FC2ブログ

六甲・西滝ヶ谷、水晶谷アイゼントレーニング 

2012年10月20日 六甲・西滝ヶ谷、水晶谷アイゼントレーニング 西、吉

 忙しい西さんが時間が取れたので、時期的に少し早いがアイゼントレーニングを行う。住吉川流域の谷でまだ行ったことがないのがこの水晶谷である。
 阪急御影駅に集合。五助堰堤に向かい、六甲最高峰への登山道を上がる。沢が出てきたらGPSで位置を確認し、左俣の西滝ヶ谷に入る。結構時間がかかり、入渓時は10:45になった。
 籔っぽい平凡な沢をとぼとぼ歩く。変化がなく面白みがない。相変わらず堰堤も多い。巨大な堰堤は藪道を突っ込むが、途中で巻道が分からなくなり右往左往した。アイゼンが藪に引っ掛かり難渋する。ようやく谷に下りることができた。
 二俣手前で昼食をとり、歩行再開。ステップ付の堰堤のど真ん中に大きなキイロスズメバチの巣があるではないか!何匹か巣を出入りしている。ここは左側のステップを登らないと超えられない。どうしよう。たまたま蜂の様子が落ち着いているようなので前進。無事通過できた。
 この堰堤を超えると水晶大滝に到着。高度差10m以上はあるだろうか。念のためにロープは出すが、難無くクリア。これより上部もうんざりするほど堰堤が出てくる。踏み跡を辿り14時過ぎに極楽茶屋跡近くの登山道に出た。
 水晶大滝以外に変化の乏しい谷だったが、行程が長かったのでいい体力トレーニングにはなった。

※上記の通り、大滝手前のステップ付堰堤には大きなスズメバチの巣があります。これから水晶谷に入られる方は充分気をつけて下さい。

平凡な沢
P1000425_convert_20121020184901.jpg

ようやく滝らしいものが
P1000426_convert_20121020184941.jpg

水晶大滝
P1000427_convert_20121020185030.jpg

P1000428_convert_20121020185105.jpg

P1000431_convert_20121020185136.jpg


スポンサーサイト
御嶽山 濁河コース   | HOME | 百丈岩

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
09« 2018/10 »11

プロフィール

大阪同窓山岳会

Author:大阪同窓山岳会
大阪府山岳連盟所属の大阪同窓山岳会です。会員数14名の小さな会ですが、ハイキング、クライミング、沢、縦走、雪山と年間を通じて楽しんでます。集会は月1回梅田で行っています。会活動に興味のある方は、メニュー欄のカテゴリ「about us」を御参照ください。連絡先:dososangaku@gmail.com  です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR
PageTop▲