FC2ブログ

武庫川・西ノ谷 

2015年6月13日  武庫川・西ノ谷   西、吉

 今年の沢初めに手頃な西ノ谷に向かった。武田尾駅から取りつきまで徒歩20分。廃線トンネルを二つ超える。途中の道路は工事していてまたまた様相が昨年と変わっている。
 堰堤を超えて沢に入る。10分程歩くと最初の滝、10m滝。ハング状になっている。最初に訪れた際は水量がほとんどなく、滝中央にリングボルトがあり(今は確認できない)、人工でハングを超えた記憶がある。昨年同様今日も水量が多い。左岸(右側の)バンドを直登しよう。
 1枚目のハーケンをリスに打つ。これは効いているようだ。体を預け、2枚目をハングを超えたところに打とうと思う。足場が苔むし、つるつるなのでここはどうしてもプロテクションがほしいところ。でもクラック、リスにハーケン、カムをあれこれ試行しても効かない。岩も脆い。無理したくないので、あきらめて1枚目のハーケンを回収し、一旦下りて右岸を巻く。
 堰堤ができ、随分土砂の堆積物がたまって沢が荒れている。桜滝の中下段も堆積物で荒れ気味。上段には残地シュリンゲがあるが、古くて今一つ信用できないので、ロープを出す。滝には古いハーケンとリングボルトが一つづつある。
 登山道に合流し、食事をして上流に向かう西さんと別れ、用のある私は下山した。この沢は以前は小規模ながらもきれいな沢だったが、堰堤工事で随分変わってしまった。残念だ。

10m滝
P1010392_convert_20150613152235.jpg

桜滝上段
P1010398_convert_20150613152325.jpg

遡行終了
P1010399_convert_20150613152355.jpg

峰山 小田原川  掛ヶ谷 

2014年8月24日  峰山 小田原川  掛ヶ谷  西、吉

 今夏は非常に雨が多い。今日も不安定な天気だが、取付点の確認だけしとこう、ということで寺前へ向かう。
 須磨駅で西さんにピックしてもらい、10時過ぎにJR播但線寺前駅近くの宮野地区に到着。墓地駐車場で雨が降ってくる。やはり沢は水量が多い。殆ど進まなかったが、取付は解ったので、また条件のいい時に来るとしよう。
 時間が早いので、近隣の福崎町の民俗学者柳田國男記念館と七種大滝に寄る。雨の影響で大滝は凄い迫力だ。北ア「称名滝」のミニ版という感じ(直接見たことないが・・・)。普段のように水量が乏しいとパッとしないが、今日は立派。写真ではよく分からないが、神々しく感じられた。
 播州地域は風土、歴史、自然、なかなか魅力的である。

取付の駐車場
P1010176_convert_20140824171510.jpg

七種大滝
P1010177_convert_20140824171536.jpg



惣河谷 

2014年7月20日 惣河谷 西、吉
 
 今日も近郊の沢で遊ぶことにする。宝塚駅に集合し、33号線の橋から右股に入渓する。取付はゴミが多く、印象は良くないが、支流に入ると沢らしくなり、水質も少しよくなる。魚影が見え、西さんによるとカワムツとのこと。淵にはオタマジャクシも泳いでいる。
 F1 10m滝は垂直の綺麗な滝。河原ではでかいヤマカガシが日向ぼっこしている。これほどでかいのは初めて見るが、毒蛇なのでそっとしておく。よく見ると右壁に古いリングボルトがあるが、右から巻道を上がる。この滝が直登できたら楽しいだろうに。
 その後小滝が続き、中間部は河原で変化に乏しい。F6はロープを出そうか迷ったが、そのままフリーで突破。F7,8はこの沢の核心部だろう。右壁から取りつくが、苔むして滑りやすい。逆層のちょっと足場がいやらしいところでハーケンを1枚打つ(フォロワーが回収)。少し上がると古いハーケンがあり、ここでもランニングをとってちょっと一息。そのままの直上はいやらしそうなので、左へトラバースし、滝身を慎重に上がる。この上も滑滝で、ここで滑ったら下までピューである。立木で長めのランニングをとり、滑りやすい滝を上がってようやくセルフビレイ、ふー。
 F9は西さんにリードをお願いする。当初ルンゼを上がろうとしたが、全く支点がとれないので、左壁をトラバースした。トラロープがかかっているが、ハイキングではここは危険な要注意ポイントだろう。
 ほどなくF10を通過して、車道に合流し、清荒神駅に下山した。短いながらもなかなか登攀的で面白い沢だ。

F1大滝
P1010152_convert_20140720152351.jpg

F7 意外と手ごわい
P1010158_convert_20140720152421.jpg

F7,8の登攀終了
P1010160_convert_20140720152449.jpg

F9の直上
P1010161_convert_20140720152519.jpg

F9終了点から
P1010163_convert_20140720152609.jpg

ハチノス谷 

2014年6月8日 ハチノス谷  西、吉

 近畿地方も梅雨入りしたが、梅雨の晴れ間、今日は半日沢登りでハチノス谷に行った。
 2回目なので取りつきまではスムーズ。小さい気象観測所を越えて沢に入る。水は少なめ。間もなく2段15m滝。前回は僕がリードしたので今日は西さんにお願いした。出だしがハング気味なので少し戸惑う。
 その後も二つCS滝が出てくるが、微妙なバランスでフリーで突破。
 ハイライトの20m大滝、万一突破できないかとフル装備できたが、間近で見るととても無理。このハング滝を突破した人はいるのだろうか。
 右股を蒸し暑い中ひーこら登って尾根に上がり、昼食。猛烈なヤブ蚊に襲われて閉口した。長峰山にはあがらず下山して六甲駅に戻った。

2段15m滝
P1010133_convert_20140608213806_convert_20140608213832.jpg

20m大滝
P1010134_convert_20140608215318.jpg


武庫川・西ノ谷 

2014年5月11日  武庫川・西ノ谷  西、阪、吉

 今年の沢初めに北摂・西ノ谷に訪れた。武田尾駅から近く、短いながらもなかなか趣のある沢だったが、数年ぶりに訪れたら下流に3つ砂防堰堤ができていた。
 堰堤を越えて最初の10m滝。ハング状であり、以前は支点があってA0で直登出来たが、今日は支点が確認できない。苔むしてもいるので、左を巻く。今日は水量が多かったので、水流で支点が確認できなかったのかもしれない。
 桜滝は3段になる立派な滝。傾斜は緩いが、ぬめりやすいのでロープで確保して登る。
 上流は二つほど容易な滝を越えて遡行終了。踏み跡を辿り大峰山に上がった。展望もなく、雑木林に囲まれた静かな山頂である。
 十万辻経由で宝塚駅に下山した。日差しが強く疲れた。

P1010108_convert_20140511195859.jpg

P1010113_convert_20140511195943.jpg

P1010115_convert_20140511200014.jpg
BACK | HOME | NEXT

calendar

S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
09« 2018/10 »11

プロフィール

大阪同窓山岳会

Author:大阪同窓山岳会
大阪府山岳連盟所属の大阪同窓山岳会です。会員数14名の小さな会ですが、ハイキング、クライミング、沢、縦走、雪山と年間を通じて楽しんでます。集会は月1回梅田で行っています。会活動に興味のある方は、メニュー欄のカテゴリ「about us」を御参照ください。連絡先:dososangaku@gmail.com  です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR
PageTop▲