FC2ブログ
惣河谷
2014 / 07 / 20 ( Sun )
2014年7月20日 惣河谷 西、吉
 
 今日も近郊の沢で遊ぶことにする。宝塚駅に集合し、33号線の橋から右股に入渓する。取付はゴミが多く、印象は良くないが、支流に入ると沢らしくなり、水質も少しよくなる。魚影が見え、西さんによるとカワムツとのこと。淵にはオタマジャクシも泳いでいる。
 F1 10m滝は垂直の綺麗な滝。河原ではでかいヤマカガシが日向ぼっこしている。これほどでかいのは初めて見るが、毒蛇なのでそっとしておく。よく見ると右壁に古いリングボルトがあるが、右から巻道を上がる。この滝が直登できたら楽しいだろうに。
 その後小滝が続き、中間部は河原で変化に乏しい。F6はロープを出そうか迷ったが、そのままフリーで突破。F7,8はこの沢の核心部だろう。右壁から取りつくが、苔むして滑りやすい。逆層のちょっと足場がいやらしいところでハーケンを1枚打つ(フォロワーが回収)。少し上がると古いハーケンがあり、ここでもランニングをとってちょっと一息。そのままの直上はいやらしそうなので、左へトラバースし、滝身を慎重に上がる。この上も滑滝で、ここで滑ったら下までピューである。立木で長めのランニングをとり、滑りやすい滝を上がってようやくセルフビレイ、ふー。
 F9は西さんにリードをお願いする。当初ルンゼを上がろうとしたが、全く支点がとれないので、左壁をトラバースした。トラロープがかかっているが、ハイキングではここは危険な要注意ポイントだろう。
 ほどなくF10を通過して、車道に合流し、清荒神駅に下山した。短いながらもなかなか登攀的で面白い沢だ。

F1大滝
P1010152_convert_20140720152351.jpg

F7 意外と手ごわい
P1010158_convert_20140720152421.jpg

F7,8の登攀終了
P1010160_convert_20140720152449.jpg

F9の直上
P1010161_convert_20140720152519.jpg

F9終了点から
P1010163_convert_20140720152609.jpg
16 : 05 : 41 | 沢登 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ハチノス谷
2014 / 06 / 08 ( Sun )
2014年6月8日 ハチノス谷  西、吉

 近畿地方も梅雨入りしたが、梅雨の晴れ間、今日は半日沢登りでハチノス谷に行った。
 2回目なので取りつきまではスムーズ。小さい気象観測所を越えて沢に入る。水は少なめ。間もなく2段15m滝。前回は僕がリードしたので今日は西さんにお願いした。出だしがハング気味なので少し戸惑う。
 その後も二つCS滝が出てくるが、微妙なバランスでフリーで突破。
 ハイライトの20m大滝、万一突破できないかとフル装備できたが、間近で見るととても無理。このハング滝を突破した人はいるのだろうか。
 右股を蒸し暑い中ひーこら登って尾根に上がり、昼食。猛烈なヤブ蚊に襲われて閉口した。長峰山にはあがらず下山して六甲駅に戻った。

2段15m滝
P1010133_convert_20140608213806_convert_20140608213832.jpg

20m大滝
P1010134_convert_20140608215318.jpg


21 : 56 : 37 | 沢登 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
武庫川・西ノ谷
2014 / 05 / 11 ( Sun )
2014年5月11日  武庫川・西ノ谷  西、阪、吉

 今年の沢初めに北摂・西ノ谷に訪れた。武田尾駅から近く、短いながらもなかなか趣のある沢だったが、数年ぶりに訪れたら下流に3つ砂防堰堤ができていた。
 堰堤を越えて最初の10m滝。ハング状であり、以前は支点があってA0で直登出来たが、今日は支点が確認できない。苔むしてもいるので、左を巻く。今日は水量が多かったので、水流で支点が確認できなかったのかもしれない。
 桜滝は3段になる立派な滝。傾斜は緩いが、ぬめりやすいのでロープで確保して登る。
 上流は二つほど容易な滝を越えて遡行終了。踏み跡を辿り大峰山に上がった。展望もなく、雑木林に囲まれた静かな山頂である。
 十万辻経由で宝塚駅に下山した。日差しが強く疲れた。

P1010108_convert_20140511195859.jpg

P1010113_convert_20140511195943.jpg

P1010115_convert_20140511200014.jpg
20 : 12 : 09 | 沢登 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
比良 αルンゼ
2013 / 11 / 18 ( Mon )
2013年11月17日 比良 αルンゼ  藤、吉

 紅葉を楽しみにαルンゼへ向かう。以前は取りつきまで迷ったが、何度目かなのでスムーズに辿りついた。行動中はコンテでスピーディーに動けた。最後の詰め上がりはアルペン的な右岸稜を上がる。振り返ると琵琶湖の雄大な風景が広がる。紅葉は今一つだったが、谷中は我々だけで静かな山行が楽しめた。ところでシャクナゲが咲いていたけど、この時期に咲くかいな???

P1000903_convert_20131118042806.jpg

P1000912_convert_20131118042851.jpg

P1000917_convert_20131118042922.jpg
06 : 42 : 47 | 沢登 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
西山谷
2013 / 07 / 28 ( Sun )
2013年7月28日 西山谷 藤、筒、吉

 筒さんは沢登初体験、道具をそろえて今日に備えました。どこにしようかと思案し、西山谷は堰堤が多いのが残念だが、京阪神からのアプローチも良く、滝もあり、水量も豊富なので今回訪れることにした。
 取付から間もなく第2、第3堰堤を迎える。この大きな堰堤がある意味西山谷での最大の悪所。巻道も不明瞭になるところがあり、泥で滑りやすいので慎重に行動する。
 F3 10mは水量が豊富で水しぶきをあげている。筒さんもずぶぬれになりながらも果敢にチャレンジ。次いでふるさとの滝15m。ロープを付けてさあ、と思った矢先、取付に変なものが。じぇじぇ、マムシ!!偉そうに岩場に鎮座していて全く動きそうにもない。噛まれてもいやなのであきらめる、残念。でも登っている途中で現れたらもっと困る。
 F7大滝20mも水量が多くてド迫力、ロープを付けて水身をゆく。愛情の滝は一見簡単そうだが、意外とかぶっていて少し戸惑う。上部にハーケンあり。最後のCS滝は出だしが人工で超えないといけないので、今回はパス。泥だらけになりながら、なんとか天狗橋に着いた。阪急六甲駅で乾杯。
 西山谷は六甲でボリュームたっぷり楽しめるいい沢だ。

P1000825_convert_20130728194707.jpg

10m滝
P1000826_convert_20130728194737.jpg

P1000829_convert_20130728194813.jpg

マムシちゃん
P1000832_convert_20130728200104.jpg

20m大滝
P1000837_convert_20130728194844.jpg

愛情の滝
P1000851_convert_20130728194944.jpg
20 : 16 : 42 | 沢登 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>