FC2ブログ

若狭・今古川 

2012年8月11・12日 若狭・今古川 藤、西、吉

 お盆はどこに行こうか、とかねてより北ア・赤木沢、南ア・黄蓮谷、大峰・上多古、といろいろ構想はあったが、皆時間の都合で近場の若狭に向かうこととした。
 新快速で敦賀に行き、乗り換えて16時過ぎに三方駅に到着。林道終点まで歩くが、眼前には巨大な堰堤が…。ネットで事前によく調べておけばよかったが、ショックだった。まあ仕様がない、とツェルトを張って宴会。この夜は涼しくて爽やかだった。
 翌朝、林道終点手前の巻道を歩き、枝沢を下って本流に合流。標高の割にスケールの大きな沢だ。滝が連続する。ただ下部は水温も高く、ぬめっており、水質は良くない。滝も苔むして滑りやすい。
 渓相は変化に富んで飽きない。夢中で登っていると最後の奥の二俣に到着。左を詰め上がると林道にぶつかる。林道終点から細々とした踏跡を辿るも、やがて踏跡は消え、方向を定めて前進して登山道に到着した。雲谷山は静寂の山頂、周囲はブナの原生林が残っており素晴らしい。
 帰りは三方石観音への明瞭な道を下山した。しかし忠実な尾根沿いの道でアップダウンがあり長い。しかも荷が重くひたすら暑い!頭の中はビール!!という執念だけ。それだけに駅での一杯は格別だった。

林道終点で幕営
ima01.jpg

ima02.jpg

ima03.jpg

滝身の裏側を行く。
ima04.jpg

ima05.jpg

滑りやすいのでロープで確保。
ima06.jpg

頂上周辺は美しい森である。
ima07.jpg

山頂。
ima08.jpg

三方五湖
ima09.jpg


 
 
スポンサーサイト
レベルテン | HOME | 南葛城山・石川 クレン谷

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
09« 2018/10 »11

プロフィール

大阪同窓山岳会

Author:大阪同窓山岳会
大阪府山岳連盟所属の大阪同窓山岳会です。会員数14名の小さな会ですが、ハイキング、クライミング、沢、縦走、雪山と年間を通じて楽しんでます。集会は月1回梅田で行っています。会活動に興味のある方は、メニュー欄のカテゴリ「about us」を御参照ください。連絡先:dososangaku@gmail.com  です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR
PageTop▲