FC2ブログ

金糞岳中津尾根 

2018年12月23,24日  金糞岳中津尾根 西、なな、吉

 ななさんがせっかく道具を揃えたのに、暖冬が続く。関西近郊で少しでも雪の可能性を求めて、湖北の金糞岳を訪れた。
 23日は雨、雪があればトレーニングをしようと思ったが、どうしようもないので林道をしばらく歩いて様子をうかがう。
 翌朝は6時からヘッドランプをつけてとぼとぼ歩く。小雨の暗い林道は気が滅入る。白谷口からは本格的な登りが始まるが、落ち葉の中を歩いて、頂上までどうせこんな感じだろ、とたかを括る。
 小森口と展望台間の尾根道は、途中倒木がひどいところがあったが、通行に大きな支障はなかった。少しづつ雪が混じってくる。展望台は大きな広場があり、無雪期はここまで車で上がれる。見晴らしがよく素晴らしい。湖北の山の稜線は白くなっている。あたたかいのに意外。
 ここから山頂までの急登。大朝頭からはぐっと積雪が増してラッセルで苦労する。頂稜部が意外と長く、まだ着かねーのかよ、と頑張って、ようやく11時に山頂に到達した。雪山らしい山頂だ、苦労した甲斐あった、充実。
 あとは往路をトレース通りにせっせと降りて14時半に登山口に戻れた。
 ところで、先述の倒木地帯を下山しているときに、姿は見えないが、すぐ至近距離で獣のうなり声を聞く。「今の聞いたか?」「うん、これはまずい、速やかに通過しよう」
 この山域で、あれほど鋭い威嚇声を発するのは、きっとあいつだろう。この山域でよく見かけるのは知っていたが、リスク要因とはあまり考えていなかった。とにかく皆無事で何もなくてよかった。。。

PC240528.jpg

PC240534.jpg

PC240537.jpg

PC240540.jpg

PC240542.jpg

PC240543.jpg

PC240544.jpg
スポンサーサイト
山口市の山、他 | HOME | 確保技術検証

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
12« 2019/01 »02

プロフィール

大阪同窓山岳会

Author:大阪同窓山岳会
大阪府山岳連盟所属の大阪同窓山岳会です。会員数14名の小さな会ですが、ハイキング、クライミング、沢、縦走、雪山と年間を通じて楽しんでます。集会は月1回梅田で行っています。会活動に興味のある方は、メニュー欄のカテゴリ「about us」を御参照ください。連絡先:dososangaku@gmail.com  です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR
PageTop▲