FC2ブログ

霧氷の大普賢岳 

2012年11月9日 霧氷の大普賢岳 柴、中、石

 もうすぐ六甲全山縦走も近くなりトレーニング&紅葉狩りもかねての登山。福井の荒島岳の予定だったが日本海側が天候悪そうなので変更して、晴れマークの奈良のお山へ六甲縦走メンバーで行ってきた。
 青空、紅葉&ススキ、霧氷となんと運の良い日にいけたこと。私と相性がいいのかここは何回来ても晴れなのだ!!きつい登りを忘れ美しい霧氷に感動しながらの歩きだった。
 9時に和佐又ヒュッテ前に到着。9時20分出発。晴れて気持ち良い。今日は頂上付近で霧氷がみられるとのこと(ヒュッテのおじさんが教えてくれた)。お昼頃には消えて無くなるかもなあ~。
 歩き出したところで見える見える頂上の霧氷が・・間に合うかな。初めは緩やかな登りでブナ林が続く。日本岳の南面から西面へ回り込み急登を詰めると日本岳のコルに着く。左に行く鉄橋を渡り本峰の登りに入り鎖場を時々交えながらつづら折れの急坂を登って行く。傾斜がなだらかになった頃、山上ヶ岳から通じている大峰奥がけ道が右手から合流する。10分ほど登り詰めると山頂だ。大普賢岳山頂 12時00分着。
 霧氷と青い空と紅葉はすばらしかった。シャツ一枚で登れるほど・・・。頂上、無風で持ってきたカップめんもゆっくり食べれた。お昼寝したいくらいのぽかぽか陽気なのに北側の霧氷はまだ解けていない。北には稲村ヶ岳、東には大台ヶ原の正木領、南にはハ経ヶ岳や釈迦岳、360度の大パノラマ。・・・絶景だよ・・・
 足取り軽く飛び跳ねるように下山。和佐又ヒュッテ14時着。温泉は小鳩の湯。濁った湯の色が疲れた身体に効きそう~良い湯だ。お疲れさんでした。良い山行やった

大峰
スポンサーサイト
六甲・摩耶山  | HOME | 初秋の雪彦山へ

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
09« 2018/10 »11

プロフィール

大阪同窓山岳会

Author:大阪同窓山岳会
大阪府山岳連盟所属の大阪同窓山岳会です。会員数14名の小さな会ですが、ハイキング、クライミング、沢、縦走、雪山と年間を通じて楽しんでます。集会は月1回梅田で行っています。会活動に興味のある方は、メニュー欄のカテゴリ「about us」を御参照ください。連絡先:dososangaku@gmail.com  です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR
PageTop▲