FC2ブログ

伊吹山雪上訓練 

2019年1月13,14日 伊吹山雪上訓練  西、なな、吉

 金糞岳に続く雪山訓練。天気はいいのだが雪はあるのだろうか。
 近江長岡駅からバスで乗り継ぎ、登山口より3合目に向かう。異様に気温が高い。道もドロドロ。
 3合目から雪が出てきて、ここで初日の練習。アバランチの探索、いろいろな確保等をした。雪がガサガサでいまいちだが一通りの練習はできた。その日は夕焼けが美しく、星空も素晴らしかった。
 翌朝も天気がいい。淡々と山頂へ。素晴らしい展望、白山、乗鞍、御岳山がはっきり見える。坊主頭で輝く山は荒島岳かな?
 山頂直下でスノーバーを打って確保し、滑落停止の練習をした。もっとも雪が柔くてさほど滑らなかったが。。。。でもななさん、感じはつかめました?
 下山も本当に暑かったので、電車でのビールがうまかったよ。

初日
P1130550.jpg

夕暮れ
P1130555.jpg

朝日が昇る
P1140564.jpg

山頂からの遠望
P1140566.jpg

山頂
P1140572.jpg

訓練
P1140577.jpg

バスの車窓から
P1140580.jpg
スポンサーサイト

山口市の山、他 

山口市の山、他  吉

2018年12月28日 涼山
 山口市に帰省したが、半端なく寒く山並みも白い。午後から手持無沙汰なので、実家に近い「涼山(すずみやま)」を登った。標高496mで若い頃トレーニングで駆け上ったりボッカをしたもんだ。変わった山名だが、地元小学校校歌にもうたわれ、山頂には秋葉神が祭られている。登山道はよく整備されている。今日は霞んで山頂の展望は今一つだが、若い頃とそれほど変わらない時間で駆け上がれたのは満足。でも少し息が上がってるかな。

涼山山頂
IMG_20181228_144358.jpg


12月29日 LABO
 新山口駅から徒歩20分のボルダージムLABOに行く。昨夏の帰省以来。私は4Q登れたら満足。中学生くらいの女の子がきれいなフォームでしなやかに登っていた。俺もがんばろっと。

2019年1月3日 東山山塊
 山口駅東側に東山と呼ばれる小さな山塊がある。大内氏が西の小京都として開いたこの街だが、「東山」の名もその由来か。久しぶりの里山登山を急に思い立つ。
 登っているとSLの汽笛が聞こえる。コンパスは持っていたが、詳細な地形を示していない市街地地図しか持参してない。ピークを勘違いして、違う尾根を進んでしまった。山名は雅だが、鞍部はシダがかなりひどく、藪漕ぎに難渋した。展望もきかないので、現在地も確かめにくい。尾根上の藪がひどく、忠実に尾根を進めず、途中はずれてやや山腹よりを降りた。低山も決して甘く見てはいけない。
 農業試験場あたりから国道262号をとぼとぼ山口駅に向かって歩いているときは、ひどい目にあった、と思っていたが、後ほどスマホを使って国土地理院地図で検証していると、また行ってみよう、と思った。今度は準備万端にして行こう。

襲い掛かるシダのヤブ
IMG_20190103_103655.jpg


金糞岳中津尾根 

2018年12月23,24日  金糞岳中津尾根 西、なな、吉

 ななさんがせっかく道具を揃えたのに、暖冬が続く。関西近郊で少しでも雪の可能性を求めて、湖北の金糞岳を訪れた。
 23日は雨、雪があればトレーニングをしようと思ったが、どうしようもないので林道をしばらく歩いて様子をうかがう。
 翌朝は6時からヘッドランプをつけてとぼとぼ歩く。小雨の暗い林道は気が滅入る。白谷口からは本格的な登りが始まるが、落ち葉の中を歩いて、頂上までどうせこんな感じだろ、とたかを括る。
 小森口と展望台間の尾根道は、途中倒木がひどいところがあったが、通行に大きな支障はなかった。少しづつ雪が混じってくる。展望台は大きな広場があり、無雪期はここまで車で上がれる。見晴らしがよく素晴らしい。湖北の山の稜線は白くなっている。あたたかいのに意外。
 ここから山頂までの急登。大朝頭からはぐっと積雪が増してラッセルで苦労する。頂稜部が意外と長く、まだ着かねーのかよ、と頑張って、ようやく11時に山頂に到達した。雪山らしい山頂だ、苦労した甲斐あった、充実。
 あとは往路をトレース通りにせっせと降りて14時半に登山口に戻れた。
 ところで、先述の倒木地帯を下山しているときに、姿は見えないが、すぐ至近距離で獣のうなり声を聞く。「今の聞いたか?」「うん、これはまずい、速やかに通過しよう」
 この山域で、あれほど鋭い威嚇声を発するのは、きっとあいつだろう。この山域でよく見かけるのは知っていたが、リスク要因とはあまり考えていなかった。とにかく皆無事で何もなくてよかった。。。

PC240528.jpg

PC240534.jpg

PC240537.jpg

PC240540.jpg

PC240542.jpg

PC240543.jpg

PC240544.jpg

確保技術検証 

2018年12月15日 確保技術検証  西、藤、吉

 ななさんが風邪で体調良くないとのことで、急遽確保技術を芦屋川地獄谷取り付き広場で半日あれこれ試した。
 まずスタンディングアックスビレイ。ピッケルをガンガン土に打ち込むのは忍びないので、ピッケル代わりにスノーバーを打ち込む。土が程よい柔らかさなので、うまく埋まって効いた。登ってくる人を確保の前提、滑落者役は急に走って荷重をかける。いろいろ試したが、アックス(山足)→ビレイループのカラビナ→山脇→谷肩が、荷重が鉛直方向に効くので一番安定した(無論一番効果的かは状況によると思います)。状況に応じてスタイルを変えなければいけないだろうが、一つの引き出しとしておこう。
 次にコンテ確保。都岳連方式は、タイミング失するとループが打ち込むピッケルごと飛ばされてしまうので、難しい。ただ、荷重がループとピッケルにかかるので、確保者は手が相対的にフリーになり次の動作に移りやすいと思う。大阪方式はグリップのロープの持ち方がポイント。ロープの伸びを利用してソフトに止めることがとても重要。
 帰りに駅に向かう途中で気づいた、しまった、もう一つの大阪方式(別名M田さん方式)もやればよかった!この方式は姿勢が安定してよかった記憶があるので、次回の雪上訓練で行おう。

PC150522.jpg

PC150518.jpg




ごろごろ岳・ガベノ城 

2018年12月2日 ごろごろ岳・ガベノ城  西、なな、吉

 今日も高気圧に覆われて天気がいいぞ、だが暖かすぎて雪が心配だ。
 冬山の基本ということでミニボッカをした。水車谷から登る登山道はとても歩きやすく、色づいた雑木林がよい。山頂で食事をとり、ガベノ城に向かう。途中の展望場からは甲山がよく見えるが、北山貯水池の方向は初めてで新鮮だ。
 ガベノ城は特に何の変哲もない山頂だが、なんでこんな名前がついたのだろ。でも住宅街近くの稜線は見通しもよく、箱庭みたいだ。甲陽園駅で解散、みなさんお疲れ様。

PC020513.jpg

PC020514.jpg

PC020515.jpg


| HOME | NEXT

calendar

S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
12« 2019/01 »02

プロフィール

大阪同窓山岳会

Author:大阪同窓山岳会
大阪府山岳連盟所属の大阪同窓山岳会です。会員数14名の小さな会ですが、ハイキング、クライミング、沢、縦走、雪山と年間を通じて楽しんでます。集会は月1回梅田で行っています。会活動に興味のある方は、メニュー欄のカテゴリ「about us」を御参照ください。連絡先:dososangaku@gmail.com  です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR
PageTop▲