FC2ブログ

岩場探訪(妙号岩、城ヶ越岩場)&ハイク(菊水ルンゼ~鍋蓋山~三ノ宮) 

2013年2月3日 岩場探訪(妙号岩、城ヶ越岩場)&ハイク(菊水ルンゼ~鍋蓋山~三ノ宮) 筒、吉

 比良に行く予定であったが、ここ数日の雨と暖かさで雪の状態があまり良くないのではと思い、近場の山で楽しむこととした。
 鈴蘭台からダムへ歩く。今日は雲ひとつない快晴。すぐに菊水ルンゼに取りつくはずだったが、ロープも靴もあるので、妙号岩にも立ち寄ってみる。道路からすぐなのでアプローチが良い。「南無阿弥陀仏」の罰あたりルートの左ルートを登る。しっかりしたボルトが打ってあって不安はないが、出だしが斜度があって見た目よりやや難しい。人もいないし、日当たり良好、岩のコンディションもいいが、次の予定があるため後ろ髪引かれる思いで、間もなく退散した。
 ダム脇の踏み跡を辿ると菊水ルンゼの取付がある。明瞭なルンゼで高度感満点、展望も素晴らしい。短いルートでもったいないが、展望所を超えて間もなく山頂に着いた。
 次に城ケ越の岩場向かう。ここは現在登られていないが、鍋蓋山の縦走路から顕著で鋭角的なピナクルが見え、以前から気になっていた。ネットによると昔は登られていたようだが、谷の工事で基部がうまり、現在は手つかずの模様。藪こぎして基部にアプローチし、一応ロープをつけてピナクルの基部から取りつく。裏側は斜度が緩やかなので、1Pでピナクルの頂上に出た。なんと頂上には古びたハーケンが1本あった。感慨深い…。眺望も素晴らしい。
 鍋蓋山から神戸の美しい海を眺め、のんびり三ノ宮へ下山した。今日は沢山の中身で満足だ。

妙号岩全景
P1000568_convert_20130203174918.jpg

罰あたりルート。支点が遠い。
P1000565_convert_20130203175009.jpg

テラスで。
P1000563_convert_20130203175057.jpg

高度感のある菊水ルンゼ
P1000571_convert_20130203183939.jpg

城ヶ越岩場のピナクル近景。支点はないが、面白そう。
P1000575_convert_20130203175222.jpg

まったく、どこ登らすんだか…。
P1000579_convert_20130203175357.jpg

頂上のハーケン!!時代を感じさせる。
P1000578_convert_20130203175310.jpg

ピナクル全景。
P1000580_convert_20130203175433.jpg

鍋蓋山山頂から神戸を望む。
P1000581_convert_20130203175508.jpg


 


スポンサーサイト
岩登練習(蓬莱峡) | HOME | 生駒山

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
09« 2018/10 »11

プロフィール

大阪同窓山岳会

Author:大阪同窓山岳会
大阪府山岳連盟所属の大阪同窓山岳会です。会員数14名の小さな会ですが、ハイキング、クライミング、沢、縦走、雪山と年間を通じて楽しんでます。集会は月1回梅田で行っています。会活動に興味のある方は、メニュー欄のカテゴリ「about us」を御参照ください。連絡先:dososangaku@gmail.com  です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR
PageTop▲