FC2ブログ

六甲・三ツ下谷 

2012年10月28日 六甲・三ツ下谷 西、吉

 岩登りに行きたかったが、あいにくの雨なので、谷歩きに向かう。
 9:30谷上駅に集合。駅から南に登山道へ。入口付近の堰堤で工事をしていたので非常に嫌な予感がしたが、少し進むと手つかずだった。
 山田道を離れ、谷沿いの道を進む。籔っぽい道を進むと二俣があり、左俣の堰堤を超えると目的の沢である。ここまでは分かりにくいので、ネットなどで事前情報を得ておくのが良い。
 ここからは小ぶりながらも感じのいい沢歩きとなる。所々小滝が出てくる。なるべく直登するが、ややかぶり気味で逆層の岩もあるので慎重に超える。
 20mの斜瀑は美しい滝だ。その上に10m垂直滝が連続する。この滝は中間部にリングボルトがあるが、上部はつるつるで登れるのだろうか。じっくりオブザベーションしたが、あえて登るとすれば、左岸から取付き、バンドを右岸にわたって、灌木で支点をとって登るルートだろうか・・・・。今日は無理をせず左岸を巻いた。
 ミニゴルジュを超えると間もなく炭ヶ谷道に出る。その後はシェール道、穂高湖を得て、カスケードバレーを下山して16時に六甲駅に着いた。
 この沢は小ぶりながら途中堰堤もなく、感じのいい沢だ。

P1000435_convert_20121028185631.jpg

P1000436_convert_20121028185752.jpg

P1000438_convert_20121028185822.jpg

斜瀑
P1000439_convert_20121028185855.jpg

10m垂直滝。リングボルトがあるが、直登出来るのか??
P1000440_convert_20121028185924.jpg

終了点
P1000442_convert_20121028185951.jpg

少しづつ色づき始めた広葉樹。
P1000443_convert_20121028190018.jpg

 
スポンサーサイト
金毘羅山 | HOME | 八ヶ岳

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
09« 2018/10 »11

プロフィール

大阪同窓山岳会

Author:大阪同窓山岳会
大阪府山岳連盟所属の大阪同窓山岳会です。会員数14名の小さな会ですが、ハイキング、クライミング、沢、縦走、雪山と年間を通じて楽しんでます。集会は月1回梅田で行っています。会活動に興味のある方は、メニュー欄のカテゴリ「about us」を御参照ください。連絡先:dososangaku@gmail.com  です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR
PageTop▲