六甲の岩めぐり(仁川)
2018 / 05 / 13 ( Sun )
2018年5月12日 六甲の岩めぐり(仁川)  伊、吉

 最近「六甲岩めぐりハイキング」(創元社)という面白い本が出たので、読んでいると久しぶりにマイナーな岩場を訪れて見たくなった。こんなヒマな半日企画に付き合ってくれたのは伊君。ムーンライト周辺は水遊びする中学生以外誰もいなかったので、のんびりできた。
 今日は伊君のリード練習。右、ヘソ、レイバック、無名、ハングルートを登る。レイバックの左の無名ルートは結構難しく、ここだけマスターで登れなかった。
 帰りは駅近くのコンビニで乾杯、梅田のロッジを覗いた。今度は上流のバットレスも行ってみよう。

フリクションがよく効く
IMG_20180512_100404.jpg

ムーンライト名物「ヘソ」
IMG_20180512_133054.jpg

無名のルート(下部が影で傾斜がたっているところ)は中段までホールドが乏しい
IMG_20180512_133437.jpg
 
スポンサーサイト
06 : 33 : 11 | クライミング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
武奈ヶ岳
2018 / 05 / 09 ( Wed )
2018年4月30日(祝)  武奈ヶ岳  吉m・なな・瀬・会外2人

 出町柳7:45発の満員バスで坊村へ、9:00発久しぶりの急登で汗が噴き出るが、新緑の木漏れ日の中とても気持ちがいい!
 小学生の男の子2人を連れたお父さんと抜きつ抜かれつ、可憐なイワカガミや鳥の声に癒されながら11:50に登頂。
 少し霞んでいたが琵琶湖や周りの山々も美しい、八雲が原でおにぎりを食べ、腰をふりふり泳ぐ大量のアカハライモリを観察。
 イン谷口からのバスが15:25やからとゆっくりしてたら、下りが荒れてて長い長い。最後は少しあせって無事乗車。
 比良駅から京都に出て美味しい宴会後、19時過ぎに解散しました、お疲れ様!

DSC_2205 (004)

00030002 (004)

DSC_2208 (004)

19 : 34 : 49 | ハイキング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
霞沢岳西尾根
2018 / 05 / 05 ( Sat )
2018年5月2日~4日 霞沢岳西尾根 西、吉

 今回はコンディションも悪く、体力的に厳しい山行になった。
 2日の夜行バスで梅田発。翌朝5時過ぎに大正池に着いた。結構強い雨で先が思いやられる。6時過ぎまで待っても雨が止まないので出発。
 太兵衛平からずるずる滑る急坂を上がるが、雪など全くない。踏み跡はあるが、ところどころ笹藪の藪漕ぎでずぶ濡れになる。上がっても上がっても雪が出てこないので、水が確保できるのか不安になる。テントサイトも見つかるだろうか。ここ数日異常な高温と雨で、雪がすっかり無くなってしまったのだろう。
 そのうち雨も止む。急な尾根を必死で上がり、2,000mを超えたところでようやくテントサイトが見つかった。雪も汚いが、まあ何とかなるだろう。まだ午前中で時間が早かったが、これ以上進んでも適地が見つかるかわからないので、ここで幕営する。明日はどうなるのだろう。
 夜半から気温が下がり、雪が降って様相が一変する。5:15出発。尾根自体は明瞭で淡々と上がるが、この先が問題。岩峰手前で森林限界を超えるとハイマツ、シャクナゲの猛烈な藪。岩峰自体はⅢ級もなく容易だが、ピークから先の尾根を見てうんざりする。黒々とびっしり灌木が張り付いている。普段豪雪で圧雪されて強く密集し、登りと反対方向に向かって倒れているので、体力を消耗する。GWの北アルプスで藪漕ぎとは、トホホである。雪がしっかりついていたら本当に快適な雪稜歩きだろうに、山頂手前までこんな感じ。
 8:30に頂上。真っ白で展望はない。写真を撮ってすぐ下山。岩峰を懸垂下降するのだが、最初にとろうとした支点は木が痛んでいる。要注意。
 10:50にテントサイトに戻って、片づけて下山。下山直後ルートファインディングで少し行ったり来たりしたが、ルートに戻れた。
 下山も苦しかった。荷物も重いし、とにかく新雪の笹薮が滑りやすい。泥と雪で団子状になった塊がアイゼンにしつこくくっつくので、腹が立つ。なんとか14時過ぎに太兵衛平に戻れた。
 タクシーで松本駅に向かう車内でようやくほっとし、冷静になる。いろいろ反省点があり、今後に活かさなくてはならない。ただ、コンディションが悪い中、協力して普段訪れない渋い山の頂に立てたのは有意義なことだ。西さん、ありがとうございました。

この雪で水をつくるのか…
P5030358.jpg

岩峰取り付き①
P5040359.jpg

岩峰取り付き②
P5040360.jpg

山頂①
P5040362.jpg

山頂②
P5040363.jpg

来た道を振り返る
P5040364.jpg
 
07 : 31 : 17 | 雪山 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ボッカトレーニング他
2018 / 05 / 01 ( Tue )
ボッカトレーニング他 

前回更新から1か月たって広告がわらわら出てくるので、とりあえず更新。
(明日からのGW後半の合宿に向けてのトレーニング中心)

4月7日:摩耶山黒岩尾根 西、吉    風も強くすごく寒かった。ほんとに4月かよ。
4月22日:地獄谷アイゼントレ 西、吉   ゲートロックを登って地獄谷に。ものすごく人が多くて渋滞したので、A懸でなく本谷へ。その後荒地山経由で下山した。

その他:
4月14日:レベルテン 吉   ホールド全面更改ですよ。
4月30日:be colorful 吉   新生 be colorful 、懐かしい人にもお会いした。グレードがより細分化されました。5級以上は結構難しいですよ。
 
07 : 25 : 37 | トレーニング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
高取山
2018 / 04 / 01 ( Sun )
2018年3月21日  高取山  石、瀬、なな、吉m  会外7名

 橿原神宮前で合流、壺阪山 からバスで10分、壺阪寺着、すぐ横の階段から歩き初め、しばらくは車道歩き。登山口に入り、岩に刻まれた、五百羅漢の石仏を見ながら、ゆっくり登る。
 一時間ほどで、高取城址 着。 迷路のような、石垣だけだが、スケールの大きな立派な城跡。急に 小雨になり、城内にあった東屋で、かたまって、昼食‼
 雨もすぐ止み、下り初め、山里から、江戸時代の街並みを残す、土佐街道へ。3月は町家の雛めぐり(各 家々の雛人形を玄関先や出窓に飾り披露している)
 大切に保管されてた古い物や立派な飾りを見ながら、食べ歩き、壺阪山駅から帰路へ、天王寺で一杯!
 何回か傘は使いましたが、まずまずの天気、大人数で楽しい山行でした。  

無題

201804.png


06 : 59 : 08 | ハイキング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>