指導員養成講習
2016 / 11 / 19 ( Sat )
2016年11月13日 大阪府岳連指導員養成講習 吉、他

 前日はセルロイド会館での座学講習、指導員研修会にさせて頂き、13日は蓬莱峡で実学でした。今日は天気も良く、大勢の方がアイゼンワークを練習されておられました。私はこの秋初めてのアイゼン練習です。久しぶりに使用するワンタッチアイゼンの確認もできました。
 繰り返しアイゼンワークとロープワークを確認し、ナガモッコク尾根でボッカ。ここ数日気温が冷え込んでいたのに、今日は気温が高く、暑い暑い。縦走路は六甲全山縦走大会の登山者が次々とこられてます。大会ゴールの宝塚駅は賑やかでした。しかし久しぶりでくたびれた。
 講師先生、皆様ありがとうございました。

PB130066_convert_20161119145338.jpg
15 : 08 : 35 | 講習会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
蓬莱峡 岩歩き練習 
2016 / 07 / 26 ( Tue )
2016年6月12日  蓬莱峡 岩歩き練習             瀬・西、他1名

 瀬さんの友人のTさん。穂高に登りたい(もちろん夏山)けれども岩場が苦手で、岩場歩きを一緒に練習してもらえないかとのこと。お安いご用と引き受けたけど・・。
 取りあえず蓬莱峡の大屏風岩の下降路の岩場でロープで確保しつつ登下降の練習。 やっぱり、かなり怖そう。同じ場所で練習していたパーティが移動して場所が空いたので、ロープをフィックスしプルージックで上り下りの練習をしてもらう。
 昼食後には、砂山に移動して練習をはじめかけたが、雨が降り出したし、砂山はアイゼンなしで歩けるところは限られているし、かなり不安定なので早々に終了させてもらった。少しは練習になっただろうか。                    
20 : 57 : 53 | 講習会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
救急法講習会
2016 / 07 / 11 ( Mon )
2016年 7月9,10日  救急法講習会  吉
 
 大阪府岳連、大阪府労山合同主催で救急法講習会が開催されました。テーマは「山のファーストエイド」。山での急病人に対する初期行動をどうするか、というものです。山では著しく救命環境が制約されますが、最初の適切な措置で人命が助かる可能性がかなり高まります。2日間に亘る講習会で中身はかなり充実でした。
 いかんせん、どんくさい私、三角巾とテープに悪戦苦闘しました。ただ、これは重要だ、というポイントがいくつもあり、大変有用な講習会でした。
 不器用でぼっちの私を温かく楽しく仲間に加えて一緒に練習して下さいました他会の皆様、ありがとうございました!!

DSC_0074_convert_20160711192204.jpg
19 : 31 : 07 | 講習会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
大阪府岳連技術検証会
2016 / 06 / 04 ( Sat )
2016年6月4日 大阪府岳連技術検証会  吉

 本日は、当会と大阪府岳連技術委員会のお許しを受けて、技術検証会に参加させて頂きました。
今回の主題はフリクションヒッチの衝撃荷重試験・フリクションヒッチの使用方法・ロープの相性です。
 今日は講習会ではなく、どういうロープワ―クが有効かを定量的に検証したものでしたが、大変勉強になりました。委員会の皆様にあらためて御礼申し上げます。今後ともよろしくお願いいたします。

026_convert_20160604220134.jpg

028_convert_20160604220243.jpg

22 : 03 : 40 | 講習会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
クライミング競技C級審判員資格認定研修会
2012 / 03 / 18 ( Sun )
2012年3月10日 クライミング競技C級審判員資格認定研修会  杉 和歌山市さんさんセンター紀の川

 日本山岳協会主催のC級審判員の研修会に参加しました。当日は東日本大震災からちょうど一年にあたるので犠牲者を追悼するために黙祷を行った後、共通科目であるドーピング検査について説明をうける。スポーツ競技全般において選手が風邪薬等でうっかり飲んだ薬に違反薬物が含まれていた為、選手生命を絶たれる事例がある事を教わる。その後は各コースに別れて、私はボルダリング競技のルールを競技常任委員の方から丁寧に判りやすく説明して頂きました。一生懸命プレーしている選手に応える為にも正確、公平なジャッジが出来るようにこれからも私自身学んでいこうと思います。
18 : 16 : 40 | 講習会 | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>