FC2ブログ

石鎚山東稜 

2018年10月7日~8日 石鎚山東稜  西、伊、筒、吉

 会で石鎚山を行った人が少ないので、ミニバリエーションの東稜を訪れた。
 7日に大阪を出発、比較的順調に四国に到着できた。翌朝身支度を整えて土小屋登山口から歩き始める。平坦でよく整備された道が歩きやすい。東稜基部は案内もないので、初見の場合は地図でよく確認する必要がある。朝露の笹漕ぎで濡れると思われ、レインスーツを着用。
 予想通り濡れながら笹の稜線を超えていく。やがて岩峰群が見えて登高意欲をそそられる。積雪期は面白いバリエーションルートになるだろう。あっという間に山頂。北壁基部は美しい紅葉が広がる。生憎ガスが濃いが、時折晴れて景色が広がる、シャッターチャンス!! 天狗岳から弥山へ縦走、山頂は大勢の登山者で賑わい、素晴らしい展望に歓声があがっていた。
 下山は夜明け峠~十字分岐経由で土小屋へ戻った。二ノ鎖の下りは岩も濡れていて結構悪い。またこのルートは沢筋なので、所々崩れて歩きにくく、割と体力を要する。
 この山の積雪期は結構厳しい。だが雪が安定した時にまた是非東稜を訪れたい。
 

PA080427.jpg

PA080430.jpg

PA080434.jpg

PA080436.jpg

PA080441.jpg

PA080449.jpg

PA080452.jpg

PA080456.jpg
スポンサーサイト
笠ヶ岳 | HOME | 妙号岩

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
10« 2018/11 »12

プロフィール

大阪同窓山岳会

Author:大阪同窓山岳会
大阪府山岳連盟所属の大阪同窓山岳会です。会員数14名の小さな会ですが、ハイキング、クライミング、沢、縦走、雪山と年間を通じて楽しんでます。集会は月1回梅田で行っています。会活動に興味のある方は、メニュー欄のカテゴリ「about us」を御参照ください。連絡先:dososangaku@gmail.com  です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR
PageTop▲