FC2ブログ

北穂高岳 

2019年9月14~16日 北穂高岳   なな・瀬
 
 アヤが急に仕事が入り、ななと2人
 交野を5:45に出発、東海北陸道~あかんだなPでバスに乗り換え11時前に上高地へ。山賊定食でしっかり腹ごしらえ、快晴の河童橋はたくさんの人で賑わっている。明神~徳沢~と木漏れ日の中を歩き、15:30横尾の橋の下に広がるテント場にテントを張る。今回は七重特製カマンベールをくり抜いたチーズフォンデュをワインとともに楽しんだ。
 翌朝6時に出発予定が、残りの食材をゆっくり腹に詰め込んだため7時前になり、涸沢に10:20到着。涸沢小屋で休憩中、何やらざわついてると思ったら今から登る登山道に熊が!小屋のスタッフが鍋のふたを叩き追い払ってくれた。
 ヘルメットを装着し登り始めるが、日蔭のない南斜面でめちゃくちゃ暑い、ポカリの飲みすぎで腹ぽちゃ、さっき小屋で私だけカレーを食べてしまったことを後悔したしんどい。高度が上がるにつれ前穂奥穂がくっきり、常念岳も現れ、遠くに富士山も見えてきた。鎖や梯子も何とか通過し、頂上に15:00到着。テラスで生ビールかんぱーい最高!雲が湧いては流れ時折槍ヶ岳が見える。
 日の入りには少し早いので先に食事を終え出てみると、一面に雲海が広がり名だたる山々が頭を出し夕陽を受けて静かに輝いている。ダウンを着込んで暗くなるまでずーっと眺めていた。月の出も星の出も見て19時に小屋へ、今日は1枚の布団に2人ということで覚悟して横になったが、いびきがうるさく寝不足。
 翌朝は5時に出発、霧で岩が濡れており何度かすべりながら涸沢に7:10到着、ソフトクリームで充電し横尾までもうひと頑張り。テントを回収し残りの平地歩き3時間、足がかなり疲れていて少しの登りも嫌になる。最後の力をふりしぼって予定どおり14:00に上高地に到着するがバス待ち大行列、ひらゆの森でゆっくり温泉につかり無事交野に21時過ぎに到着、ななは更に電車で帰宅、しんどかったけど 天気にも恵まれ素晴らしい楽しい山行でした。

1001.jpg

100102.jpg

100103.jpg
スポンサーサイト



レスキュー講習会 | HOME | インドアクライミング

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
11« 2019/12 »01

プロフィール

大阪同窓山岳会

Author:大阪同窓山岳会
大阪府山岳連盟所属の大阪同窓山岳会です。会員数14名の小さな会ですが、ハイキング、クライミング、沢、縦走、雪山と年間を通じて楽しんでます。集会は月1回梅田で行っています。会活動に興味のある方は、メニュー欄のカテゴリ「about us」を御参照ください。連絡先:dososangaku@gmail.com  です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR
PageTop▲