登る。今回中高年のおばさんグループが多かったのですが、どんどん抜かされていく私。(これってどういうこと?)
マイペースで歩くこと小一時間、仙人ダムに到着。今日は天気も良く、とても気持ちが良い。山の上の方は紅葉しているが、見ごろとしては少し早かった感じ。
 仙人ダムのトンネルを抜けしばらく歩いたところで、東谷吊橋を渡る。一人ずつ渡るが、足元の板に隙間があり踏み外さないよう慎重に渡る。橋を渡ればいよいよ黒部渓谷に沿った歩きが始まる。S字峡・半月峡・十字峡と渓谷美を堪能しながら予定時間どおり快調に進む。さらに最も美しい白竜峡を通過し、いちばんの難所である黒部別山谷へ。
 このあたりは道幅が狭く、また黒部ダム側から歩いてきた人達とすれ違わなければならず、譲り合いながら慎重に進む。ここで時間がかかってしまったためか、内蔵助谷出合到着時刻が、予定をオーバーしてしまう。このままだと、トロリーバスの時間が・・・ 大分疲れてはいたが、ギアをトップに入れ替えてラストスパート。黒部ダムが見えてきた。やればできるもので、14時35分ダムの下部に到着。
しかし最後に厳しい登りが待っている。でもここも一気に登りきり15時5分バスターミナル着。
 連休中とあって、大勢の登山客や観光客がバスを待っている。並んで待つこと1時間。それでも予定より1本早いバスに乗ることができ、松本でそばを食べ無事帰途につきました。
 今回は山の頂上を極めない水平歩きでしたが、温泉にも入り、景色も楽しめ、またスリルある歩きでなかなか良いコースでした。垂直歩きがしんどくなってきた私。今後は快適なトレッキングコースを歩いていきたいです。

水平02

下ノ廊下
スポンサーサイト
09 : 33 : 29 | 縦走 | page top
| ホーム |