FC2ブログ

唐松岳~五竜岳  

2018年8月10日~12日    唐松岳~五竜岳   なな

 夜行バスで白馬八方に着き、ゴンドラとリフトを乗り継いで八方池山荘からスタート。観光客に混じり八方池まで歩く。ガスが出てきて景色は望めませんでしたが、花はきれいでした。登山道に入り、樹林帯をひたすら歩き、昼過ぎに唐松頂上山荘に着く。唐松岳に登るも、やはり展望は望めず。ガスの多い日は雷鳥がよく出てくると聞き、山荘近くで探すが見つからない。山荘泊。夜中に雨が降る。
  2日目朝、雨はやんでいたので、雷鳥に会えるかもと山頂にもう一度登る。しかし、霧雨が降り始め濡れてしまう。朝食後雨具に身を包み、団体さんより先に行かねばと、頑張って出発。霧雨の中、牛首の鎖場はちょっと怖かったが、慎重になんとか歩けました。と、雷鳥が登山道に! しかし、雨が降っていたので、カメラは出せず。ガスの中の稜線歩きで、景色は残念でしたが、時おり雨がやんで、山肌が見えるとほっとする。親子連れに抜きつ抜かれつしながら、歩く。山荘の手前で、雷鳥が出迎えてくれた。10時過ぎに五竜山荘に着き、少し早いが受付をする。山の日のプレゼントでてるてる坊主をもらって休憩。昼前、雨はやんだので、五竜岳に挑戦。教えてもらった岩場の歩き方を思い出しながら登るが、私には十分過ぎる手ごたえでした。またまた親子連れに会う。小学生の男の子は、すいすい登っていく。五竜岳頂上でドライトマトを一緒に食べた。五竜山荘泊。夜、晴れて星が見えたので、星空教室をしてくれた。天の川も、赤い火星も、流れ星も見えた。夜中に流星群が見えるかも、と起きたが、ガスが出ていて残念。
  3日目、やはりガスが出ていたが、遠見尾根を下る。アルプス平からはテレキャビンで下り、温泉で汗を流してほっと一息。バスで大阪に帰りました。
展望は望めませんでしたが、木や花、岩や山肌は楽しめ、変化のあるおもしろいコースでした。天気のいい日に、また行きたいです。
 次の朝、体重を測ると、宴会もしてないのに2kg増! なんで?? 見てみると身体中がぱんぱんにむくんでいました。        

karamatsu2018.png
スポンサーサイト
比良・ヘク谷、大峰・下多古川本谷 沢登り  | HOME | 乗鞍岳・交野山

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
02« 2019/03 »04

プロフィール

大阪同窓山岳会

Author:大阪同窓山岳会
大阪府山岳連盟所属の大阪同窓山岳会です。会員数14名の小さな会ですが、ハイキング、クライミング、沢、縦走、雪山と年間を通じて楽しんでます。集会は月1回梅田で行っています。会活動に興味のある方は、メニュー欄のカテゴリ「about us」を御参照ください。連絡先:dososangaku@gmail.com  です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR
PageTop▲