三周ヶ岳、美濃俣丸
2016 / 06 / 28 ( Tue )
2016/3/11夜~3/13 三周ヶ岳、美濃俣丸
メンバー:島、筒

●1日目:広野ダム~夜叉ヶ池~三周ヶ岳~1125mピーク北の平坦地(泊)
前夜車にて今庄駅まで移動、25:30頃到着、駅近くで仮眠、AM7:00過ぎに起きる。
ゆっくり準備してから車で広野ダム先の林道を目指す。途中残雪が道を塞いでいたので、ダムから50m程入った場所で駐車、そこから歩いた。
長い林道の途中には廃村があった。登山口の神社からはすぐに雪道。沢沿いの急斜面にある登山道、雪面のトラバースで神経を使う。途中から登山道は完全に雪の下になった。トレースは無い。地形を見て進む。急登になると、道沿いに“池まで1500m”“池まで500m”の立て札。夜叉ヶ池までの距離が表示されている。稜線に上がる手前、夜叉ヶ池山に向かって左にトラバース。視界が開け、明るい稜線に夜叉ヶ池が現れた。池は雪の下。立て札にイモリやヤシャゲンゴロウがいると書いていたが確認できず。腹ペコにつき昼ご飯にする。

 夜叉ヶ池の岸から稜線まで、短いが雪が無く藪の中を進む。あっちが引っかかりこっちが引っかかり、たった数メートルだが苦労した。稜線は雪が無く登山道がはっきり。周りは全部山やまやま。見晴らしのいい稜線歩き。ピークをいくつか越え、三周ヶ岳山頂手前の鞍部で荷物をデポ、広い稜線を登る。途中には小さな雪庇も出ていた。山頂は雪に覆われ全てが雪の下、山頂のプレートがあるのかどうかもわからない。360度の展望を楽しむ。遠くは白山や琵琶湖、若狭湾まで見える。お天気に恵まれて良かった。

 その後デポした場所へ戻り、稜線目指してトラバース。ここからは地図とにらめっこ。樹林帯の中細かいアップダウンが連続する。ゆるい雪にはまる・抜け出すを繰り返しながら進む。進行方向に見える大きな山、それまでどこぞの遠い山だと思っていたその山が、美濃俣丸だと気付いたときは、開いた口がしばし塞がらなかった。地図読みできてなかった。
美濃俣丸はとても大きく遠く見えた。これは大変、今日のうちに進めるだけ進もうと意見一致し、薄暗くなるまで行動。1125mピークを巻き終わった平坦な場所で整地してテントを張った。水を持ってきたので雪を溶かす手間がない。夜は星空だった。

●2日目:1125mピーク北の平坦地~美濃俣丸~912mピーク~広野ダム
翌日も好天。朝、靴が凍って足の甲からあとが入らない。テントの中に入れていたのにカチッと凍った。イタイイタイと踏み込むこと小一時間、やっとこ足が靴におさまった。要した時間と痛さで雪山用登山靴の買い替えを決意。今のは化繊。次は皮にしてみよう。
昨日遠く見えた美濃俣丸、実際はそんなに時間はかからず登頂でき、ほっとする。美濃俣丸山頂でも360度の展望。山頂を出る前にこれから向かう1115mピークと912mピークの位置をしっかり確認した。正面には広野ダム湖が見える、あそこまで行かなくてはならない。

 稜線はシャクナゲが多く、雪があっても引っかかる。無雪期はしんどいなと思った。912mピークで美濃俣丸も見納め。あとは樹林帯の中を下る。すぐに雪がなくなってきた。地図を頼りに下るが、どんどん急斜面になっていく。地図読みに自信なくなる。急なガレ場を下り小さな谷をトラバースして、最後は鈴谷川と日野川の合流点で林道に下りた。登山道ない所の下り、足が疲れた。道があるという事はとてもありがたい事だと思った。そこから1時間程林道歩き。広野ダム近くの橋まで戻る。もうお昼を過ぎていた。ダムの管理事務所前からは登った美濃俣丸が良く見えた。事務所には管理人がおられて、ダムカードを貰った。 車に戻り、帰路、農産物直売所四季菜に寄り道。手作りおはぎが評判らしい。ついでにテントを張って乾かした。おはぎおいしかった。お腹落ち着き、テント乾いて帰った。

bbbbb.jpg
19 : 10 : 13 | 雪山 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
北アルプス 室堂~五色ヶ原~鳶山ピストン
2016 / 06 / 28 ( Tue )
2016年4月29日~5月1日
北アルプス 室堂~五色ヶ原~鳶山ピストン メンバー:島、筒 

●1日目:室堂~一ノ越山荘(小屋泊)
木曜夜発の夜行バスに乗って金曜朝富山駅前着。天気は曇り。電車から見た立山連峰、美女平から上は雲で見えない。 富山地鉄で立山駅へ。立山に近づくにつれ小雨が降り出す。ロープウェイは、あいにくの天気で待ち時間なしだった。室堂は吹雪、10:30頃出発。室堂~一ノ越山荘までは20歩ごとに竹竿が立てられていて安心。12:00頃山荘到着。山荘で吹雪が弱まるのを待つが、むしろ強まる。竜王岳方面へ上がり観測所近くでの幕営も考えたが、この風ではテントが設営中飛ばされるかもしれない。一ノ越はテン泊禁止。結局その日は山荘に泊まった。ストーブのある暖かい食堂、布団には豆炭。山小屋は天国だなあと思った。窓の外では、風が夜通し呻っていた。

●2日目:一ノ越山荘~竜王岳基部~鬼岳~獅子岳~ザラ峠~五色ヶ原~鳶山~鬼岳(テン泊)
天気予報は明日へ向けて下り坂。泊地は五色ヶ原を予定していたが、広い五色ヶ原でホワイトアウトになると危いので計画変更、越中沢岳目指して行ける所まで行って、リミット時刻を決めて折り返し、最低でも鬼岳-竜王岳の鞍部までは戻ろう、ということにした。
朝5:20一ノ越山荘出発。予定では4:30発だったが遅れる。雪はやんだ。一ノ越は風が抜ける。風に押され吹き溜まりに沈み、10歩も登ると息が上がった。竜王岳基部に着いた時点でもうクタクタ、先が心配になる。青空。後立山連峰から針の木、槍ヶ岳まで全部見えた。正面には薬師岳。大きい。反対側には鍬崎山、美女平、大日岳、剣岳、雄山。雪の北アルプス、本当にきれい。  ここからは下り。竜王岳の下りは岩が露出して登山道が見えていた。鞍部から少し下ったカールに山スキーヤーが2人。この急斜面を滑って下りるなんてすごい。鞍部に下りてからは少し登り返し、鬼岳東面をトラバース。トラバース後獅子岳との鞍部へ下り、稜線に戻って獅子岳へ登り返す。南北に長い獅子岳ピーク。ここからザラ峠へは標高差300mを一気に下る。この落差、復路登るのに、筒はザック担いでは厳しいとの判断で、筒ザック(テント入)は獅子岳ピーク付近にデポ。空荷になった筒が先頭になる。ザラ峠から五色ヶ原までは緩やかな登り。五色ヶ原は白い平原に山荘がぽつり、屋根が赤いのが見えた。いいとこ、またゆっくり来たい。山荘と鷲岳は寄らずに通過。時間は11:00前。越中沢岳までは厳しいが、行ける所まで行きたい。鳶岳着は12:00過ぎ、越中沢へ続く稜線がはっきりと見えた。ここから一旦下って登り返す、その間に複数のピーク。行きたいが、帰りが日没過ぎる可能性大。鳶岳で引き返すことにした。
 剣岳にはもう雲がかかった。天気が崩れる前に五色を過ぎて、獅子岳にデポしたテントまで戻らないといけない。 ザラ峠でホワイトアウトになる。気温が下がってきた。雪面は行きと変わって締まり、アイゼンが刺さりにくい。ハイマツ上はピッケルもアイゼンも効くので、できるだけハイマツの上を行く。獅子岳最後の50m位は直登、ヒジから先とフクラハギがだるくなる。何とか登りきった後はデポしたザックを探す。視界10m位。見つかるか不安になるが無事発見。テントが手元に戻ってほっとした。それから獅子岳-鬼岳間の鞍部へ下り、鬼岳トラバースに入る。視界が悪いので島さんのGPSで現在地を確認しながら少しずつ進む。上ったり下ったり。岩尾根を乗っ越そうとしたら、その先は切れ落ちていた。ピーク方向もその逆も岩。危ないので尾根上を移動することもできない。乗っ越す地点を間違えた。来た道を下る。17:00過ぎ。島さん復路ほぼ全て先頭ラッセルのため疲れ大。今から尾根越えの地点を見つけ、更にトラバースして次の鞍部まで行くのは難しい。17:30前、鬼岳東面でビバークすることを決定、斜面を掘ってテントを張った。

●3日目:鬼岳~室堂
5:00頃目が覚める。風は相変わらず強い。視界10m以下。テントの山側は雪でひしゃげ、島さんにのしかかっていた。島さんは溜まった雪の圧でよく寝られなかったとのこと。視界はまだしも強風は危険との判断で、そのまま待機。2時間ごとに除雪するもすぐまた積もる。雪崩が心配になる。10:00頃、風が少し弱まったので出発。今度は昨日乗った所より上の地点で尾根に乗ることにした。尾根に上がるとその先はやはり切れていたが、尾根上をピーク方向へ上がれるようだったので進もうとする。ところがそこで島さん論、ここから下ろう、行きに見た地形では、鞍部の下のカールまで落差はそんなにない、下れる、と。確かにそんな地形だった気もしたが、下をのぞいても切れた先が見えない。怖い。島さん下り出す。筒えいやで付いていく。島さんの切ったステップを一歩一歩大事に踏んで追いかける。自分へ掛け声をかけながら、ピッケル打つ、アイゼン蹴り込むを繰り返す。30m位下った所で、島さんに「ここまでくればもう立てる、前向きでいける」と言われても、緊張抜けずそのまま後ろ向きに下り続けた。 カールに下りて鞍部へ登り返し、竜王岳へ登る登山道を探す。昨日登山道は露出していた。風が強いから雪は付かないだろうと思っていたが、予想に反し赤いペンキが見つからない。仕方なくGPSで現在地確認しようとするが、寒さでバッテリー性能が落ちた。電池を取り出し脇に挟んで温め再度スイッチオン。現在地・どの方角に進むか・何m進むかを確認し、コンパスに方角をセット。歩数を数えながら登る。GPSはバッテリーが上がらないよう、重ね着の一番内側へしまった。しばらくすると赤ペンキ発見、ペンキたどる・見失うを繰り返しながら登る。上へ行けば行くほど風が強くなる。竜王岳基部へ上がると、もひとつ強風。広い尾根。赤ペンキとGPSとを確認・歩く・確認・歩く。 一ノ越山荘直前は特に強風で、転がされて膝を打った。腰を下げピッケルをついて進む。白い中黒い影が現れた。山荘だ。本当に、ほっとした。そこから室堂までは竹竿の案内に沿って下山。15:30頃室堂着。帰ってきました。
今回学んだこと。・GPS必携・体力不足・歩きながら地形を記憶しておく・状況に応じてルートを変える・GPS用電池は寒冷地対応の物がいい・同行者のありがたみ
おつかれさまでした。
 
aaa01.jpg
19 : 08 : 02 | 雪山 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
台高・高見山
2016 / 03 / 01 ( Tue )
2016年2月11日  台高・高見山   吉、石、瀬、とも、吉m、他 3名

 近鉄榛原集合、バスで登山口へ、民家の横から登り初める。途中日陰でスベる場所があり順番待ちはあったが、まったく雪無し!急登が続くが、座ることなく、小休止を何回かとり、頂上手前でやっと雪道に!11時過ぎ頂上着、風もなく、雲ひとつない快晴!日当たりの良い斜面に各々場所を探して昼食。
 11時半、アイゼンをつけ下山開始。高見杉を見て、長い下りを黙々と歩き、たかすみ温泉一時半着。たこ焼きとビールで一服、バスで榛原駅に戻り、いつものように京橋で盛り上がる!
 樹氷は見れなかったけど、2月とはおもえないような快晴で良い景色でした! 

takami001.jpg
05 : 42 : 50 | 雪山 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
稲村ヶ岳
2016 / 01 / 11 ( Mon )
2016年1月9日~10日  稲村ヶ岳   西、筒、島、吉

(若干遅くなりましたが、以下はリーダーの筒さんの記載と、写真を追記します。)

1日目:洞川温泉~稲村小屋(泊)
10:40洞川温泉スタート。山上ヶ岳方面上の方に樹氷見えるも下界は雪なし。道路は路面凍って足元にひやひや。途中左手にごろごろ水の採水場。車で来て何十本も汲んでる。腰大事にして下さい。
11:20母公堂でブーツはいて登山道入り。植林の樹林帯。雪なし。さびしい。これならコースタイム多めに見ないでいける。山肌を巻いてゆるゆる登る。法力峠も雪なし。なので冬道には上がらずそのまま高橋横手を進んだ。右手に見える観音峰も黒い。前方に大日のとんがりが頭を出す。峠からは地面白くなってくる。山上辻手前では左尾根上方に樹氷。青い空白い氷。うれしくて上向いてばっかり。稲村小屋着は14:00過ぎだったと思う。トイレ前にエスパース張っておニューのフライ装着(次回はもっとうまくつけます)。うん、立派なテントです。
さてこれからどうしよう。吉さんはテントに残って酔っ払い読書。筒・西さんはレンゲ辻方面へ散策。というわけで再出発です。レンゲ辻へと思ったけどその前に狼尾も見ておきたい、まずは狼尾へ。晴れた空に明るい樹氷の林。シャクナゲいっぱい。木がまばらな所から大日・その後ろ稲村が見えた。そのあと一旦テン場へ下ってレンゲ辻へ。道は山腹を巻くトラバース、ところどころ凍ってけどアイゼン付けず。地図上水マークの沢も凍るがわずかに流れあり。汲めそうだった。左手尾根にシカの群れ、急な斜面を走ってく。あんな速く動けるなんて。シカはすごい。
成仏山手前鞍部にて西さんはひき返して筒はもう少し行くことに。成仏山は行ったことない。稜線に上がると澄んだ視界に大天井~山上ヶ岳~大普賢まで見えた。ピークへの細尾根は草付に雪が載って滑りそう、慎重に往復。テン場へ戻ったのは17:00前。テントからは西さん吉さんの話し声。あたりは夕日色、この時間帯山にいられるのは幸せなことだなと思う。晩ご飯は豚と鳥の鍋。結露はなはだし。さあ食べようという時島さん到着。無事着いてよかった。

2日目:稲村小屋~稲村ヶ岳ピストンのち観音峰へ。
出発時間は6:00過ぎでしたか、覚えてないです。夜は上空で風うなるも朝になると穏やか。アイゼン装着するも雪少なくて楽々。大日のキレット難なく通過、ついでに大日ピークにも寄る。稲村ピークはガスの中。部分々々で雲が切れ景色がのぞく。白い視界に色が現れるとうれしい。寒いけど景色を待つ。弥山だ山上だ大普賢はまだか釈迦は見えないな等と、体を動かしながら小一時間いた。ひとしきり見たあとはテントへ戻って撤収。アイゼンはずす。下山は法力峠から観音峰経由。観音平からの眺めはピカイチ。大日~稲村~バリゴヤ・鉄山~弥山。行きたい。14:30頃観音峰登山口に下山。みなさまお疲れ様でした。無事下山してよかったです。

稲村

 この土曜日に下市口駅集合、淡々と上がって稲村小屋に到着。雪が少なくて夏道の状態と変わらない。小屋周辺のスペースにテントを張る。西さん達は散策をして、一方、私はテントで本を読んでゆっくりする。食事をして、しばらくすると仕事で遅れた島さんと合流。
 翌朝5時過ぎに起床。キレットから大日岳、稲村ヶ岳を往復。積雪が豊富な際はちょっとしたバリエーションになるようだが、雪が少なく夏道と状況は一緒。今年は極端な暖冬で仕方ないだろう。
 観音平の展望を経由して、帰阪した。今回積雪が少なかったのは残念だが、大峰の眺望と鋭角的な大日・稲村ケ岳に登頂できたのは、嬉しかった。リーダーさん、ありがとう。

大日岳
P1010527_convert_20160111154907.jpg

稲村岳
P1010531_convert_20160111154936.jpg

大日岳のピーク
P1010533_convert_20160111155006.jpg

大日・稲村のピーク(観音平より)
P1010546_convert_20160111155104.jpg
16 : 21 : 31 | 雪山 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
蝶ヶ岳
2016 / 01 / 03 ( Sun )
2015年12月29日~31日  蝶ヶ岳   西、筒、島

12/29
雪が降る中タクシーで釜トンネル入口まで行く。天候は良くなることがわかっているので気持ちは軽いが装備は重い。
釜トンネル出口にて装備を整えて出発。トンネル出口のすぐ前には次の新しいトンネルを掘削中の様子。
バスターミナル,河童橋と過ぎるが、このリーダー休憩する気配がない。焦る気持ちも明神で休憩となり一安心。徳沢までは快調に進む。徳沢から見る長壁尾根には白いものが見えない。
徳沢で長い休憩をとるが、長壁尾根の登りでは荷物の重さに負けたラスト1名が遅れ気味。たびたび足を止めてくれる2番手のおかげでなんとかついていく。リングにタオルが投げ入れられる直前に標高2000m付近の幕営予定地に到着。前日の設営跡地と思われる場所にちゃっかりテントを張る。新品のエスパースが眩しい。水作り用の雪を採ろうとするが、きれいな雪が採れず木の破片が多数あり出汁のきいた水ができそう。明るいうちに食事を済ませ、やること無くなったので18時ごろには寝てしまう。
12/30
寝坊助3人組、予定の4時になっても誰も起きない。みんな互いに人任せで夢の中、う~ん!これぞ理想のパーティ。それでも明るくなる前には準備整え出発する帳尻あわせはさすが!
月明かりの中登っていくとだんだん明るくなり、ついにはご来光と思われる状態になるが、残念ながら樹林帯に邪魔されご来光はお預け。長壁山は樹林帯の中、これが山?というような小さいピーク。途中、風が吹き抜けるところはトレースが消えており、少しだけラッセルとなる。奥穂の姿が良く見えてくると森林限界点に着く。スノーシューの人はDEPO。ここでもまあ雪が少ないこと、結局ワカンもアイゼンも使うことなくあっけなく山頂に到着。360度の展望を楽しむ。特に穂高がかっこいい、富士山まで見えて良かった。風も弱いことから充分展望を楽しんでから下山開始。
森林限界まで戻ってきてもデポしたスノーシューには目もくれずに下山しようとする太っ腹なメンバーがいたことには驚かされる(だったら私が貰います)。
幕営地点まで戻り、時間がまだ早いことからテント撤収して下りることにする。準備をするがT氏がパッキングに手間取っている。見るとザックから装備がビールの泡のようにあふれている。どう見ても収まるとは思えない。しかしT氏そこら辺の山屋とはわけが違う。装備をパワーで押し込み布団圧縮袋の中の布団のようにして、いくらでも入れてしまう。まるでドラえもんの、、、、、状態。さすが、、、、、。
小梨平まで移動してテント設営し、河童橋まで散歩。気分はもう終わった状態。
12/31
起きてテントの外を見ると小雪が舞っている。バスの時間から考えるとだいぶ早いが出発。周りの山にはガスがかかっている。不思議なことに大正池の近くまで来ると晴れてきたので大正池の散策路を歩く。水面に映る穂高や焼岳がきれい。寒いのが嫌いなS氏は営業中の大正池ホテルにさっさと入っていく。結局3人とも中に入り自販機のビールやジュースでゆっくり休憩。ホテルを出てみると稜線にはガスがかかっていた。日頃の行ないが良いとは思えないメンバーもいるが本当に運が良い。
わがままなメンバー2人を無事登頂下山させたリーダーの忍耐力に感謝。

記録
12月29日(TUE)
0625;梅田からの高速バスが松本ICバス停到着(雪)
0628;タクシーにて出発(雪)
0725;新釜トンネル入口到着、計画書提出しすぐに出発(曇り)
0755;新釜トンネル出口到着R1、ここで靴を履きかえパッキング(曇り時折陽が射す)
0825;出発(曇り時折陽が射す)
0925;上高地BT通過(曇り時折陽が射す)
1035~1045;明神R2(晴、稜線はガス))
1135~1155;徳沢R3(晴れ、稜線はガス)
1250~1255;R4(晴)
1320;標高2000m幕営予定地到着(晴)
1800頃;就寝

12月30日(WED)---この日は終日快晴
0410;起床
0547;出発
0632~0637;R1
0730~0740;R2
0754;長塀山通過
0835~0850;森林限界点R3
0910~0925;蝶ヶ岳山頂R4
0935~0940;森林限界点R5
0955~1005;R6
1130~1225;幕営地点R7撤収パッキング
1305~1325;徳沢R8
1415~1425;明神R9
1515;小梨平到着テント設置
テント設置後、河童橋まで往復

12月31日(THU)
0420;起床(小雪)
0630;出発(曇り時々小雪)
大正池散策路経由大正池ホテル内の自動販売機にて休憩(晴れ、奥穂山頂部のみガスかかる)
0850;新釜トンネル入口到着(曇り)R2、靴履き替え、バス乗車できるようパッキング
0910;出発(曇り)
0925;新釜トンネル出口到着
0950;高山BT行きバスが定刻に到着
0955;乗降多く遅れて発車
1100;高山BT到着

RIMG0016_convert_20160103202709.jpg

RIMG0025_convert_20160103202746.jpg

RIMG0034_convert_20160103202814.jpg

RIMG0042_convert_20160103202843.jpg
20 : 30 : 58 | 雪山 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>